• M2PLUS
  • 新商品
  • 緑内障薬物治療ガイド〈専門医のための眼科診療クオリファイ11〉

緑内障薬物治療ガイド〈専門医のための眼科診療クオリファイ11〉

  • ISBN : 9784521734699
  • ページ数 : 308頁
  • 書籍発行日 : 2012年4月
  • 電子版発売日 : 2020年11月20日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥15,400 (税込)
ポイント : 280 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

すべての眼科医にとって関心のあるこのテーマを,眼圧下降薬の最新事情,正しい点眼の仕方,アドヒアランス向上,病型別の治療方針などなど,多面的に解説した.薬剤は薬効ごとに一覧とし,作用と副作用をまとめた.また,「点眼薬は後眼部に届くのか」などといった診療での,ふとした疑問点をQ&A形式で解説する"クリニカル・クエスチョン"も充実.日本眼科学会専門医制度の専門医資格取得に関する書籍として認定されました.

専門医のための眼科診療クオリファイ シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

緑内障に対して唯一エビデンスのある治療方法は眼圧下降療法であるが,薬物治療を進めるにあたって,医療サイド,患者サイドの両側面が大きく影響する.医療サイドは,薬物への十分な知識に基づいた戦略をたて眼圧下降評価を実践することはもちろん,それ以上に患者サイドが,確実に正しく点眼することが重要である.両側面からの治療が合致して初めて高いアドヒアランスが得られ,最終的には眼圧下降治療効果と緑内障の進行抑制が得られることになる.

最初に,われわれ医療サイドからのアプローチを考えよう.まず眼圧上昇の成因を把握して,病型・病期を十分診断する.既往歴,現病歴はもちろん全身的な合併症にも留意して,点眼内服による影響を考慮する.ベースライン眼圧の把握したうえで目標眼圧を想定して,眼圧下降点眼薬を選択する.治療薬は90 年代から種類が急増し,その作用点,副作用に十分精通したうえで,処方する必要がある.眼圧下降効果は,ていねいに評価しなくてはならないが,眼圧の変動を考えるとベースライン眼圧が低い場合は評価が難しい.また,副作用の有無とその対処にも留意する.医療サイドでは,少なくとも上記のようなステップを踏み,しっかりとした治療戦略が必要であるが,一方的な治療戦略では治療効果が十分得られない.

次に,患者サイドからの治療への参加を考えよう.緑内障と診断された患者は自覚症状に乏しく視力もよくQOL も低下していない段階で,将来,視野が狭くなり失明するかも‥‥という漠然とした不安を抱えて治療に入る場合が多い.大多数を占める開放隅角緑内障は慢性疾患であり,毎日,数回の点眼を続けながら生涯にわたり治療を施すことを課せられる.まず治療を始める前に,患者自身の今がどのような状況で今後どうなるのか,どんな治療薬があって,どう点眼したらよいか,十分に教育して,継続的に正しく点眼行為を行わせる必要がある.さもなければ,点眼忘れが多くなり,していても正しく点眼できていないまま通院することになる.さらに点眼した効果も医療サイドからきちんとフィードバックされなければ継続性も乏しくなる.

本巻では,このように薬物治療の両側面に焦点を当て,診療のクオリファイに至るべく編集を行った.さらに,眼圧下降治療が成功しても進行する緑内障が存在する,という現実を踏まえて,現在も試みられている神経保護治療法の話題も盛り込んだ.緑内障臨床の場で,患者の未来に希望がもてるような治療結果となるように少しでもお役に立てれば,このうえない喜びである.


2012年2月

東京大学大学院医学系研究科眼科学/准教授
相原 一

■ 目次

1 緑内障薬物治療とは

緑内障薬物療法の現在と未来/眼圧下降と神経保護

薬物治療ガイドライン/眼圧下降

目標眼圧の設定

第一選択薬としてのプロスト系プロスタグランジン関連薬

第二選択薬は何を選ぶか

点眼治療前に把握すべきこと

眼圧下降治療薬と日内変動抑制効果

アドヒアランスと緑内障薬物治療の重要な関係

アドヒアランス向上のために/医療側の努力は?

アドヒアランス向上のために/治療薬の要件は何か

2 全薬剤の作用と副作用

眼圧下降薬一覧/房水動態による分類

眼圧下降薬一覧/薬理学的分類

眼圧下降薬の副作用総論

オキュラーサーフェスへの影響

防腐剤とその功罪

3 各薬剤の眼圧下降効果と副作用

プロスタグランジン関連薬/眼圧下降作用

プロスタグランジン関連薬/副作用とその対処

交感神経β遮断薬/眼圧下降作用

交感神経β遮断薬/副作用とその対処

炭酸脱水酵素阻害薬/眼圧下降作用

炭酸脱水酵素阻害薬/副作用とその対処

交感神経作動薬

交感神経α1遮断薬

副交感神経作動薬

高浸透圧薬

配合剤の眼圧下降作用と副作用

後発品の特徴と注意点

4 緑内障タイプ別治療方針

正常眼圧緑内障の薬物治療

原発開放隅角緑内障(狭義)の薬物治療

原発閉塞隅角緑内障/瞳孔ブロックの治療

原発閉塞隅角緑内障/プラトー虹彩

落屑緑内障の薬物治療

血管新生緑内障の薬物治療

ぶどう膜炎による続発緑内障に対する薬物治療

Posner-Schlossman症候群の薬物治療

周術期の眼圧下降治療

乳幼児発達緑内障の薬物治療の注意点

妊婦,授乳婦への緑内障治療方針

オキュラーサーフェス疾患の患者への緑内障治療薬選択


文献

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.5MB以上(インストール時:34.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.5MB以上(インストール時:34.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません