大動脈疾患の手術 <心臓血管外科手術エクセレンス④> [動画付き]

大北 裕 (専門編集) / 長田 信洋 (イラスト)

中山書店

  • ISBN : 9784521744803
  • ページ数 : 251頁
  • 書籍発行日 : 2020年12月
  • 電子版発売日 : 2021年1月6日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥28,600 (税込)
ポイント : 520 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

心臓血管外科医の手術技術の向上を主眼として手技のノウハウをまとめた全5冊シリーズ

大動脈外科のエキスパートがその極意を開陳.
大動脈基部置換術,急性A型大動脈解離における頸動脈灌流異常・冠動脈虚血などへの対策,弓部大動脈置換術, B型大動脈解離に対するTEVAR,胸腹部大動脈瘤手術や,感染疾患の外科治療,Frozen elephant trunk 法などについて,実際に役立つ手術手技の知と技を解説.

≫ 「心臓血管外科手術エクセレンス」シリーズはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版
PCブラウザ閲覧では動画再生には対応しておりません。

■ 序文

刊行にあたって


本シリーズの目的は,第一線で中級以上の手術を行っている心臓血管外科医を読者対象に,心臓血管外科手術の実際的かつ標準的な知識を提供することにある.また,いずれ手術を極めたいという若い心臓血管外科医の情熱にも応えることを考えた.その結果,心臓血管外科の手術技術の向上を主眼とし,具体的な手術手技の実際を疾患群別にまとめた4冊,および総論・基礎的手技をまとめた1冊の計5冊での構成となった.

本邦の心臓血管外科手術数は今や年間 60,000例を超え,その手術成績も世界水準どころか第一級を達成している.しかしながら,日常臨床の範となるべき書物には,残念ながら旧来の古典的教科書が多く,画像なども手術を理解していない画家の手になり,実際の手術の臨場感とはほど遠いものであった.本シリーズは従来の教科書にありがちな病態・疫学・検査・診断などの記述は省き,各項の最初から手術を中心とした解説に徹し,高度な手術実践の手技を簡潔な文章とリアルかつポイントを明瞭に描いた外科医の手になる手術画で解説を展開した. 執筆はわが国を代表する心臓血管外科のエキスパートにお願いし,手術画は心臓外科医である沖縄県立南部医療センター・こども医療センターの長田信洋先生にお願いした.終始一貫したタッチの手術画を楽しんでいただきたい.また,本文で解説されている手術の重要なポイントを簡潔にまとめた手術動画をウェブにて提供し,読者がいつでもアクセスできるようにした.

全体として,手術の概略を解説するだけの教科書とはせず,真に役立つ master of surgeryの技を解説すると同時に,基礎的手技,難易度の低い手術であっても,若い心臓血管外科医が確実に手術を遂行できるように配慮した.第一線で活躍中のエキスパートの技術を余すところなく伝授できる,誠にユニークな心臓血管外科手術書ができあがったと自負している.本シリーズが心臓血管外科諸氏の日常手術室での実践にお役に立てれば,編集委員の一人として望外の慶びである.


2018年8月

大北 裕
神戸大学大学院医学研究科心臓血管外科学分野





《心臓血管外科手術エクセレンス》シリーズ『大動脈疾患の手術』をお届けする.本シリーズは5巻構成で,初回の『弁膜症の手術』,『冠動脈疾患の手術』に続く本書の刊行である.目次を一瞥すると,読者は即刻,認識されると思うが,本書は,とおり一遍の包括的な教科書ではない.本書は胸部大動脈疾患の外科診療の前線で格闘する第一級の外科医達が,臨床上の疑問・問題点を列挙し,それらに対する解決法の奥義,秘技を惜しげもなく陳列した特級の手術書である.TEVAR 全盛とも思える胸部大動脈領域の治療戦線であるが,open surgery こそ胸部大動脈治療の王道である.本書には現在の胸部大動脈疾患治療のcutting edge を織り込んだ.読者には,日夜,手術室での難題に対峙している外科医の呻吟,嘆息を聞き,創意工夫,博覧強記を学んで,疾風怒濤の修羅場を感じていただきたい.

本シリーズで特筆すべきは,小児心臓外科医である沖縄県立南部医療センター・こども医療センター心・血管グループ顧問の長田信洋画伯の手になる手術画が,外科医の描写力,想像力を以ってして,手術写真,ビデオ以上に,vivid に外科の真実を捉えていることである.通常のイラストレーターの平板な写実画に比して画伯の手術画が,なんとも奥深い洞察力に満ち溢れているか,読者は堪能されることであろう. また,イメージ画像も豊富に盛り込まれ,実際の手術映像もオンラインで閲覧可能となっている.是非とも長田画を横に,国手達の練達の技を楽しんでいただきたい.Web上や各学会のHPでも手術映像を閲覧できるが,本書のような解説画文付きの刊行物は稀少である.読者は誌上の外科医達があたかも傍に寄り添って丁寧に手技を解説してくれるような錯覚を覚えるであろう.

本邦の胸部大動脈外科手術数は2018年度で年間20,000例を超え,その成績も世界第一級を達成している.しかしながら,胸部大動脈手術の早期死亡率,合併症発生率は,本邦といえども,冠動脈や弁膜症などの心臓手術のそれらに比していまだ高率であり,大動脈外科医のより一層の奮闘が望まれる.本書が胸部大動脈の手術成績向上に資することを期待して止まない.


2020年12月

専門編集 大北 裕
高槻病院心臓・大血管センター
神戸大学名誉教授

■ 目次

大動脈疾患の手術

大動脈基部Remodeling法の弁輪固定/國原 孝

大動脈基部再手術/大北 裕

自己弁温存大動脈基部置換術におけるコツと落とし穴:Reimplantation法/大北 裕

大動脈基部置換術におけるコツと落とし穴:Remodeling法/清水 篤,高梨秀一郎

Bentall手術のコツと落とし穴/松居喜郎

急性大動脈解離に合併した頸動脈灌流異常に対する頸動脈早期直接灌流法/大北 裕

急性A型大動脈解離に合併した冠動脈虚血に対する治療/内田敬二

急性A型大動脈解離における送血法/湊谷謙司

急性A型大動脈解離に合併した腸管灌流異常に対する開腹手術/内田敬二

急性A型大動脈解離における全弓部置換術/荻野 均

急性A型大動脈解離における末梢側の再手術:一期的手術/岡田健次

弓部大動脈置換術:超低体温下循環停止法および逆行性脳灌流法併用の有用性/青見茂之

弓部大動脈置換術:SCPの温度設定/伊勢隼人,紙谷寛之

弓部大動脈置換術:末梢側の吻合,止血/福井寿啓

Frailty評価による弓部大動脈手術:Open surgery or Debranch TEVAR/伊藤 努,志水秀行

80歳代の大動脈手術:弓部大動脈瘤に対する左鎖骨下動脈バルーン閉鎖併用Debranching TEVAR/清家愛幹,松田 均

弓部大動脈置換術:広範囲置換術の戦略/髙橋悟朗,齋木佳克

急性B型大動脈解離に対するTEVAR/倉谷 徹

慢性B型大動脈解離に対するTEVAR/宮本伸二

胸腹部大動脈瘤手術/湊谷謙司

胸腹部大動脈瘤手術時の脊髄保護/齋木佳克,長沼政亮

胸腹部大動脈瘤手術時の内臓保護,温度設定/荻野 均

人工血管感染症の診断/徳田順之,碓氷章彦

大動脈感染症の外科治療/大北 裕

TEVAR 後のOpen surgery/大島 晋,山本 晋

Shaggy aorta 症例の大動脈瘤治療/椎谷紀彦

Frozen elephant trunk法/山中一朗

Kommerell憩室の外科治療/田中亜紀子

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:1.4GB以上(インストール時:2.8GB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:1.4GB以上(インストール時:2.8GB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません