• M2PLUS
  • 新商品
  • 心エコー 2015年6月号(16巻6号)徹底比較!心エコーとマルチモダリティ~CT・MRI・シンチグラフィ

心エコー 2015年6月号(16巻6号)徹底比較!心エコーとマルチモダリティ~CT・MRI・シンチグラフィ

  • ISBN : 9784011101606
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2015年6月
  • 電子版発売日 : 2021年1月15日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集は「徹底比較!心エコーとマルチモダリティ~CT・MRI・シンチグラフィ」.心形態・機能をエコーでみる—エコーはどこまで正確なのか,心形態・機能をMRIでみる—ゴールドスタンダードの実際と進歩,先天性心疾患をMRIでみる—PC法による機能・血行動態評価,大動脈弁をエコーでみる—3DTEEの可能性を探る,大動脈弁をCTでみる—最新のCTはどこまで評価可能なのか,などを取り上げる.

≫ 「心エコー」バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

【特集】

〈心臓の形態,機能へのアプローチ〉

心形態・機能をエコーでみる—エコーはどこまで正確なのか/福山梓子・福田祥大・尾辻 豊

心形態・機能をMRIでみる—ゴールドスタンダードの実際と進歩/城戸倫之

先天性心疾患をMRIでみる—PC法による機能・血行動態評価/石川友一

大動脈弁をエコーでみる—3DTEEの可能性を探る/馬原啓太郎

大動脈弁をCTでみる—最新のCTはどこまで評価可能なのか/田村晴俊・井口信雄

〈虚血性心疾患へのアプローチ〉

虚血性心疾患を冠動脈エコーでみる—冠動脈エコーでどこまで迫れるか/原田 修・伊藤敦彦

虚血性心疾患をMRI・CTでみる—ここまで見えるMRIと進歩し続ける次世代のスタンダード/後藤義崇・北川覚也

虚血性心疾患をSPECTでみる─虚血のスタンダードから半導体SPECTへ/松本直也・鈴木康之

〈心筋症にどこまで迫れるのか〉

心筋症をエコーでみる—マルチモダリティとの比較/山内洋平・神崎裕美子・石坂信和

心筋症をMRIでみる—形態・組織性状から予後予測まで/石川友一・寺島正浩

心サルコイドーシスをエコーでみる—マルチモダリティ評価への突破口/井上勝次・上谷晃由

心サルコイドーシスをMRIでみる —スクリーニング・診断・治療における役割/中島崇智・宮本敬史

心サルコイドーシスをシンチグラフィでみる—心筋の炎症に迫る/木曽啓祐

心アミロイドーシスの画像診断—病態と予後を考える/田原宣広・井形幸代・福本義弘

MRI T1 mappingはどこまで組織性状を評価可能か—ECVとNative T1/石田正樹

【連載】

<症例問題> WEB連動企画

感染性心内膜炎にて手術紹介となった1例/宮崎晋一郎・西村和修・伊藤 浩

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:25.2MB以上(インストール時:53.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:25.2MB以上(インストール時:53.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません