肝内胆管癌診療ガイドライン 2021年版

  • ISBN : 9784307204224
  • ページ数 : 88頁
  • 書籍発行日 : 2020年12月
  • 電子版発売日 : 2021年2月3日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

肝内胆管癌診療におけるガイドラインが満を持して登場!

原発性肝癌の一つである肝内胆管癌にフォーカスした日本初のガイドラインを刊行。肝内胆管癌に関する疫学、危険因子、進行度分類および病理学的事項などの基本事項はBackground Statementとして解説し、診断、外科治療、穿刺局所療法、薬物療法、放射線治療などの各領域についてはClinical Questionを設定。加えて肝門部胆管癌と肝内胆管癌の肝門部浸潤の区別についてもClinical Topicsとして記載した。肝内胆管癌診療において必携の一冊。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

前文

2005年に肝癌診療ガイドラインが公表され、その後、第2版(2009年版)、第3版(2013年版)、第4版(2017年版)と改訂されてきた。この肝癌診療ガイドラインでは原発性肝癌のうち肝細胞癌のみが対象とされている。一方、胆道癌診療ガイドラインは2007年に初版が公表され、その後、第2版(2014年)、第3版(2019年)と改訂されてきた。この胆道癌診療ガイドラインはいわゆる肝外胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌が対象とされている。したがって、これまで肝内胆管癌に対する診療ガイドラインは作成されてこなかった。その理由として、原発性肝癌患者のうちで肝内胆管癌患者の占める割合が少なく、さらにエビデンスとなる科学論文が少ないことが挙げられる。また、従来、肝内胆管癌の肉眼型分類には腫瘤形成型、胆管浸潤型および胆管内発育型が含まれてきたが、このうち胆管浸潤型および胆管内発育型の患者数が少なく、加えて病態、診断や治療法がそれぞれ異なることが知られている。それらを踏まえ、本ガイドラインでは肝内胆管癌のうち、腫瘤形成型およびその優越型を対象とした。

今回、日本肝癌研究会において、肝内胆管癌診療ガイドライン作成委員会が設置され、日本肝胆膵外科学会および日本胆道学会のご協力、ご支援のもとに、2018年6月からガイドライン作成作業が開始された。作成委員は外科、内科、放射線科、病理の専門家が参加した。本ガイドラインでは、肝癌診療ガイドラインの作成方法に準拠し、EBMの方法論を尊重するものの、エビデンスとコンセンサスの間をつなぐために一部GRADEシステムを導入して推奨文および推奨度を決定した。また、各領域ごとに委員および実務委員からなるグループを編成し、逐次討議を行いつつ、ステージング、疫学および危険因子、病理に関してはbackground statementを、臨床診断、外科的治療、穿刺局所治療、薬物療法、放射線治療に関してはclinical questionを設定し、文献検索を行った。background statementについては要約および解説を、clinical questionについては推奨文および解説を作成した。それらをもとに2019年7月3日の全体会議において推奨度を決定した。

本ガイドラインの草稿は日本肝癌研究会のホームページにおいて内容を公開し、パブリックコメントを求めるとともに、第56回日本肝癌研究会(当初、2020年7月11日開催予定)において公聴会を開催する予定であった。しかしCOVID?19の影響のため公聴会の開催が困難となったため、期間を延長したパブリックコメントでいただいたご意見をもとに修正を加え、最終稿を確定した。さらに、外部評価委員会による第三者評価を加え、肝内胆管癌診療ガイドライン(初版)の完成をみた。

本ガイドラインの作成は、日本肝癌研究会の限られた資金で行われ、各委員や実務委員の先生方には多大な労力をかけていただきました。また、日本肝胆膵外科学会および日本胆道学会からは委員として参加していただくとともに、ご指導にあたっていただきました。心より感謝いたします。また、編集・校正作業にご尽力いただいた金原出版 須之内和也氏、中川茜氏に厚く御礼申し上げます。


2020年11月

肝内胆管癌診療ガイドライン作成委員会 委員長
大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵外科学
久保 正二

■ 目次

肝内胆管癌診療ガイドライン2021 年版 委員の利益相反に関して

Background Statements/Clinical Topics/Clinical Questions 一覧

本ガイドラインについて

総論

各論

アルゴリズム

肝内胆管癌治療アルゴリズム

肝内胆管癌治療アルゴリズムの解説

Background Statements/Clinical Topics

全世界における肝内胆管癌の罹患率の変動と地域特性

肝内胆管癌発生の危険因子

本邦と欧州における肝内胆管癌の進行度(Stage)分類の相違点

肝内胆管における前癌・早期癌病変

肝内胆管における腫瘍類似病変

肝門部胆管癌と肝内胆管癌の肝門部浸潤の区別は可能か?

Clinical Questions

有効なスクリーニング法はあるか?

診断に有用な臨床検査は何か?

診断に有用な画像検査は何か?

腫瘍の進展範囲(T因子)の診断に有用な検査は何か?

リンパ節転移の診断に有用な画像検査は何か?

遠隔転移の診断に有用な画像検査は何か?

腫瘍生検はどのような症例に行われるべきか?

腫瘍条件からみた外科治療の適応は?

安全で合理的な手術術式は?

リンパ節郭清に意義はあるのか?

穿刺局所療法の適応となる症例は?

切除不能肝内胆管癌に推奨される薬物療法は何か?

術前化学療法は推奨されるか?

術後補助化学療法は推奨されるか?

切除不能肝内胆管癌に定位放射線治療は推奨されるか?

切除不能肝内胆管癌に粒子線治療は推奨されるか?


肝内胆管癌診療ガイドライン2021年版 外部評価の結果

略語一覧

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:2.4MB以上(インストール時:6.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:2.4MB以上(インストール時:6.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません