医学のあゆみ269巻13号 脂質クオリティ研究の基礎と臨床

  • ISBN : 9784006026913
  • ページ数 : 312頁
  • 書籍発行日 : 2019年6月
  • 電子版発売日 : 2021年2月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,490 (税込)
ポイント : 118 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

脂質クオリティ研究の基礎と臨床
企画:有田 誠(慶應義塾大学薬学部・薬学研究科代謝生理化学講座,理化学研究所生命医科学研究センターメタボローム研究チーム,横浜市立大学大学院生命医科学研究科代謝エピゲノム科学研究室)

・脂質は生体膜成分,エネルギー源,シグナル分子,表皮バリア成分など多彩な機能をもち,脂質の構造多様性(リポクオリティ)の変化はこれら脂質の生体機能に大きな影響を与える.
・近年の質量分析技術の発達により,リポクオリティの多様性やバランスの制御が生体恒常性の維持においてどのような意義があるのか,またそれが破綻したときにどのような疾患につながるのかといった根源的課題に迫る研究が進んでいる.
・本特集では,リポクオリティの多様性や秩序が生み出される機構,生体がリポクオリティの違いを認識する機構,さらにリポクオリティバランスの破綻から生じる疾患の分子メカニズムについて,“基礎から臨床”の観点から最新の知見を紹介する.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

有田 誠

慶應義塾大学薬学部・薬学研究科代謝生理化学講座,
理化学研究所生命医科学研究センターメタボローム研究チーム,
横浜市立大学大学院生命医科学研究科代謝エピゲノム科学研究室


脂質は,生体膜成分,エネルギー源,シグナル分子,表皮バリア成分など,多彩な機能を持ち,脂質の構造多様性(リポクオリティ)の変化はこれら脂質の生体機能に大きな影響を与える.リン脂質クオリティは,生体膜の物性や機能,および受容体やイオンチャネルなど膜蛋白質の構造や機能に影響を与える.脂肪滴の中性脂質クオリティや腸内細菌由来の短鎖脂肪酸は,生体のエネルギー代謝調節に影響を及ぼす.また,アラキドン酸やエイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸など脂肪酸クオリティは,エイコサノイドやドコサノイドとよばれる脂質メディエーターバランスに反映され,炎症・免疫シグナルなど多彩な生命現象を制御する.スフィンゴシン-1-リン酸やリゾホスファチジン酸などリゾリン脂質もまた然りである.また,表皮バリア機能に関わるアシルセラミドには,炭素数30以上の極長鎖脂肪酸が存在し,その末端にリノール酸がエステル結合するユニークな構造を有している.

近年の質量分析技術の発達により,リポクオリティの多様性を広範囲かつ明確に識別し,その組成や分布の違いを可視化できるようになってきた.これにより,リポクオリティの多様性やバランスの制御が生体恒常性の維持においてどのような意義があるのか,またそれが破綻したときにどのような疾患につながるのかといった根源的課題に迫る研究が進んでいる.新しい機能性脂質の発見もおおいに期待される.また,生体膜を構成する脂質の多様性や不均一な分布について可視化し,分子集合体として“場”の制御に関わる脂質の機能を理解することは,生体膜疎水領域の新しい生物学を切り拓くことになるであろう.

本特集では,リポクオリティの多様性や秩序が生み出される機構,生体がリポクオリティの違いを認識する機構,さらにリポクオリティバランスの破綻から生じる疾患の分子メカニズムについて,“基礎から臨床(from bench to bedside)”の観点から最新の知見を紹介したい.

■ 目次

脂肪酸クオリティと疾患制御

ω3脂肪酸クオリティによる疾患制御 有田誠

飽和脂肪酸による細胞内シグナルの活性化と脂肪毒性 河野望

脂肪酸の“質”を制御する脂肪酸伸長酵素とその関連疾患 本村香織・他

極長鎖脂質による表皮および涙液における透過性バリア形成 木原章雄

短鎖脂肪酸による疾患制御 宮本潤基・木村郁夫

ロイコトリエンと疾患制御 塩田遼太郎・横溝岳彦

シクロオキシゲナーゼ経路によるリポクオリティ認識 稲住知明・杉本幸彦

アレルギー疾患における好酸球の脂肪酸代謝異常 宮田純・他

アナンダミドとN-アシルエタノールアミンの代謝と疾患制御 宇山徹・上田夏生

膜リン脂質クオリティと疾患制御

ホスフォリパーゼA2による代謝と疾患の制御 村上誠

ホスフォリパーゼCによるイノシトールリン脂質代謝と疾患制御 中村由和・深見希代子

ホスフォリパーゼDの癌における多様な機能 船越祐司・金保安則

リン脂質フリッパーゼが関与する細胞・生体機能 原雄二・他

細胞膜リン脂質スクランブリングの分子機構 鈴木淳

ABC蛋白質による脂質輸送と疾患制御 植田和光

膜リン脂質アシル転移酵素と疾患制御 菱川大介・進藤英雄

細胞膜での蛋白質-イノシトールリン脂質相互作用へのアシル基の関与 佐々木雄彦・他

リゾリン脂質代謝と疾患制御 青木淳賢・可野邦行

リゾリン脂質輸送体と疾患制御 小林直木・他

ジアシルグリセロールキナーゼによるさまざまな疾患の制御──がん,がん免疫,2型糖尿病,精神疾患などとの関連 坂根郁夫

細胞内セラミド代謝と疾患制御 谷口真・他

プラスマローゲン恒常性とその障害による疾患 本庄雅則・藤木幸夫

ホスフォイノシチドによるチャネル・トランスポーターの制御 岡村康司・他

膜リポクオリティ認識蛋白質の構造と機能 末次志郎

脂肪滴の制御と疾患の関わり 大﨑雄樹

自然免疫分子の活性化とオルガネラのリポクオリティ 田口友彦

オキシステロール結合蛋白質ファミリーによる細胞内脂質輸送制御 中津史

組織のリポクオリティと疾患制御

中枢神経系のリポクオリティ制御と疾患 服部光治

リポクオリティによる乾癬病態制御 本田哲也・椛島健治

骨格筋のリポクオリティ制御 妹尾奈波・三浦進司

リポクオリティによるHDLの機能制御 篠原正和

酸化リン脂質クオリティ制御の破綻による疾患とそのメカニズム 今井浩孝

酸化脂質クオリティの可視化と疾患制御 山田健一

オキシステロール代謝と疾患制御 佐藤隆一郎

グルコースと脂質間の代謝クロストークにおけるリポクオリティ――GPRC5Bが形成する膜脂質ドメインによる代謝シグナル制御 金然正・平林義雄

脂肪酸を基軸とする“代謝-免疫-疾患”スパイラルの分子機構解明 遠藤裕介

蛋白質リジンアシル化修飾と疾患制御 吉澤達也

微生物のリポクオリティと疾患制御

腸内細菌による脂肪酸代謝と疾患制御 岸野重信・小川順

A群連鎖球菌の糖脂質によるC型レクチン受容体を介した宿主免疫制御 今井崇史・山﨑晶

宿主スフィンゴ脂質とヒト病原体との相互作用 酒井祥太・花田賢太郎

脂質代謝と寄生適応戦略──赤痢アメーバの硫酸代謝の特殊性 見市文香

リポクオリティ分析系と応用

リポクオリティの違いを捉えるノンターゲット脂質解析 内野春希・他

組織リポクオリティのマスイメージング 櫻井孝信・瀬藤光利

臨床検査におけるリポクオリティ 蔵野信・矢冨裕

血中脂肪酸バランスと疾患リスク(久山町研究) 二宮利治

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.5MB以上(インストール時:55.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.5MB以上(インストール時:55.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません