• M2PLUS
  • 新商品
  • Medical Practice 2021年2月号(38巻2号)健康診断と予防医学~現状と未来

Medical Practice 2021年2月号(38巻2号)健康診断と予防医学~現状と未来

  • ISBN : 9784011303802
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2021年2月
  • 電子版発売日 : 2021年4月7日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

健康診断と予防医学~現状と未来
特集テーマは「健康診断と予防医学~現状と未来」.記事として,[座談会]予防医学の未来─遺伝子診断やAIを含めた将来の展望─ [この症例から何を学ぶか]検診を契機に失神を伴う潜在性WPW症候群と診断された1例,[One Point Advice] エピジェネティクス,[今月の話題]肝硬変合併症に対するカルニチン補充療法,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]多発性骨髄腫の予後はどこまで改善したか,[心電図のコツと落とし穴]他を掲載.

≫ 「Medical Practice」最新号・バックナンバーはこちら
Medical Practice(2021年・年間予約購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

今月のテーマ

健康診断と予防医学

現状と未来


本誌は内科総合月刊誌であるが,「予防医学」を扱う特集は,創刊以来初の試みである.超高齢社会を迎えたわが国では,1)平均寿命の延長から健康寿命の延長への目標転換,2)資源の有効利用を重視したエコ医療への関心の高まり,3)予防的な介入の有効な疾患が増加した疫学的背景などにより,予防医学が大きく注目されるようになった.国民・医療従事者の双方のセルフケア意識が高まる中で,予防医学の最新の話題を実地医家の先生方に届ける意義は高いと考えている.

予防医学は「生活習慣病の予防・是正」と「悪性疾患の早期発見」が2 本の柱であるが,全身の諸病態を扱う広汎な医学分野であり,治療医学の進歩と疫学的な動向を反映して,刻々と変わりゆく特徴がある.近年は,高齢化社会を反映して認知症やサルコペニア・フレイルなどの病態が注目されており,また,人工知能(AI)やゲノム診断などの新たな医療技術の応用が期待されている.社会的な枠組みとしては,定期予防接種や対策型がん検診など「市区町村や職域において公費負担で行う医療」と,人間ドックのような「受診者個人が費用を負担して受ける任意型の医療」に大別される.わが国では公費負担の予防医療が充実していることに加えて,健常な成人が自己負担で医療機関を受診する世界的には稀な人間ドックが医療文化として広く受け入れられていることが特徴である.また,国民皆保険の恩恵もあり,臨床医療機関への受診がしやすく,保険診療での検査や診療が「さまざまな疾患のスクリーニング」として機能することもしばしばである.このように,わが国では予防医療が広く浸透しているが,一方で,検診・健診の不利益(harm)への教育・啓発が不足しており,真の予防に関する概念が医療従事者も含めて不十分であることは,今後の大きな課題である.

本号の「総説」では,予防医学の新しい領域として注目されている遺伝的検査,AI,国際化の3 つを取り上げ,各分野で活躍する第一線の先生方に現状と展望を概説いただいた.「セミナー①」では,さまざまな領域の疾患に関して,エキスパートの先生方に予防医学の観点からの現状と課題を解説いただくとともに,最先端のトピックスも含めて,わかりやすく紹介いただいた.また,「セミナー②」では,わが国で行われている代表的ながん検診の現状について,エビデンスとガイドラインに基づきながら,専門分野外の医師にもわかりやすいように,概説いただいている.臨床現場と密接に関連する予防医学のさまざまなテーマについて概説した本号が,実地医家の諸先生方の明日からの臨床に,少しでもお役に立てば幸いである.


山道 信毅

東京大学医学部附属病院予防医学センター

■ 目次

特集

〈扉〉山道 信毅

〈座談会〉

予防医学の未来─遺伝子診断やAIを含めた将来の展望─/出席者:小室 一成・山道 信毅・田口 淳一・馬嶋健一郎

〈総説/予防医学の近未来の話題と展望〉

先制予防医学と遺伝的検査/田口 淳一ほか

予防医学におけるAI画像診断の現状と展望─内視鏡AI,脳MRI,眼底画像診断を例に─/多田 智裕ほか

国際化時代における予防医学の可能性と課題/飯塚 陽子

〈セミナー①予防医学をめぐる最新の話題〉

動脈硬化性疾患予防における予防医学の役割/伊賀瀬道也

心不全パンデミックを防ぐための予防医学の役割/篠原 啓介ほか

世界から見た日本の糖尿病─現状と課題─/大西由希子

発展する脂質異常症治療─現状と課題─/塚本 和久

わが国の喫煙と呼吸器疾患の現状と課題/松木 怜ほか

認知症の早期発見と予防/井原 涼子ほか

予防の観点からのフレイル・ロコモ・サルコペニア/佐竹 昭介

膵がん検診の現状と展望/蘆田 玲子ほか

肝疾患のスクリーニング/永井 康貴ほか

大腸CT検査の現況と課題/平山 眞章ほか

HPVワクチンの現状と子宮頸がん予防効果のエビデンス/川名 敬

〈トピックス〉

脳構造から考える身体疾患の予防策/渡部 喬光

〈セミナー②/わが国の代表的ながん検診の現状とエビデンス〉

胃がん検診/安保 智典

大腸がん検診/中山 富雄

肺がん検診のエビデンス/土田 敬明

乳がん検診─高濃度乳房問題と乳房超音波検診─/坂 佳奈子

前立腺がん検診/伊藤 一人ほか

〈この症例から何を学ぶか〉

検診を契機に失神を伴う潜在性WPW症候群と診断された1例/山口 敏弘

〈Self-assessment test〉

連載

〈One Point Advice〉

Walk-in SAH:歩いてくる くも膜下出血/田口 博基

急性大動脈解離を見逃さないために/加地修一郎

母は我慢強し/神谷千津子

劇症型レンサ球菌感染症への早期試験切開/高橋 孝ほか

エピジェネティクス/田中 榮一

薬疹を疑ったら/渡辺 玲

COVID-19拡大下での高齢者の不眠/和田 明

やっぱり身体所見は基本/当麻 正直

〈今月の話題〉

肝硬変合併症に対するカルニチン補充療法/華井 竜徳ほか

〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉

多発性骨髄腫の予後はどこまで改善したか/竹下 昌孝

〈心電図のコツと落とし穴(第11回)〉

心電図をとらなければ診断はできない/小菅 雅美

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.2MB以上(インストール時:43.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.2MB以上(インストール時:43.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません