• M2PLUS
  • 新商品
  • 脊椎脊髄ジャーナル33巻3号 心因性疾患(変換症/転換性障害;ヒステリー)の現在

脊椎脊髄ジャーナル33巻3号 心因性疾患(変換症/転換性障害;ヒステリー)の現在

  • ISBN : 9784013003303
  • ページ数 : 78頁
  • 書籍発行日 : 2020年2月
  • 電子版発売日 : 2021年2月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

■特集 心因性疾患(変換症/転換性障害;ヒステリー)の現在
特集にあたって・・・園生雅弘
変換症の概念とその変遷・・・野間俊一
ヒステリー性筋力低下(機能性筋力低下)の診断・・・園生雅弘
ほか

≫ 「脊椎脊髄ジャーナル」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集にあたって

帝京大学脳神経内科 園生雅弘


脊椎脊髄疾患の主症状となる運動感覚障害・痛みは,心因性の病態,すなわち転換性障害/機能性神経障害(ヒステリー)でもしばしばみられるものである.それへの対応は,脊椎脊髄外科・脳神経内科共通の大きなテーマとなる.2006 年に本誌で「器質性疾患と心因性疾患との鑑別診断」という特集が組まれたのは,私の知る限り,精神科領域も含む日本の医学雑誌で最初のヒステリーをテーマとした企画である.それが脊椎脊髄を主テーマとする本誌で組まれたという事実は,この領域でいかに多くの医療者がこのような患者への対処に困っていたかを示すものであり,興味深い.それから14 年が経ち,日本神経学会でもヒステリーをテーマとする教育コースが再三もたれるなど,ヒステリーへの認知が日本でもようやく高まってきたと感じられる.この間の大きな動きとして,「精神障害の診断と統計マニュアル」(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders:DSM)の最新版DSM‒5 が2013 年に発表されたことが挙げられる.分類名や訳語が変わるのはいつものことだが,注目すべきこととして,変換症/転換性障害の診断に,心理的要因の特定が不要となり,代わりに,神経学的に説明できない症候,すなわち陽性徴候の存在が必須となったことが挙げられる.これは,ヒステリーの診断は精神科医が行うのではなく,脳神経内科医の手に委ねられたことを意味するもので,脳神経内科医が脊椎脊髄外科医からのコンサルトに応えられるだけの力量をもつことが急務となった.

本特集では,各界のエキスパートに,ヒステリーの概念,症候と鑑別診断,治療とリハビリテーションまで論じていただいた.多くの症例を提示されるなど,それぞれの方が,拠り所となる定説・論文も少ない中,ヒステリー患者の診療に真摯に取り組んでおられるご様子がうかがえる.この特集こそが,日本のヒステリー(転換性障害/機能性神経障害)診療の新たなバイブルとなることを信じている.

■ 目次

特集

心因性疾患(変換症/転換性障害;ヒステリー)の現在


特集にあたって・・・園生雅弘

変換症の概念とその変遷・・・野間俊一

ヒステリー性筋力低下(機能性筋力低下)の診断・・・園生雅弘

「心因性」と間違いやすい疾患―どうすれば誤診を防げるか?・・・福武敏夫

心因性疾患「ジストニア」・・・坂本 崇

脊椎脊髄外科領域で遭遇する転換性障害(ヒステリー)・・・二階堂琢也,他

手外科領域で遭遇する転換性障害症例・・・池田和夫,他

心療内科的治療・・・岡 孝和

転換性障害のリハビリテーション・・・渡辺俊之

Nomade

手術手技の進歩とこれからの医療・・・高橋 寛

イラストレイテッド・サージェリー

頸髄腹側に発生した海綿状血管腫に対する前方アプローチ・・・名越慈人,他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.4MB以上(インストール時:25.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.4MB以上(インストール時:25.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません