• M2PLUS
  • 新商品
  • 麻酔 2020年9月号【特集】神経障害性疼痛の現況と今後の展望

麻酔 2020年9月号【特集】神経障害性疼痛の現況と今後の展望

  • ISBN : 9784014006909
  • ページ数 : 136頁
  • 書籍発行日 : 2020年9月
  • 電子版発売日 : 2021年2月19日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第69巻9号 痛みは、病気の兆候の中でももっとも多く、昔から医学・医療の原点でもある。患者の80%は痛みに端を発して病院や診療所を受診する。また、基本となる病気が治癒しても痛みだけが取り残されることもまれではない。この疼痛の診断の向こう側には当然のことながら治療が必要となる。ペインクリニック医療に対していっそうのご関心を持っていただくとともに、今後の高齢社会を反映して増加が予測される神経障害性疼痛患者へのより効果的な療法として本特集が多少なりともお役に立てるよう、疼痛症状の治療に対して焦点を当てた特集「神経障害性疼痛の現況と今後の展望」を企画した。

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

巻頭言

新型コロナウイルス感染症 (尾前 毅)

特集 神経障害性疼痛の現況と今後の展望

緒言とまとめ (花岡一雄)

神経障害性疼痛の現況と今後の展望 (水枝谷一仁ほか)

神経障害性疼痛の薬物療法 (濱口眞輔ほか)

神経障害性疼痛と神経ブロック療法 (安部洋一郎)

神経障害性疼痛と光線療法 (井手康雄)

神経障害性疼痛とパルス高周波療法 (福井 聖ほか)

神経障害性疼痛と理学療法 (下 和弘ほか)

慢性疼痛に対する,動機付け面接―理論と実践― (笠原 諭ほか)

講座

統計ノート-9 データの示し方:四分位範囲 (浅井 隆)

臨床経験

重症筋無力症に対する胸腺摘出術10症例における麻酔法の検討 (菊地 梓ほか)

短報

術中低血圧に対する昇圧薬投与後に冠攣縮性狭心症を発症し,短時間で心停止に至った症例の麻酔経験 (石堂瑛美ほか)

口腔内索状物による開口制限のため挿管困難であった新生児症例の麻酔経験 (松波小百合ほか)

単心室に対するmodified

感染の併発で症状の再燃を認めたTAFRO症候群の1症例 (紺田眞規子ほか)

紹介

本間玄調による「春林軒二十一種」の選定―華岡青洲研究における本間玄調の貢献― (松木明知)

蘇生の歴史:43.血液循環の発見(17):Harveyの血液循環説の否定論の根拠 (浅井 隆)


外国文献紹介

投稿規定

ニュース

お知らせ

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

※リンクのハイライト表示がずれている箇所があります。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.0MB以上(インストール時:15.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.0MB以上(インストール時:15.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません