• M2PLUS
  • 新商品
  • 麻酔 2020年7月号【特集】敗血症の診断と治療―麻酔科医にとっての最新の考え方―

麻酔 2020年7月号【特集】敗血症の診断と治療―麻酔科医にとっての最新の考え方―

  • ISBN : 9784014006907
  • ページ数 : 136頁
  • 書籍発行日 : 2020年7月
  • 電子版発売日 : 2021年2月19日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第69巻7号 2016年にセプシス-3の新しい定義が提唱されて、敗血症のとらえ方は大きく変貌した。長年使用してきたSIRSという病態の括り方を取りやめて、臓器障害を識別して総合評価することに主軸を移した。Surviving Sepsis Campaignによる敗血症バンドルの世界的な展開によって治療の標準化が進み、最近もアップデートが行われている。一方で薬剤治療は現在でも明確な有効性が示されたものはないので、今後の新薬の開発と個別の患者の特徴に合わせたprecision medicineが期待される。麻酔科医は手術麻酔や集中治療などで敗血症患者の診療にかかわる機会が多いので、最新の考え方の理解は特に重要である。

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

巻頭言

周術期管理のその先に (戸田雄一郎)

特集 敗血症の診断と治療―麻酔科医にとっての最新の考え方―

緒言とまとめ (山田芳嗣)

敗血症の定義と診断の変遷―Sepsis-1からSepsis-3へ― (松田直之)

敗血症の病態生理と臓器障害進展のメカニズム (森山和広ほか)

敗血症と急性呼吸促迫症候群(ARDS)(成宮博理ほか)

敗血症と急性腎障害 (土井研人)

敗血症に起因する凝固障害と播種性血管内凝固(DIC)(射場敏明)

敗血症における心筋抑制と循環障害 (垣花泰之)

敗血症患者における多臓器連関―ネットワーク解析を用いた検証― (浅田敏文)

原著

腹腔鏡下消化管手術後の肩痛の発生頻度とその要因に関する前向き研究 (西村温子ほか)

持続大腿神経ブロック用カテーテルの留置位置に関する研究 (町野麻美ほか)

脊髄くも膜下麻酔時のデクスメデトミジン初期負荷投与が循環動態に与える影響 (金谷綾奈ほか)

講座

統計ノート-7 データの示し方:標準偏差(2)(浅井 隆)

短報

右心系の空気抜きに経食道心エコーガイド下での肺動脈カテーテルからの吸引が有効であった1症例 (田中康智ほか)

肺腫瘍マーキングによる動脈空気塞栓症例の麻酔経験 (丸山友紀ほか)

舌扁桃肥大により予期せぬ挿管困難を来した症例の麻酔経験 (坂田 優ほか)

リンパ脈管筋腫症に対する胸腔鏡下肺部分切除術の麻酔管理―Bailey法が有効であった1症例― (八幡俊介ほか)

紹介

蘇生の歴史:41.血液循環の発見(15)―William Harvey:De motu cordis-2― (浅井 隆)

外国文献紹介

書 評

投稿規定

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.0MB以上(インストール時:18.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:7.0MB以上(インストール時:18.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません