麻酔 2020年6月号 投稿論文掲載号

  • ISBN : 9784014006906
  • ページ数 : 132頁
  • 書籍発行日 : 2020年6月
  • 電子版発売日 : 2021年2月19日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

投稿論文掲載号
巻頭言:麻酔科医から周術期管理医へ―Anesthesiologist as a Dr. Joker― (鈴木昭広)
原著:本人の申告なく痛みを自動判断する方法開発の試み―より不快感の少ないAβ線維を標的とした電気刺激による困難な検証― (岸本千恵ほか)
講座:統計ノート-6 データの示し方:標準偏差(1) (浅井 隆)

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

巻頭言

麻酔科医から周術期管理医へ―Anesthesiologist

本人の申告なく痛みを自動判断する方法開発の試み―より不快感の少ないAβ線維を標的とした電気刺激による困難な検証― (岸本千恵ほか)

講座

統計ノート-6 データの示し方:標準偏差(1) (浅井 隆)

臨床経験

経カテーテル大動脈弁留置術中における心筋ストレイン変化について―経心尖部アプローチ法と経大腿アプローチ法による違い― (冨田晶子ほか)

経静脈的患者自己調節鎮痛法におけるフェンタニル濃度と術後悪心・嘔吐との関連性に関する後方視的検討 (小寺厚志)

術後死亡患者遺族への死の質調査:Good

短報

気管腫瘍に対する気管環状切除再建術において,術前よりデクスメデトミジンを使用し良好な周術期管理をしえた1症例 (坂本美岬ほか)

頸椎後彎による困難気道が予測できた症例に対しDams

術中肺血栓塞栓症の発症により心停止を来した

重度心奇形を伴う多脾症候群患児の全身麻酔下歯科治療経験 (一杉 岳ほか)

腫瘍内出血を伴って急速に増大し,急激に心不全を来した左房粘液腫の1症例 (片山勇人ほか)

妊娠高血圧腎症の重症化にHELLP症候群を併発し,全身麻酔下に緊急帝王切開を行った1症例 (丸山由起子ほか)

カテコールアミン産生量低下を期待した悪性褐色細胞腫の腫瘍減量手術の麻酔管理 (瀬戸富美子ほか)

紹介

超緊急帝王切開に迅速に対応できる手術室運用体制の構築 (野田祐一ほか)

“華岡青洲の医術が普及しなかった”という謬見はいつ唱えられたか (松木明知)

術語“麻酔”の初出と語義に関する最新の知見―堀内素堂の「幼幼精義」と杉田成卿の「済生三方」― (松木明知)

日本麻酔科学史から見た山村秀夫名誉教授の業績―とくに麻酔科の“特殊標榜科認可”に関連して― (松木明知)

蘇生の歴史:40.血液循環の発見(14)―William

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.3MB以上(インストール時:16.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.3MB以上(インストール時:16.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません