• M2PLUS
  • 新商品
  • 医学のあゆみ276巻8号 免疫チェックポイント阻害薬のirAE(免疫関連有害事象)

医学のあゆみ276巻8号 免疫チェックポイント阻害薬のirAE(免疫関連有害事象)

  • ISBN : 9784006027608
  • ページ数 : 82頁
  • 書籍発行日 : 2021年2月
  • 電子版発売日 : 2021年2月16日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,540 (税込)
ポイント : 28 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

免疫チェックポイント阻害薬のirAE(免疫関連有害事象)
企画:北野滋久(がん研究会有明病院先端医療開発センターがん免疫治療開発部)

・近年,免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の臨床開発が成功し,多数のがん腫に対して適応の拡大が順調に進んでおり,がんに対する標準的な治療のひとつとなった.
・ICI特有の有害事象として,免疫関連有害事象(irAE)が出現する.それぞれの有害事象は頻度が低いものがほとんどであるが,そのマネジメントにあたっては注意が必要である.
・本特集では,ICIの特有の副作用であるirAEについて作用機序,特徴,診断方法,マネジメント方法について,それぞれの領域の研究者に最近の知見を交えながら概説いただく.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに
Introduction


北野滋久
Shigehisa KITANO
がん研究会有明病院先端医療開発センターがん免疫治療開発部


近年,免疫チェックポイント阻害薬(immune checkpoint inhibitor:ICI)の臨床開発が成功し,多数のがん腫に対して適応の拡大が順調に進んでおり,がんに対する標準的な治療のひとつとなった.ICI療法は,がん抗原を認識して活性化されたT細胞に発現してくる補助抑制受容体(ブレーキ分子)である免疫チェックポイント分子を抗体でブロックして阻害することによって,がん抗原特異的なT細胞の活性化を持続させることにより,がんを制御する治療である.ICI特有の有害事象として,免疫関連有害事象(immune-related adverse events:irAE)が出現する.irAEは発生の段階で自己抗原特異的(自己の細胞・組織を認識する)リンパ球が除去(clonal deletion)されずに体内に残存しているとICIによってこれらのリンパ球が誤って活性化されてしまい自己細胞・組織を攻撃してしまうことが主な作用機序であると考えられている.その特徴として,それぞれの有害事象は頻度が低いものがほとんどであるが,前述の理由から全身多岐にわたり出現すること,その発現時期を予測することが難しいこと,ときに適切な対応や対処の遅れが致命的となることもありうることがあげられ,そのマネジメントにあたっては注意が必要である.


本特集では,ICIの特有の副作用であるirAE について作用機序,特徴,診断方法,マネジメント方法について,それぞれの領域の研究者に最近の知見を交えながら概説いただく.


読者の皆様には,irAEについてエッセンシャルな内容をご確認いただくことにより,今後の実地臨床や研究にお役立ていただければ幸甚である.

■ 目次

特集 免疫チェックポイント阻害薬のirAE(免疫関連有害事象)

はじめに/北野滋久

irAEの機序─ 抗CTLA-4抗体,抗PD-1抗体,抗PD-L1抗体の違い/山下万貴子

irAEのマネジメント─ 総論/北野滋久

症状別にみたirAEの鑑別方法 /須藤洋崇・清田尚臣

[注意すべきirAE]

免疫関連肺臓炎/加藤晃史

免疫チェックポイント阻害薬による下痢/大腸炎/山﨑嵩之・加藤 健

神経疾患・筋疾患/鈴木重明

下垂体の免疫関連有害事象/岩間信太郎・有馬 寛

内分泌障害:1型糖尿病─ 新たなoncological emergencyとして/大橋 健

[癌におけるirAE]

肺癌─ 免疫チェックポイント阻害薬と化学療法の併用,免疫チェックポイント阻害薬同士の併用/水柿秀紀

腎細胞がんにおける免疫関連有害事象─ 免疫チェックポイント阻害薬同士の併用,免疫チェックポイント阻害薬とVEGFR-TKIの併用/五十嵐大樹・小原 航

乳がんにおける免疫チェックポイント阻害薬の登場と開発の足跡/古川孝広

連載

臨床医が知っておくべき最新の基礎免疫学20 再生医療と移植免疫─iPS細胞由来再生細胞を他家移植で用いたときに起こりうる免疫反応/増田喬子・河本 宏

バイオミメティクス(生体模倣技術)の医療への応用16 蚊を模倣した無痛注射針/青柳誠司

TOPICS

遺伝・ゲノム学 活性酸素産生にかかわる遺伝子の多型が膠原病発症リスクを高める/川崎 綾

循環器内科学 心磁図と心臓CT合成による心室期外収縮の新たな非侵襲的起源同定法/會田 敏・吉田健太郎

生化学・分子生物学 記憶の持続メカニズムを解明─新たな分子記憶の原理/実吉岳郎

FORUM

天才の精神分析 ─ 病跡学(パトグラフィ)への誘い14 エゴン・シーレ─その駆け抜けた人生とミューズたち/伊集院清一

書評『倫理コンサルテーション ケースブック』(堂囿俊彦・竹下 啓 編著)/稲葉一人

次号の特集予告

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.7MB以上(インストール時:18.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:7.7MB以上(インストール時:18.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません