Dr.長澤の腎臓内科外来実況中継

  • ISBN : 9784498224667
  • ページ数 : 256頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年2月22日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

『カニでもわかる水・電解質』『「論文にしよう!」と指導医に言われた時にまず読む本』のDr.長澤 最新作!
この一冊で腎臓内科医の頭の中が丸わかり


専門外の医師であっても腎機能の低下した患者を診る機会は多く、腎臓病についての臨床上の知識を学習し、日々アップデートしていく必要があります。本書では、非専門医でも無理なく自習でき、腎臓内科医の思考回路とワザを学べる内容を目指しました。保存期の慢性腎臓病に対する血圧・血糖管理、プロ流の薬の使い方、栄養指導や運動指導など、専門家の腎臓の診かたが身につく一冊です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


東北大学病院で腎臓内科をしている長澤 将(たすく)です.この度は主に初学者や研修医,他科などの非専門医に向けて腎臓内科の思考回路を伝える本を書くことができました(腎臓専門でも初学者や知識の整理に役に立つと思います).他にも腎臓病に興味のある栄養士,理学・作業療法士(もしかしたら言語聴覚士も),さらに製薬企業のMR やMSL などの人にも役に立つと思います.

学生に「腎臓内科ってどんなイメージ?」と聞くと,「病理が難しい」とか「膜性増殖性糸球体腎炎がよくわからない……」なんて話で,苦手意識を持った返事が返ってきます.実はそのような仕事はごく一部の大きな病院の腎臓内科の仕事であり,本書でメインに書いたような保存期の慢性腎臓病に対して血圧や血糖などのコントロールをしている仕事が多いと思います.実はこの部分に腎臓内科の技が結構たくさん隠されています(血液透析に関しては,「誰も教えてくれなかった 血液透析の進めかた教えます」羊土社; 2019年刊,を参考にしていただければと思います).

本書ではガイドラインや最新の大きな論文,師匠達から教えてもらったことなどを元に,自分で経験して研ぎ澄ませていったことを伝えようと試みました.いわば腎臓内科の診療の進化の踊り場にあたるかと思います.この先も診療はどんどん進化していくと思いますが,現時点での知識を整理することで明日からの診療に役に立つと思います.

本書の上梓にあたり,「『論文にしよう!』 と指導医に言われた時にまず読む本」「カニでもわかる水・電解質」に続いて編集を担当していただいた中外医学社の岩松宏典様,もの凄く手間のかかる校正を担当していただいた桑山亜也様,素敵な挿絵や装丁を担当していただいた大塚千佳子様に感謝申し上げます.

読者の皆様には是非7回読んでいただければと思います.しっかりと確実な知識はかならず役に立ちます.


2021年2月

長澤 将

■ 目次

1 腎臓内科って何をするところ?~意外と広い守備範囲~ 

2 腎臓内科って何を考えているの?~あくまで私見です~ 

3 どうせ治らないじゃん,腎臓なんて~一生腎臓を持たせるというエンドポイントもあります~ 

4 全部専門医にお任せでいいんじゃないの?~ちょっと患者が多すぎます~ 

5 何はともあれCrと検尿~イナーシャではなく,紹介しよう!~ 

6 尿蛋白を測ることが大事~尿蛋白は腎臓の涙~ 

7 血尿は気にしなくてよいの??~高齢者での悪性腫瘍に注意~ 

8 眼科と連携しましょう!~眼底は大事です~ 

9 何はともあれ血圧は140/90 mmHg未満へ~理想の達成のためにまず現実的な値を達成しよう~ 

10 禁煙~百害あって一利なし~ 

11 血圧の具体的な話~すべてのアウトカム改善のために血圧のコントロールは必要~ 

12 CKDにおける血糖管理の各論~進行した慢性腎臓病における血糖管理の意義は不明瞭~ 

13 認知症を忘れずに 

14 腎臓を悪くしやすい薬にご注意~NSAIDsの使い方は留意~ 

15 腎臓が悪いときに注意する薬~処方する前に確認を!~ 

16 腎臓の悪い方に禁忌の薬~Do Not Harmは医師の基本です~ 

17 薬物療法の前に生活指導~この基本がすべて~ 

18 栄養指導1~体組成を評価,そして栄養を考える~ 

19 栄養指導2~塩分制限,これがCKD診療のコツ~ 

20 栄養指導3~塩分指導の実際~ 

21 運動指導~腎臓病=安静は時代遅れ~ 

22 実際の運動処方~まずは現状把握,そして具体的な処方~ 

23 セルフチェックのキモは体重と血圧~お金をかけずにできることがとても大事~ 

24 風邪のようにみえる血管炎に注意~アタマに入っていないと見逃す病気~ 

25 そうだ歯もみてもらおう! 

26 確定診断は専門医でOK 

27 専門医と連携を取りながら 

28 腎代替療法の話と,話すタイミング~早すぎず,遅すぎず適切に~ 

29 専門医と連携した血圧コントロール 

30 RAA系阻害薬の使い方 

31 血圧に下限はあるか? 

32 血圧と血流は別物~この誤解が問題~ 

33 血糖の実際処方 

34 SGLT2阻害薬の使い方 

35 脂質もコントロールしましょう 

36 尿酸はどうしましょうか?~他の要素がコントロールできてから手をつけましょう~ 

37 クレメジンはどうしよう~最初からクレメジンという選択肢はない~ 

38 低タンパク食は栄養状態を確認してから 

39 保存期のリンの管理はどうしよう~こちらも,血圧,禁煙などの後の一手~ 

40 カルシウム値とビタミンDの使いどき 

41 アシドーシスはどうしよう~これもCKDが進行してからの一手~ 

42 カリウムはどうするの? 

43 腎性貧血のマネージメント~多くの場合,診断的治療が必要~ 

44 一発診断のADPKD 

45 早期に紹介できるといいことがあります~これぞ正しい専門医の使い方~ 

46 腎生検の実際のリスク~きちんとした診断のメリットとのバランス~ 

47 唐突ですが便秘のマネージメント~最近,選択肢が増えました~ 

48 Mgの話 

49 そこまでして腎臓を護らなくてよいです~他臓器をしっかり護ることで腎臓も護れます~ 

50 腎不全に造影剤を使うとき考えるべきこと 

51 この透析は離脱できますか? 

52 爪は腎機能障害を表す? 

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.7MB以上(インストール時:41.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.7MB以上(インストール時:41.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません