Gノート増刊 Vol.8 No.2 整形診療 for プライマリ・ケア診療所~患者説明までよ〜くわかる!よく出会う整形外科系主訴への対応

  • ISBN : 9784758123525
  • ページ数 : 266頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年3月19日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

患者説明までよ〜くわかる!よく出会う整形外科系主訴への対応

プライマリ・ケアの現場でよくある,整形外科系主訴への対応を集めました.教科書を読んでもわからない,専門医のノウハウを凝縮!患者さんへの説明の仕方を学べる&盗める!Webで手技の動画も観られます!

≫ 「Gノート」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

—— 「診療所診療」において「整形外科的診療」で「患者さんのQOL 向上に貢献する臨床力」を現場の先生方に届けたい——

患者さんのすべての訴えに耳を傾けるプライマリ・ケア医にとって,整形外科領域の学びのニーズが高いことは必然といえます.「診療所に足を運んでくださる患者さんの健康と豊かな生活のために役立ちたい」と奮闘する先生方のお助け本になるようにと,本書を企画しました.

本書を企画するにあたり,自分が自信をもって整形外科診療をできるようになったプロセスを振り返ってみますと,整形外科外来に座り始めた頃は,疾患に関して詳しく記載のある教科書で学べることだけ4 4 では患者さんにうまく説明ができず,隣室で診療する先輩医師の説明や声かけに耳を澄ましていたことを思い出しました.

患者説明を1 つの技術ととらえますと,習得までにはまず模倣することが最初のステップとされます.模倣を重ねて,自分なりの言葉の選び方を探し出し,最終的には自然と言葉が出てくるようになります.模倣するにはお手本が必要ですが,隣の診察室にお手本があったわれわれとは違い,プライマリ・ケア診療所で一人奮闘している先生には身近なお手本が少ないのが現状です.そこで本書では「患者さんにはどう説明する?」と題して,臨場感のある患者説明文を掲載しております.執筆した先生がふだんどのように説明しているか,隣の診察室を盗み聞きするようにお使いください.

本書の特徴として,第1 章では「主訴から考えるシリーズ」と題して,罹患率の高い疾患を主訴に診療所に来る患者さんの典型例を示しながら,代表的な主訴に関して解説しています.コモンな疾患は見逃さず診断し,自分でフォローできるか・紹介するかを判断できることに重点を置いています.また,指先足先の外傷(第2 章)・小児疾患(第3 章)というよく遭遇する疾患等に関しても,診療所でできる限界を考慮し日々の診療に応用可能な内容になっていると思います.

処置(創傷処置一般・ブロック・関節注射・シーネ固定・トリガーポイント注射:第4〜5 章)は,その手技ができると方針が変わるものを,特別な装置やスキルがなくてもできるように,動画つきで解説しています.

交通外傷診療(診断書や保険制度など)や有病率に比して治療率が低いといわれる骨粗鬆症診療(第6 章),診察室内で患者さんからよく聞かれる質問に気の利いた一言を返せるようにコラム(Editor’s Eye)も掲載し,痒いところに手が届く1 冊に仕上げています.学術的な深さや疾患の網羅は他書籍に劣る部分ばかりと自認しておりますが,われわれの目的は,冒頭に掲げた,ただ1 つ.

本書を手に取った先生方の整形外科的主訴に対する診療が目の前の患者さんの笑顔につながることを,編者一同,心より願っております.


2021年1月

編者を代表して
JCHO 若狭高浜病院 整形外科/臨床研修センター長 海透優太

■ 目次

序【海透優太】

動画視聴ページのご案内

第1章 主訴から考えるシリーズ

1 手がしびれる,首から肩が痛い【手島隆志】

2 尻餅をついた,転んで歩けない【大西惟貴】

3 腰が痛い,足がしびれる【大西惟貴】

4 肩が痛くて上がらない【山本裕也】

5 肘が痛い【岩井俊介】

6 転んで手をついてから手,肘が痛い【新井隆仁】

7 手が痛い,指が痛い【藤井達也】

8 膝が痛い/腫れている【坂本拓己】

9 足首を捻挫した【貴島 健】

10 足が痛い【貴島 健】

11 熱があって関節が痛い【海透優太】

12 あちこち痛くて,全部痛い【安原大生】

[コラム]Editor's Eye① 〜こんなとき私はこう答える!

母がリウマチです.私もリウマチになりますか?【手島隆志】

第2章 指先・足先外傷シリーズ

1 突き指をした【山﨑厚郎】

2 ドアに指先を挟んだ【山﨑厚郎】

3 壁や物を殴ってから手が痛い【山崎貴弘】

4 足先をぶつけた【渡辺 丈】

[コラム]Editor's Eye② 〜こんなとき私はこう答える!

温湿布と冷湿布,どちらがいいですか?【海透優太】

第3章 小児シリーズ

1 子どもが急に歩かなくなった【木下 大】

2 子どもが手を動かさなくなった【木下 大】

[コラム]Editor's Eye③

乳児健診・校医健診ではここに気をつける!【海透優太】

第4章 創傷シリーズ

1 転んで傷ができた【奥村能城,恋水諄源】

2 動物に噛まれた【松原知康】

3 スライサーで指を切った【手島隆志】

[コラム]Editor's Eye④ 〜こんなとき私はこう答える!

運動はした方がいいですか?【藤井達也】

第5章 処置・手技シリーズ

1 指ブロック【奥村能城,恋水諄源】

2 仙骨裂孔ブロック注射【藤井達也】

3 関節穿刺・注射【陶山恭博】

4 シーネ固定【池尻好聰】

5 トリガーポイント注射【藤井達也】

[コラム]Editor's Eye⑤ 〜こんなとき私はこう答える!

サプリ(グルコサミンやコンドロイチン)は飲んだ方がいいですか?【藤井達也】

第6章 番外編

1 追突事故に遭って首が痛い【手島隆志】

2 足がつるんです【海透優太】

3 骨粗鬆症の診断と治療【池尻好聰】

[コラム]Editor's Eye⑥ 〜こんなとき私はこう答える!

私,膵癌じゃないでしょうか?【手島隆志】

索 引

執筆者一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.1MB以上(インストール時:29.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.1MB以上(インストール時:29.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません