• M2PLUS
  • 新商品
  • 産科救急マニュアル〈産科婦人科ベストセレクション〉

産科救急マニュアル〈産科婦人科ベストセレクション〉

  • ISBN : 9784521749112
  • ページ数 : 256頁
  • 書籍発行日 : 2021年3月
  • 電子版発売日 : 2021年4月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,900 (税込)
ポイント : 180 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

不意打ちのように遭遇する母体・胎児の急変に対し, 3つの構成から成る.①基本手技編:周産期救急にスポットを当てたバイタルサイン・検査・救急蘇生.②症候編:産科臨床における前景疑問(起こりうる疑問)に対する回答.検査,初期対応,フローチャートによる診断までの流れを図解.③疾患編:妊産婦の状態と施設の状況に応じた対応の要点についてエビデンスをもとに紹介.

あわせて読む → 「産科婦人科ベストセレクション」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

新たな生命の誕生の瞬間に立ち会い産婦や家族と喜びを分かち合えることは産婦人科医の特権ですが,それは時として命の危険が迫る様々な困難から母児を守る責任と表裏一体です.日本の社会状況として,1970 年後半から続く少子化傾向があります.しかし,同時に晩婚化,晩産化が急速に進行しており,高度な周産期管理を必要とする妊産婦の頻度は増加しています.妊婦の高年齢化はあらゆる周産期異常のリスクの増加を生じます.そのため,現代の周産期の医療管理では,かつての「案ずるより産むが易し」であるとか「お産は寝て待て」といった格言が通用しない状況になりつつあります.そして,産婦人科医にとってハイリスクな妊娠・出産に対応できる臨床スキルの向上がますます重要となっています.

産婦人科の臨床では,それまで経過が順調な妊産婦であっても,突然の異常が生じたり,出産時に急変が生じたりすることはまれではありません.そうした緊急時には原因の特定ができなくとも,まず目の前の母児を守るための対応を迫られることが多々あります.そして,突然不意打ちのように遭遇したとしても,冷静な判断と適切な対処ができるように,常日頃から知識を身に着けて,イメージトレーニングやあるいは実際のシミュレーション訓練を行うことは重要です.

本書は,産科救急の現場で働く医師が,臨床に直結する知識を身につけ,急変時への具体的対応を理解することを目的として作成しました.1 章では,バイタルサインの変化の判断,検査結果の解釈,妊産婦への救急蘇生などについて体系的な知識の整理ができるような項目で構成しました.一方,2・3 章では,臨床上で遭遇した場合に対応が悩ましい状況に対しての鑑別法および必要な処置をまとめた実践的な内容となっています.

読者の皆様には,ご自身にとって興味がある,あるいは知識に不安をもっている項目から選んで読み進めていただければと考えております.いずれの項目もその分野のスペシャリストの先生方がご自身の知識と経験の粋を凝縮した内容となっております.本書が産科救急の現場で働く医師のスキルアップを促し,一人でも多くの母児の幸せに貢献することを願っています.


2021年2月

編集 永松 健 東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座 准教授

■ 目次

Ⅰ章 基本手技編

理学所見・バイタイルサインの判断

 血圧・脈拍の変化 (小畑聡一朗,青木 茂)

 呼吸障害 (中井章人)

 意識障害 (横田美帆,桑田知之)

検査法

 血液検査 (宮越 敬)

 尿検査 (堤 誠司)

 腹部超音波検査 (小松篤史)

 心電図・心エコー (神谷千津子)

 CT・MRI検査 (坪山尚寛,富山憲幸)

治療対応

 呼吸補助 (林 宗博)

 循環補助 (坊垣昌彦)

 輸液・輸血 (吉田健太,二井理文,池田智明)

 準備すべき薬剤・器材 (近江禎子)

Ⅱ章 症候編

 妊娠初期の下腹部痛が生じたら? (安井 理,関沢明彦)

 妊産婦に腰背部痛が生じたら? (福田冬馬,安田 俊,藤森敬也)

 妊産婦に突然の頭痛が生じたら? (渡邉由佳)

 妊産婦に高血圧が確認されたら? (関 博之)

 妊産婦に急性の肝酵素上昇が生じたら? (熊澤惠一)

 妊産婦に血糖値異常を伴う意識障害が生じたら? (成瀬勝彦)

 分娩進行中に遷延性胎児徐脈が出現したら? (杉原弥香,下屋浩一郎)

 無痛分娩中に母体の状態が急変したら? (坊垣昌彦)

 分娩時に生じた痙攣・意識障害への対応は? (森川 守)

 経腟分娩後の危機的出血への初期対応は? (牧野真太郎)

 帝王切開中に子宮出血が止血困難である場合の緊急処置は? (竹田 省)

 産褥期の労作時息切れを認めたら? (吉松 淳)

 重症な妊娠悪阻への対応は? (兵藤博信)

Ⅲ章 疾患編

 異所性妊娠を疑ったら? (佐竹絵里奈,甲賀かをり)

 頸管妊娠あるいは帝王切開瘢痕部妊娠を疑ったら? (岩端俊輔,吉野 修)

 妊娠中に虫垂炎を疑ったら? (佐山晴亮)

 高マグネシウム血症への対応は? (山下隆博)

 妊産婦のアナフィラキシーショックへの対応は? (海老原直樹,三宅康史)

 妊婦に喘息発作が生じたら? (後藤美賀子,村島温子)

 妊婦に甲状腺クリーゼを疑ったら? (赤水尚史)

 前置胎盤・低置胎盤における妊娠中・分娩時の出血の対応は? (鈴木研資,入山高行)

 臍帯下垂・臍帯脱出への対応は? (本間千夏)

 双胎一児死亡への対応は? (中田雅彦)

 常位胎盤早期?離の診断と対応のポイントは? (板倉敦夫)

 常位胎盤早期?離後の胎児死亡への対応は? (村越 毅)

 羊水塞栓症が疑われる状態とその対応は? (杉村 基)

 子宮破裂を疑ったら? (松岡 隆)

 産道裂傷・産道血腫への対応は? (利光正岳)

 子宮内反症を疑ったら? (亀井良政)

 死戦期帝王切開の決断とその意義は? (高橋聡太,室月 淳)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.0MB以上(インストール時:30.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.0MB以上(インストール時:30.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません