脳卒中エキスパート 神経保護・神経再生療法~今後の展望と課題

  • ISBN : 9784498328662
  • ページ数 : 210頁
  • 書籍発行日 : 2021年4月
  • 電子版発売日 : 2021年4月9日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,840 (税込)
ポイント : 88 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

エキスパートが脳卒中診療への多角的・総合的なアプローチを指南するシリーズの「神経保護・神経再生療法」編が登場!

脳卒中診療で特に重要となるテーマをエキスパートたちが深堀りするシリーズ最新刊.まず脳虚血やくも膜下出血などにおける神経障害のメカニズムを詳細に整理した上で,脳神経の保護にかわる薬の開発や脳梗塞に対する細胞治療など,近年の神経保護・神経再生療法の動向を紹介.60年以上にわたり精力的に展開されてきた分野の研究開発の歴史を知り,今後の方向性を探る一助となる一冊.

あわせて読む → 「脳卒中エキスパート」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

「自分や自分の家族にも実施したくなる,脳卒中の治療法を開発したい!」

このたび,鈴木則宏先生から本書「脳卒中エキスパート 神経保護・神経再生療法」を編集する機会をお与えていただきました.大変光栄に感じると同時に言い知れぬ責任の重さを感じました.と言うのも,この分野の研究は,この60 年間,世界中で大変精力的に展開されてきた歴史を有しており,小生がそれをキャッチ・アップできているのか,甚だ不安であったからです.

1950~70 年代には,Prof. Siesjö, Prof. Lassen, Prof. Symon ら,数多くの優れた科学者たちとそのグループが脳虚血の病態を次々と明らかとしました.当時の研究環境を考えると驚愕すべき成果だと思います.その知見に基づいて,脳虚血による神経組織障害を軽減させる,あるいは,回復させる治療法を開発しようとする気運が盛り上がったのでは当然でしょう.しかし,「Ⅰ‒1. 神経保護療法・神経再生療法の今後」で詳細に書かせていただいたように,多数の脳保護薬の候補は「動物の脳は保護できるが,ヒトの脳を保護できない」という結論に至っています.STAIR 勧告を初めて満たしたはずの脳梗塞治療薬 NXY‒059 も,2000 年代の第3 相臨床試験では有効性が証明されず,その虚無感は現在も完全に消え去ったとは言えません.また,この脳保護薬開発の哀しい歴史を,近年隆盛を極めている細胞治療の開発で繰り返すわけにはいきません.

したがって,本書では,各方面のスペシャリストをお招きして,今一度,脳虚血やくも膜下出血などの病態を詳細に整理していただいた上で,神経保護・神経再生療法の開発の最新の動向を探ってみることにしました.この企画が読者の諸姉諸兄の知識欲を満たし,今後の研究の方向性を探る上で少しでもお役に立てることを願ってやみません.

本書の出版にあたっては鈴木先生や中外医学社の皆様には大変お世話になりました.その一方で黒田の編者としての作業が遅々として進まなかったため,多大なご心配をおかけしました.この場をお借りして謝意とお詫びを申し上げたいと思います.


2021年2月吉日

富山大学脳神経外科 黒田 敏

■ 目次

Ⅰ.神経保護・神経再生療法のオーバービュー

1 神経保護療法・神経再生療法の今後 〈黒田 敏〉 

1 .神経保護薬の開発とSTAIR 勧告

2 .NXY—059 臨床試験の衝撃

3 .ポストNXY—059 の時代を生きる

4 .細胞治療による神経保護・神経再生

Ⅱ. 神経障害のメカニズム~温故知新

1 虚血性神経細胞死 〈桂 研一郎〉 

1 .脳虚血とは

2 .虚血性神経細胞死の分子機構

2 脳虚血におけるグリア細胞・血液脳関門 〈髙橋愼一〉 

1 .脳のグルコース代謝

2 .グルタミン酸とアストロサイト糖代謝

3 .解糖系代謝とニューロン,アストロサイト

4 .In vitro 代謝解析

5 .グルコース代謝のminor pathway と神経保護とBBB 保護

6 .虚血下のアストロサイトのPPP 活性制御

7 .グルコース代謝と脂質代謝,ケトン体のリンク

8 .グルタミン酸毒性とアストロサイト

3 脳虚血におけるミトコンドリア― 総説 〈田所 功 阿部康二〉 

1 .ミトコンドリアの構造・生理的機能

2 .ミトコンドリアの品質管理

3 .脳虚血・再灌流による神経傷害とミトコンドリア

4 .ミトコンドリアを標的とした新規治療法への期待

4 脳虚血と認知機能障害 〈猪原匡史〉 

1 .症状

2 .診断基準

3 .亜分類

4 .治療

5 .予後

5 くも膜下出血における神経障害 〈鈴木秀謙〉 

1 .くも膜下出血に伴う病態

2 .早期脳損傷(early brain injury: EBI)

3 .DCI

4 .今後の展望

Ⅲ. 神経保護療法

1 最近の神経保護薬の臨床試験 〈北川一夫〉 

1 .神経保護から神経血管ユニット保護へ

2 .側副血行促進手段の試み

3 .血栓回収療法との併用の試み

4 .遠隔虚血コンディショニングの応用

2 フリーラジカルスカベンジャー 〈山下 徹 阿部康二〉 

1 .フリーラジカルスカベンジャー,エダラボンの開発

2 .脳血管保護薬としてのエダラボン

3 .フリーラジカルスカベンジャー治療の展開

4 .ALS に応用されたフリーラジカルスカベンジャー治療

5 .フリーラジカルスカベンジャー治療の今後の展開

3 顆粒球コロニー刺激因子(G—CSF) 〈水間敦士 瀧澤俊也〉 

1 .G—CSF

2 .脳梗塞発症後の炎症反応とアポトーシス

3 .G—CSF の神経保護・再生効果(基礎研究から)

4 .脳梗塞患者に対するG—CSF 投与による効果

4 新規脳保護薬の可能性 〈松原博文 原 英彰〉 

1 .フリーラジカル捕捉薬(NXY—059,NSP—116)

2 .Nrf2 活性化薬

3 .ミトコンドリア保護薬

4 .小胞体ストレス(ER ストレス)阻害薬

5 抗炎症薬 〈卜部貴夫〉 

1 .炎症の病態について

2 .脳虚血における炎症のメカニズム

3 . 炎症に対する免疫治療法(抗炎症作用を有する薬剤による脳保護療法)

6 脳冷却療法 〈鐙谷武雄〉 

1 .脳冷却の脳保護メカニズム

2 .全身低体温の臨床応用

3 .局所冷却灌流の臨床応用

7 創薬を目指したトランスレーショナル・リサーチ 〈下畑享良〉 

1 .tPA 療法の出血合併の防止を目指した基礎研究

2 .臨床応用を目指したTR の実例

3 .「死の谷」を乗り越えるために

Ⅳ.神経再生療法

1 幹細胞を用いた脳梗塞に対する細胞治療 〈川堀真人〉 

1 .幹細胞とは,再生医療・細胞治療とは

2 .脳梗塞に対する幹細胞を用いた臨床研究

3 .国内で進行中の治験

4 .脳梗塞以外の脳血管障害に対する治験

5 .残されている課題

2 歯髄幹細胞を用いた脳梗塞に対する細胞治療 〈仁藤智香子〉 

1 .歯髄幹細胞とは

2 .脳虚血における歯髄幹細胞の治療効果

3 .脳梗塞急性期患者に対する歯髄幹細胞移植を用いた治療

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.2MB以上(インストール時:21.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.2MB以上(インストール時:21.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません