救急医学 2021年5月号 第45巻第5号 セルフディフェンス;人の命は救えても、自分自身を守れるか!?

  • ISBN : 9784012004505
  • 書籍発行日 : 2021年5月
  • 電子版発売日 : 2021年5月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 セルフディフェンス;人の命は救えても、自分自身を守れるか!?

救急医があらゆる場面、あらゆる観点から“わが身を守る”術を特集。臨床現場での法的側面を含めた安全確保はもちろんのこと、イレギュラーな患者対応からハラスメントや暴力行為への対処まで、救急医療にかかわるさまざまな“危険地帯”を取り上げて、それぞれに注意しなければならないポイントや具体的な対応法・予防法をご紹 介します。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集:セルフディフェンス人の命は救えても,自分自身を守れるか⁉

いつものように救急搬送があり,患者にとりつき,評価して診断・治療を進めていく。先程までバイタルサインが不安定であった患者は,正しい診療手順で安定化し,退院できるようになってくる。それが,救急医療の現場の醍醐味でしょう。しかしそれは裏を返せば,歩いて病院に向かうこともできず,診断のついた紹介状を持参してくるわけでもない患者に,限られた人的・医療資源で対応せざるを得ない現場の事実を表しています。いや,救急医にとっては,病院はおろか,高速道路や線路上も活動する“現場”になり得ます。

このような救急医療現場で活動する救急医には,時間的にも精神的にもストレスがかかるものですが,それは患者や家族,あるいはともに働く同僚や他職種の方々も同様です。そのストレスがクレームや訴訟,あるいは暴力事件やハラスメントにつながるかもしれません。では,われわれ救急医はどのようにして,さまざまなストレスのかかる現場で安全に救急医療に取り組めばよいのでしょうか。

そこで,今号では「セルフディフェンス」と題し,救急医があらゆる場面,あらゆる観点から“わが身を守る”術を特集することとしました。臨床現場での法的側面を含めた安全確保はもちろんのこと,イレギュラーな患者対応からハラスメントや暴力行為への対処まで,救急医療にかかわるさまざまな“危険地帯”を取り上げて,それぞれに注意しなければならないポイントや具体的な対応法・予防法を,各専門分野の先生方にご教授いただいております。

相手の攻撃に合わせて攻撃する“先”,相手が先んじて攻撃した場合に後から制する“後の先”,そして,相手に攻撃される前に攻めに出る“先の先”。武術の世界では,この“三つの先”を取ることが勝ちにつながるとされています。本特集は,救急医療の現場で“三つの先”を取るための“秘伝の書”となるはずです。「セルフディフェンス」の術で“三つの先”を取り,現場の危険や理不尽に,そして患者の命の危機に打ち勝ちましょう。


『救急医学』編集委員会
企画担当:堺市立総合医療センター救命救急センター 臼井 章浩

■ 目次

Ⅰ.臨床・現場における“セルフディフェンス”

個人防護;感染からNBCまで

東京都立広尾病院救命救急センター/高根 諒 他

気道緊急時の対応;臨床的対処,職場環境整備から法的側面まで

堺市立総合医療センター麻酔科/青井 良太

中心静脈穿刺時の注意点

東京女子医科大学病院集中治療科/佐藤 暢夫 他

輸血拒否への対応

福岡大学病院医療安全管理部/中村 伸理子

薬剤適応外使用時の注意点

高知県・高知市病院企業団立高知医療センター薬剤局/田中 聡

プレホスピタルでの安全確保・管理

広島国際大学保健医療学部救急救命学科/安田 康晴

Ⅱ.患者対応・記録等における“セルフディフェンス”

画像読影における“killer disease”の見落とし防止

聖マリアンナ医科大学救急医学救急放射線部門/昆 祐理

違法薬物対応;麻薬,覚醒剤の通報など

埼玉医科大学病院救急科/同院臨床中毒センター/喜屋武 玲子 他

救急医療現場におけるカルテ記載のポイント

弁護士法人佐々木総合法律事務所/福田 友洋

インフォームド・コンセントのポイント

上尾中央総合病院/長谷川 剛

クレーマーへの対応

浩仁会南堺病院事務部/尾内 康彦

Ⅲ.心身の危機に対する“セルフディフェンス”

臨床現場におけるハラスメント問題を理解する;判例を参考に

同志社大学商学部/吉川 英一郎 他

暴力への対応─包括的暴力防止プログラム;理論・法的側面編

信州大学医学部保健学科広域看護学領域(精神看護学)/下里 誠二

暴力への対応─包括的暴力防止プログラム;身体介入技術編

国立病院機構肥前精神医療センター看護部/永池 昌博

暴力への対応─武器(刺股)の使用

武神館河俣道場/河俣 裕幸

連載

救急医四方山話

野球のお話

千葉西総合病院救急科/北原 雅徳

地域とつながる 社会に広める 救急ツール・救急システム

第9回 AED N@VIの効果と今後の展望

千葉市立海浜病院救急科/本間 洋輔

災害医療体験記

第18回 本白根山噴火時の災害医療経験

前橋赤十字病院高度救命救急センター/中村 光伸

救命救急センター紹介

岩手医科大学附属病院岩手県高度救命救急センター

岩手医科大学附属病院岩手県高度救命救急センター/井上 義博

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:54.5MB以上(インストール時:112.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:54.5MB以上(インストール時:112.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません