• M2PLUS
  • 形成外科 2018年2月号【特集】顔面の代表的局所皮弁 -ポイントと作成のコツ-

形成外科 2018年2月号【特集】顔面の代表的局所皮弁 -ポイントと作成のコツ-

  • ISBN : 9784014106102
  • ページ数 : 109頁
  • 書籍発行日 : 2018年2月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第61巻2号 局所皮弁による顔面皮膚欠損修復術は,形成外科医にとって最も基本的かつ重要な手技の1つであり,多くの教科書が上梓されている。今回,レジデントがポイントをあらかじめ整理して手術に臨み,自分が手術する時の参考にできるよう,経験豊富な先生方に執筆を依頼した。(「企画にあたって」より)

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって


局所皮弁による顔面皮膚欠損修復術は,形成外科医にとって最も基本的かつ重要な手技の1つであり,多くの教科書が上梓されています。Neligan の『Plastic Surgery』,Grabb の『Encyclopedia of Flaps』やBaker の『Local Flaps in Facial Reconstruction』などは提示されている術式も多く,写真や図もきれいなものです。本来であれば,レジデントも自分が入る手術の前にこれらの本を読んでおくのが理想ですが,残念ながら多くはそのような時間がないのが現実です。

そこで今回,レジデントがポイントをあらかじめ整理して手術に臨み,後日,自分が手術する時の参考にできるよう,「顔面の代表的局所皮弁―ポイントと作成のコツ―」と題する特集を企画し,経験豊富な先生方に執筆をお願いしました。

本企画が,今後,顔面皮膚欠損の修復に携わっていかれる若手の先生方の参考になれば幸いです。


関越病院創傷センター 平林慎一

■ 目次

随想

「アンチエイジング─おっさんにはなりたくない─」

特集 顔面の代表的局所皮弁─ポイントと作成のコツ─

企画にあたって

顔面皮膚欠損の治療における局所皮弁の位置づけ

Rotation flap

Transposition flap

Advancement flap

Nasolabial flap

Paramedian forehead flap

連載

形成外科NEXT─次世代の本音─:形成外科の認知度向上に関する提言

教室だより北~南:聖マリアンナ医科大学 形成外科学教室

さるすべる─形成外画─

原著

CTを使用した頭蓋骨の成長についての評価検討

経験

慢性リンパ浮腫に対する柴苓湯の有効性の検討

症例

側頭頭頂筋膜弁と頭部からの分層植皮で手背再建を行った1例

口唇に発生した小唾液腺由来の多形腺腫の1例

術中に眼軟膏が火災の原因となった1例


外国文献抄訳

INFORMATION

投稿規定

特集タイトル,バックナンバー一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.6MB以上(インストール時:19.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.6MB以上(インストール時:19.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません