• M2PLUS
  • 形成外科 2018年4月号【特集】形成外科領域における医療材料 -過去から現在-

形成外科 2018年4月号【特集】形成外科領域における医療材料 -過去から現在-

  • ISBN : 9784014106104
  • ページ数 : 135頁
  • 書籍発行日 : 2018年4月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第61巻4号 形成外科領域において使われる医療材料は古来からさまざまなものがあるが,数年あるいは数十年の単位で消えていくものも含まれている。日本の形成外科60年という節目の年に,形成外科領域において現代では使われなくなった材料から,現在使われている多種多様の材料まで,review(総説論文)的に執筆していただいた(「企画にあたって」より)

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって


形成外科領域において使われる医療材料には古来からさまざまなものがありますが,数十年あるいは百年というような歴史の中で栄枯盛衰があり現在に至っています。現在用いられている材料の中にも,数年あるいは数十年というような単位では消えていくものも少なからず含まれていることでしょう。しかし,現れては消えていく形成外科分野の医療材料についてまとまって書かれた書物はあまり見かけません。日本の形成外科60年という節目の年に,形成外科領域における現在までの医療材料に関してまとめてみようという企画を立てました。

執筆者の先生方には,現代では使われなくなった材料から,現在使われている多種多様の材料まで,review(総説論文)的に執筆していただきました。そういう意味では本特集の論文は,著者自身の個人的な臨床経験に基づいたものではなく,学術論文・医学の教科書・医学の歴史書などを文献検索して調べあげて書きあげていただいたものがほとんどです。この特集がこれから長期にわたって,辞書的に使われるようになれば幸甚です。


大阪大学医学部形成外科 細川 亙

■ 目次

随想

「吾,三上にて随想す」

特集 形成外科領域における医療材料─過去から現在─

企画にあたって

縫合材料

プレート・スクリュー─頭蓋顎顔面外科におけるプレート・スクリュー固定の歴史─

再生医療材料としての人工真皮

創傷被覆材

プロテーゼ─主な体内埋入物に関する検討─

フィラー

エピテーゼ

連載

形成外科Topics!:国内学会機関誌の英文ジャーナル化に向けて

形成外科NEXT─次世代の本音─:さるかたる

教室だより北~南:順天堂大学医学部 形成外科学講座

さるすべる─形成外画─

原著

静脈奇形に対する硬化療法におけるオレイン酸エタノールアミンとポリドカノールの比較検討

小切開による汗腺剪除法

症例

複数の骨内浸潤を伴う母指MP関節部 全周性腱鞘巨細胞腫の1例

腰部正中に生じた非懸垂性巨大軟性線維腫の1例

工夫

埋没引き込み縫合法の一工夫


外国文献抄訳

INFORMATION

投稿規定

特集タイトル,バックナンバー一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.8MB以上(インストール時:20.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.8MB以上(インストール時:20.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません