• M2PLUS
  • 形成外科 2018年5月号【特集】形成外科の手術記録サンプル

形成外科 2018年5月号【特集】形成外科の手術記録サンプル

  • ISBN : 9784014106105
  • ページ数 : 149頁
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2021年6月9日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

第61巻5号 手術記録は,患者の病態をどのように捉え,解決を図ろうと考えていたか,術中にどのような所見を得て対処していったか,後日,同様の手術の際,イメージを構築するうえで重要なものである。臨床研究の資料として用いられることもあれば,再手術あるいは他院への紹介にあたって必要になることもある。(「企画にあたって」より)

≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって


手術記録は,術前に術者が患者の病態をどう捉え,どのような方法で問題の解決を図ろうと考えていたのか,また,術中にどのような所見を得,どのように対処していったのかを示すものです。これは後日,同じような手術をする際,以前の手術を思い起こし,術前にイメージを構築するうえで重要なものです。また,臨床研究の資料として用いられることもあれば,再手術あるいは他院への紹介にあたって必要になることもあります。これらの際は当然のことながら,他人にもよくわかるようなものでなくてはなりません。

手術記録は詳細に記載するに越したことはないのでしょうが,記憶が新たなうちに書こうとすれば,これに割ける時間は限られてきます。後日参照するうえで必要最小限のことがきちんと記載してあり,かつ読んでいて手術の過程が浮かんでくるようなものが理想です。しかし,簡潔でありながら漏れのない手術記録を書くことは決して容易ではありません。対象となる疾患が幅広い形成外科では特にそうです。そこで今回,本誌では,手術記録には何をどのように記載するべきなのか,主としてレジデントの先生方を対象と想定し,各分野の指導的立場にいらっしゃる先生方に解説していただきました。レジデントの先生方が今後,手術記録の「ひな型」として用いることを念頭に,代表例をいくつか提示していただき,それぞれについてポイントを簡単に解説していただくという形式でお願いしました。

手術記録はいうまでもなく手術手技書とは異なるものです。慣れてくれば標準的な手順は「型のごとく」としてしばしば省略されます。しかし今回は,まだあまり同じような手術を経験していない先生方の記録ということで,かなり基本的なことまで含んだ手術記録を提示していただいています。もちろん慣れてくれば,もっと簡潔なものでも構わないでしょう。その辺りのことも文中に示されていると思います。本特集が読者諸氏の参考になれば幸いです。


帝京大学形成・口腔顎顔面外科 平林慎一

■ 目次

随想

「デジタル化と断捨離」

特集 形成外科の手術記録サンプル

企画にあたって

小児先天性疾患の手術記録

顔面外傷の手術記録

手外科の手術記録

皮膚・軟部腫瘍切除術の手術記録

腫瘍摘出,腫瘍切除後再建の手術記録

褥瘡・難治性潰瘍の手術記録

眼瞼手術の手術記録

連載

形成外科Topics!:ニュージーランドと日本の形成外科交流の歴史

ニュージーランドで学んだ日本人形成外科医

形成外科NEXT─次世代の本音─:何かひとつ得意分野を

教室だより北~南:金沢医科大学 形成外科学教室

さるすべる─形成外画─

経験

Nuss 法におけるスタビライザーに関連した合併症

症例

硬膜損傷を回避するために頭蓋顔面離断術を併用した顔面骨骨折整復術の2例

頭蓋底骨折を合併した鼻篩骨骨折の2例

経眼窩頭蓋内異物により眼瞼下垂を来たした1例


外国文献抄訳

INFORMATION

投稿規定

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.6MB以上(インストール時:24.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.6MB以上(インストール時:24.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません