関節外科 2020年8月号 Vol.39 No.8 キャダバー・サージカル・トレーニングの現状と展望

  • ISBN : 9784008203908
  • ページ数 : 90頁
  • 書籍発行日 : 2020年7月
  • 電子版発売日 : 2021年8月25日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:キャダバー・サージカル・トレーニングの現状と展望
わが国におけるCSTの現状と展望  七戸俊明
海外における実情~韓国調査から  洪 賢秀ほか
クリニカルアナトミーラボ(CAL)~立ち上げと運営の実際  鈴木崇根 ほか

関節外科バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

introduction

キャダバー・サージカル・トレーニング(cadaver surgical training;CST)は近年,大学組織を中心に少しずつ運用が拡大しつつある。日本整形外科学会学術集会でもたびたびシンポジウムで取り上げられており,注目度を増している。CSTの有用性は言うまでもないが,ラボが日本で普及し始める以前は多くの経済的,時間的コストをかけて海外で行わざるをえず,多くの臨床医が利用することは困難であった。しかし,日本でのCSTの普及がさらに進めば,より多くの臨床医が経済的,時間的コストを最小限にして外科的スキルのさらなる向上が可能となり,ひいては日本全体の医療レベルの向上につながると言っても過言ではない。現在,CSTに直接携わっておられる先生にラボの導入と運用の具体的な方法やピットフォールをご紹介していただくことによって,導入を検討している先生にお役立ていただくことを目的に今回の特集を行った。

CSTをめぐる海外および国内の情勢,国内における整形外科以外の学会における動向,整形外科における器官ごとの具体的な運用方法を諸先生にわかりやすく解説していただいた。CSTに関する情報を網羅的に収載した,今までにない大変ユニークな特集号が完成したと自負している。ラボを検討している先生は本書を羅針盤に,あるいは各執筆者に直接お問い合わせいただきながら,導入と運用を目指していただきたいと考えている。筆者は今回,分担執筆をしていただいた千葉大学の鈴木崇根先生,松浦佑介先生とともにCSTのワークショップを長年行ってきたが,参加者の目の輝きとラボの熱気が忘れられない。その経験が参加者の血となり,肉となることを確信していた。日本中にCSTが普及することによって多くの臨床医の先生,特に経験の少ない若い先生が自信をもって手術に臨めるようになることを切に願っている。結果,日本の医療レベルが引き上げられ,その利益を患者さんが享受することを願ってやまない。


流山中央病院整形外科
國吉一樹

■ 目次

特集:キャダバー・サージカル・トレーニングの現状と展望  企画・編集:國吉一樹

わが国におけるCSTの現状と展望  七戸俊明

海外における実情~韓国調査から  洪 賢秀ほか

クリニカルアナトミーラボ(CAL)~立ち上げと運営の実際  鈴木崇根

長崎大学における献体遺体を用いたサージカルトレーニングの実現と将来展望  髙村敬子ほか

東京医科大学におけるキャダバー・サージカル・トレーニングの取り組み:「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」と他研修の開催概要について  本間 宙ほか

脊椎手術におけるcadaver surgical training  後東知宏 

骨盤・下肢領域における橋渡し研究を生むサージカルトレーニングの役割  名越 智ほか

上肢におけるキャダバー・ワークショップ  松浦佑介

原著論文

・3Dプリンターを使用した関節固定装具の作製とデザイン例~ハニカムパターンとthermoforming technique~ 高田秀夫

症例と治験

・人工股関節全置換術における3DポーラスとHAコーティング・臼蓋コンポーネントの術後骨反応の比較  香川 桂ほか

連載

・スポーツドクターの現場

第9回 パラスポーツ  伊藤倫之

・私の整形外科診療のコツ

第9回 脛腓靱帯損傷-前下脛腓靱帯補強術におけるコツ-  寺本篤史

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:18.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:18.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません