• M2PLUS
  • Heart View 2020年1月号 Vol.24 No.1 Endovascular Therapyはどこまできたか

Heart View 2020年1月号 Vol.24 No.1 Endovascular Therapyはどこまできたか

  • ISBN : 9784008102401
  • ページ数 : 100頁
  • 書籍発行日 : 2019年12月
  • 電子版発売日 : 2021年9月3日
  • 判 : A4変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:Endovascular Therapyはどこまできたか
1.EVTの適応は?―外科治療とどのように使い分けるかー
2.IVUSの応用によりPADに対するEVTの治療戦略は変わるか?
3.EVT後どのようにフォローアップするか? ほか

Heart Viewバックナンバー



※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

企画にあたって

宮田哲郎(山王病院・山王メディカルセンター血管病センター)


高齢化社会となったわが国においては,いかに健康寿命を延ばしQOLを高く維持するかが重要な課題となっている。その一環として,脳梗塞,虚血性心疾患,閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosisobliterans:ASO)といった動脈硬化性疾患に対する対応が検討されてきた。ASO患者は必ずしも全身状態が良いとは限らないため,患者負担が少ない低侵襲の血行再建手技として開始されたEndovascular Therapy(EVT)は,さまざまなデバイスの開発・改良により,現在では盛んに行われるようになっている。しかし,当然ながらEVTにも限界があり,①閉塞性病変の解剖学的部位・範囲,②虚血の程度・組織欠損の大きさ・感染といった局所の状態,③患者の全身状態等によっては,EVT単独ではASO患者のQOL向上には必ずしも役立たないことも明らかになっている。

EVTと従来の外科的血行再建術という二つの治療法は,どちらが優れているという比較をするものではなく,その特徴を生かし,個々の患者に適した治療手段として選択するものである。EVTも外科的血行再建術もどちらも実施できる血管外科医が外科的血行再建術を選択する5つの条件として,①広範囲壊死,感染病変,②耐術可能な若年患者,③総大腿動脈病変,④外からの圧迫による病変,⑤下腿・足部の吻合部位が唯一つしかない場合を挙げているが,残念ながら,いまだASOに対する血行再建術の標準化はなされていないのが現状である。

今回の企画は,EVTの有用性に加えその限界を明らかにすることで,ASO患者のQOL向上のための治療戦略を少しでも明確にすることを目的としている。執筆者には内科医のみならず,外科医の先生方にも参加いただいた。EVTには今後周辺のテクノロジーの進歩に支えられたさまざまな進展があると思われる。内膜肥厚のメカニズムも遺伝子レベルで明らかになりつつあり,細胞増殖の制御が自由自在にできるようになるならば,ASOの血行再建術におけるEVTの位置付けも激変する。これまで近未来の予測はきわめて困難であったように,今後も予想を遙かに超えるEVTの進歩を期待したい。この企画が第一線でASO診療を行っている先生方の一助になればと願っている。

■ 目次

特集:Endovascular Therapyはどこまできたか  企画・構成/宮田哲郎

診る

1.EVTの適応は?―外科治療とどのように使い分けるかー  横井宏佳

2.【Expertise】IVUSの応用によりPADに対するEVTの治療戦略は変わるか?  児玉隆秀

3.EVT後どのようにフォローアップするか?  百瀬匡亨,金子健二郎,大木隆生 

識る

4.EVTを行うにあたっての画像診断の知識  中井貴大,市橋成夫,吉川公彦

5.EVTに伴う放射線被ばくの怖さを知っていますか?  井上政則 

6.【Expertise】なぜ,いかにEVT後の再狭窄?  山口浩司,佐田政隆 

7.ガイドワイヤーの種類と選択  服部 努

8.EVT後の抗血栓療法をどうするか?  工藤敏文

治す

9.大動脈腸骨動脈領域のPADに対するEVTとトラブルシューティング  尾原秀明

10.大腿膝窩動脈領域のPADに対するEVTの適応と限界  曽我芳光

11.【Expertise】下腿・足部動脈領域のPADはどこまでEVTで戦えるか?  畑 陽介,飯田 修

12.ハイブリッド血行再建に適した病変とは?  児玉章朗

連載

【責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条】

第24条:造影剤腎症を回避せよ:エキスパートのノウハウはこうだ  道下一朗

【英語による 自信がもてる学会発表の技術 プレゼンの方法からパワポの作り方まで】

Chapter 1 Abstractを書こう

3 Resultsからconclusionsへの書き方  上嶋徳久,加藤祐子

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.9MB以上(インストール時:48.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:22.9MB以上(インストール時:48.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません