• M2PLUS
  • 泌尿器病理診断アトラス―臨床と病理の対話で学ぶ―

泌尿器病理診断アトラス―臨床と病理の対話で学ぶ―

  • ISBN : 9784883787203
  • ページ数 : 244頁
  • 書籍発行日 : 2021年9月
  • 電子版発売日 : 2021年9月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥14,300 (税込)
ポイント : 780 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

病理を苦手とする泌尿器科医の疑問・本音に対して、エキスパートが豊富な病理写真を提示しながら要点を解説。
本書を読むことで、病理医とのコミュニケーションがより密接になり、最良の医療を選択するために役立ちます。
また泌尿器科医・病理医の専門医試験にも対応した例題を提示。難関と言われる病理問題を解く技術も身につきます。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序 文


泌尿器腫瘍の確定診断のほとんどは病理診断に基づいて行われている.各種診療ガイドラインには,病理診断結果が患者の治療方針に大きく影響する項目が多数存在する.しかしながら,泌尿器と病理との連絡が十分でないと思われる理由から,現状での最高レベルの治療の実施が困難となった症例を見ることは少なくない.また,研究においても病理標本を扱うことは多く,正確な病理所見の解釈が必須である.しかしながら,多くの泌尿器科医には病理診断は理解が難しい難解な領域と捉えられている先生が多いのが現状ではないだろうか.また,病理診断で使用される用語が独特であるため,泌尿器科医が病理医に質問を投げかけにくい状況を生んでいるかのかもしれない.そのためか,病理レポートをそのまま書き写したと思われる発表・報告が多数見られる.そのなかには泌尿器科と病理との対話があれば質の向上が望めたと思われるものが少なからず見受けられる.内外に多数の病理診断アトラスが存在するも,泌尿器科医の本音に対応した成書は少ないのが現状である.


本書は実際に泌尿器腫瘍診療に携わる当代一流の泌尿器科医が,自身の経験に基づいて,診療に必要と思われる項目を選び出し,それらを病理医に投げかける形式を用いた.このことにより,泌尿器科医からの“ 本音” を明確にし,具体的な臨床所見を提示しつつ,多くの泌尿器科医が抱える病理への疑問を代弁することができたのではと考えている.それらの項目に対して,病理写真を多数用いて,病理医の意図が具体的に泌尿器科医に伝わるように解説することを試みてみた.このことにより,泌尿器科医に病理診断の要点を解説するとともに,標本を共有しながら病理医との対話が可能になるのではないかと期待している.今回示した内容は泌尿器科医ならびに病理医の専門医試験対応も意識されて作成されている.各章末のセルフテストを活用して頂くことにより,専門医試験への十分な対応が可能になると考えている.解説内容は基礎的ではあるが,研究を行う際のもっとも重要な項目が含まれている.研究の基礎的データ項目を決めるときやデータ収集の際にも活用して頂けば幸いである.


最後に,本書の立案から作製まで尽力頂いた総合医学社,嵩恭子様には心から感謝申し上げる.


愛知医科大学病院 病理診断科 教授
都築豊徳

■ 目次

第1章 腎細胞癌

01 腎細胞癌3大組織型「淡明細胞型」「乳頭状」「嫌色素性」の診断のポイントを解説!

02 病理医に聞く「“WHO/ISUP 分類”,“Fuhrman 分類” のポイントについて教えてください」

03 病理医と会話する 「透析患者は腎癌の発生リスクが高いんです」

04 病理医と会話する「画像検査で良悪性の判断ができませんでした」① 乏脂肪血管筋脂肪腫

05 病理医と会話する「画像検査で良悪性の判断ができませんでした」② オンコサイトーマ

06 病理診断の理解を深める! 腎細胞癌3大組織型の免疫染色

07 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型① 転座型腎細胞癌

08 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型② 集合管癌(Bellini 管癌)

09 病理診断の理解を深める! 肉腫様成分

10 実臨床から学ぶ 腎腫瘍に対する針生検とその限界

セルフアセスメント~確認問題と解説~

第2章 尿路上皮癌

01 尿路上皮の正常構造のポイントを解説!

02 病理医に聞く「異型度分類で2段階表記方法と3段階表記方法が併記される理由を教えてください」

03 病理医と会話する 「癌と思って TUR したのに癌ではありませんでした」

04 病理医に聞く 「腎盂・尿管癌と膀胱癌の病理所見は同じなのでしょうか ?」

05 病理医に聞く 「low grade と high gradeとの診断基準を教えてください」

06 病理医に聞く 「粘膜筋板への浸潤と筋層浸潤の診断のポイントについて教えてください」

07 病理医と会話する 「病理診断には膀胱鏡所見が重要です」

08 「これがあったら要注意」の病理所見 lymphovascular invasion (LVI)

09 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型 squamous differentiation,glandular differentiation,micropapillary subtype (variant),plasmacytoid subtype (variant),sarcomatoid subtype (variant)」

10 病理医に聞く 「膀胱全摘除術時の尿管断端の術中迅速診断は正確ですか」

11 病理医に聞く 「薬物治療による病理診断への影響を教えてください」

12 実臨床から学ぶ① 下部尿管癌と尿管口部発生膀胱癌の鑑別

13 実臨床から学ぶ② 前立腺へのstromal invasion と前立腺部尿道原発浸潤癌の鑑別

14 実臨床から学ぶ③ 尿膜管癌と膀胱原発腺癌の鑑別

15 病理医に聞く 「dysplasia とCIS の違いについて教えてください」

16 補足 CIS 診断の方法とポイント

セルフアセスメント~確認問題と解説~

第3章 前立腺癌

01 グリソンパターン診断のポイントを解説!

02 病理医に聞く 「HGPIN,異型腺管の診断のポイントを教えてください」

03 病理医に聞く 「被膜外浸潤の診断のポイントを教えてください」

04 病理医に聞く 「pT2 はなぜ細分類が消えたのですか」

05 病理医に聞く 「精囊浸潤(pT3b)診断.直接浸潤 ? skip?」

06 病理医に聞く 「切除断端陽性(RM1)の診断のポイントを教えてください」

07 これは前立腺癌なのか? 診断に悩む病理所見のポイントを解説!

08 病理医に聞く「グリソンパターン1,2 をつけたくなるときは?」「グリソンパターン3と4の鑑別は簡単ですか?」

09 病理診断の理解を深める! 前立腺癌の免疫染色

10 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型 前立腺導管癌,粘液癌,基底細胞癌,前立腺間質性腫瘍,小細胞癌

11 病理医に聞く 「 薬物治療や放射線治療による病理診断への影響を教えてください」

12 病理医と対話するための 「 cribriform pattern,IDC-P の有無は非常に重要」

セルフアセスメント~確認問題と解説~

第4章 精巣癌

01 非セミノーマ診断のポイントを解説!

02 病理医と会話する 「 マーカーは陰性です.精巣腫瘤は悪性でしょうか?」

03 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型① 中皮腫

04 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型② 脂肪肉腫

05 明日出合うかも! 稀だけど知っておきたい組織型③ 横紋筋肉腫

06 病理医と会話する 「精巣結核・精巣上体結核は過去の疾患ではないんです」

07 実臨床から学ぶ① 非触知精巣に発生した胚細胞腫瘍

08 実臨床から学ぶ② 両側精巣癌(異時性,同時性)

09 実臨床から学ぶ③ 精巣悪性リンパ腫

セルフアセスメント~確認問題と解説~

第5章 陰茎癌

01 陰茎癌の診断のポイントを解説!

02 実臨床から学ぶ 陰茎・陰囊の良性腫瘍「尖形コンジローマ」

第6章 副腎腫瘍

01 副腎の正常構造を解説!

02 実臨床から学ぶ① 機能性副腎皮質腺腫「原発性アルドステロン症」

03 実臨床から学ぶ② 機能性副腎皮質腺腫「クッシング症候群」

04 実臨床から学ぶ③ 副腎良性腫瘍「骨髄脂肪腫」

05 病理医に聞く 「褐色細胞腫・パラガングリオーマの診断のポイントを教えてください」

06 実臨床から学ぶ④ 副腎悪性腫瘍「副腎皮質癌」

セルフアセスメント~確認問題と解説~

第7章 後腹膜腫瘍

01 おさえておきたい後腹膜腫瘍を解説!

02 病理医と会話する「画像検査で良悪性の判断ができませんでした」①神経節神経腫:ganglioneuroma

03 病理医と会話する「画像検査で良悪性の判断ができませんでした」②神経鞘腫:schwannoma

04 実臨床から学ぶ① 高分化型脂肪肉腫

05 実臨床から学ぶ② 脱分化型(成分を含む)脂肪肉腫

06 実臨床から学ぶ③ 粘液型脂肪肉腫

07 実臨床から学ぶ④ 平滑筋肉腫

セルフアセスメント~確認問題と解説~


あとがき

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:36.3MB以上(インストール時:76.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.3MB以上(インストール時:76.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません