サンフォード感染症治療ガイド2021 サンフォード感染症治療ガイド2021
購入はこちら

改訂のポイント

大幅な改訂

・VCMの用量設定に関する新しいガイドラインを反映し、VCM処方を含む約80項目を改訂

・上記に関連して、「薬剤関連情報」に「AUC-用量設定の原理と計算」を追加し、計算方法の詳細を解説

・淋菌感染症治療に関する新しいCDCガイドライン、欧州ガイドラインを反映し、淋疾関連項目の推奨処方等を大幅改訂

・非結核性抗酸菌に関する新しい診療ガイドラインを反映し、M. abscessus、M. avium関連項目を大幅改訂

・「グラム陰性桿菌,薬剤耐性-概説」を大幅改訂、治療選択肢についてβラクタマーゼのクラスごとに詳細に解説

・「薬物アレルギー-βラクタム」を大幅改訂、新規項目「ペニシリン系-概説」とともに、βラクタム薬の化学構造とアレルギーとの関係を詳細に解説

抗ウイルス薬の新規追加

COVID-19
Bamlanivimab+Etesevimab
カシリビマブ+イムデビマブ
バリシチニブ
トシリズマブ

エボラウイルス
Ansuvimab-zykl
Inmazeb

脱感作法の新規追加

セフタジジムの脱感作

イミペネム・シラスタチンの脱感作

メロペネムの脱感作

アムホテリシンBの脱感作

バンコマイシンの脱感作

その他の主な新規追加項目

ペニシリン系-概説

AUC-用量設定の原理と計算

ヒドロキシクロロキン

ファビピラビル

抗菌薬注射剤中のナトリウム量

「肥満患者における用量調整」での改訂、追加

セファゾリン、リネゾリド、ボリコナゾール、セフトリアキソン

「ECMOでの薬物用量調整」での改訂、追加

カスポファンギン、ピペラシリン・タゾバクタム、バンコマイシン、ボリコナゾール、イミペネム、リネゾリド、ポサコナゾール

副作用に関する文献が追加された項目

セフジトレンピボキシル、マクロライド系-概説および一覧、フルオロキノロン系-概説および一覧、クリンダマイシン、メトロニダゾール、スルファメトキサゾール・トリメトプリム

抗菌活性スペクトラム表への追加

薬剤
IMP/CS/Relebactam、MEPM/Vaborbactam、Delafloxacin、NFLX、PUFX、Ceftobiprole、Cefiderocol、Plazomicin、Eravacycline、Omadacycline、TC、Lefamulin、Quinupristin/Dalfopristin、Pristinamycin

細菌
Staphylococcus epidermidis、E coli, Klebsiella MBL産生、その他のカルバペネム耐性腸内細菌

編集部からのコメント

・VCMの用量設定に関するガイドライン、淋菌感染症治療に関するガイドラインなど、新しいガイドラインが公表されたのに伴い、関連する項目が全体にわたって多数改訂されました。

・とくにVCMの用量設定に関連して、「薬剤関連情報」に「AUC-用量設定の原理と計算」が新規追加され、計算方法の原理が詳細に解説されています。

・薬剤関連情報にはほかにも、「ECMOでの用量調整」「抗菌薬注射剤中のナトリウム量」など、書籍にはない情報を多数収載。「ECMOでの用量調整」については昨年より薬剤数が増えて充実するとともに、各薬剤ページにも関連情報が追加されています。

・今年は他に、薬剤耐性グラム陰性菌に関する治療選択、薬物アレルギーと脱感作に関する情報が大幅に追加されました。

・COVID-19については、日本でも早期承認された薬剤を含む4項目が新規追加され、治療、ワクチンとともに最新情報が収載されています。

購入はこちら

お得なセット商品

ほかの電子書籍とセットで購入するとさらにおトクに!
(※)「イヤーノート2021」は、現在2台の端末での同時使用に対応をしておりません。予めご了承ください。

【限定100セット】 1,903円OFF

定価¥9,680 (税込)

→特別価格¥7,777 (税込) 

購入はこちら
先行予約中の注目2書籍
セット商品一覧はこちら