セット商品一覧 まとめて買うとお得 セット商品一覧 まとめて買うとお得

レジデントノート

日常の疑問を解決できる!研修医にもっとも読まれている研修医のため雑誌!

≫ 研修医のため雑誌「レジデントノート」とは

「レジデントノート」月刊誌 2020~2021年定期購読 New!(2021年1月8日受付開始、2021年1月8日より配信)

定価
¥52,800(税込)

配信内容(全24冊) +

・2020年1月号 心不全診療で考えること、やるべきこと(12/13配信)
・2020年2月号 外来診療をはじめよう(1/16配信)
・2020年3月号 血液浄化療法 1からわかりやすく教えます(2/14配信)
・2020年4月号 救急ドリル 症例ベースの問題集で身につける、救急外来での思考回路と動き方(3/13配信)
・2020年5月号 輸液ドリル 実践に役立つ基本がわかる問題集(4/15配信)
・2020年6月号 コンサルトドリル~身近な症例から学ぶ、情報の的確な集め方・伝え方(5/13配信)
・2020年7月号 中心静脈カテーテル 穿刺・留置のコツがわかる!(6/15配信)
・2020年8月号 医学情報を獲りに行け!(7/15配信)
・2020年9月号 ICUの機器を使いこなそう そのアラーム音は緊急か?異常を逃さず、適切に介入するためのキホン(8/13配信)
・2020年10月号 救急でもう騙されない!ミミックとカメレオン(9/15配信)
・2020年11月号 頭部CT・MRIが読めるようになる(10/14配信)
・2020年12月号 外科研修がはじまった!(11/13配信)
・2021年1月号 精神科研修のエッセンスがまるごとわかる(12/15配信)
・2021年2月号 救急外来・ICUでの採血検査~何がどこまでわかるのか?診療にどう活きるのか?いつも行う検査の選択・解釈の基本を教えます(1/15配信)
・2021年3月号 救急・ICUで使う循環器の薬に強くなる!~緊急の循環管理を迷わず行うための、処方の考え方・具体的な使い方を教えます(2/15配信)
・2021年4月号 症候別に身につける心電図のキホンと現場での対応(3/15配信)
・2021年5月号 ルーティンを見直す!病棟指示と頻用薬の使い方~意外と教わらない、一生使える知識の詰め合わせ(4/15配信)
・2021年6月号 血液ガス読み方ドリル~すばやく正しく病態を掴む力を身につける(5/15配信)
・2021年7月号 絶対に見逃してはいけない画像診断8疾患~致死的な疾患を見抜くために、正常解剖と典型的な異常所見を押さえる!(6/7配信)
・2021年8月号 いま見直したい、発熱診療のキホン~発熱の機序、鑑別診断、解熱の意義など、COVID-19がある今こそ押さえたい大切なこと(7/7配信)
・2021年9月 未定(8/15配信)
・2021年10月 未定(9/15配信)
・2021年11月 未定(10/15配信)
・2021年12月 未定(11/15配信)

※各号は発行され次第、順次ダウンロードが可能です。
※各号の配信予定は変更になる場合がございます。

≫ 2020〜2021年度 定期購読 詳細はこちら

「レジデントノート」月刊誌 2021年定期購読 (2020年11月16日受付開始、2020年12月15日より配信)

定価
¥26,400(税込)

配信内容(全12冊) +

・2021年1月号 精神科研修のエッセンスがまるごとわかる(12/15配信)
・2021年2月号 救急外来・ICUでの採血検査~何がどこまでわかるのか?診療にどう活きるのか?いつも行う検査の選択・解釈の基本を教えます(1/15配信)
・2021年3月号 救急・ICUで使う循環器の薬に強くなる!~緊急の循環管理を迷わず行うための、処方の考え方・具体的な使い方を教えます(2/15配信)
・2021年4月号 症候別に身につける心電図のキホンと現場での対応(3/15配信)
・2021年5月号 ルーティンを見直す!病棟指示と頻用薬の使い方~意外と教わらない、一生使える知識の詰め合わせ(4/15配信)
・2021年6月号 血液ガス読み方ドリル~すばやく正しく病態を掴む力を身につける(5/15配信)
・2021年7月号 絶対に見逃してはいけない画像診断8疾患~致死的な疾患を見抜くために、正常解剖と典型的な異常所見を押さえる!(6/7配信)
・2021年8月号 いま見直したい、発熱診療のキホン~発熱の機序、鑑別診断、解熱の意義など、COVID-19がある今こそ押さえたい大切なこと(7/7配信)
・2021年9月 未定(8/15配信)
・2021年10月 未定(9/15配信)
・2021年11月 未定(10/15配信)
・2021年12月 未定(11/15配信)

※各号は発行され次第、順次ダウンロードが可能です。
※各号の配信予定は変更になる場合がございます。

≫ 2021年度 定期購読 詳細はこちら

「レジデントノート」月刊誌 2020年定期購読 (2019年11月21日受付開始、2019年12月14日より配信)

定価
¥26,400(税込)
≫ 2020年度 定期購読 詳細はこちら

J-IDEO

感染症のいまを発信!微生物から公衆衛生まで、まるごと詰まった感染症総合誌。編集主幹は岩田健太郎氏。

≫ 国内唯一の感染症総合誌「J-IDEO」とは

臨床画像

臨床画像(2021年年間購読) (2020年11月16日受付開始、2020年12月26日より配信)

定価
¥44,000 (税込)

臨床画像(2020年年間購読) (2019年11月21日受付開始、2020年1月26日より配信)

定価
¥42,680(税込)

配信内容(全14冊) +

・2020年1月号(Vol.40 No.1)MRIで読み解く心臓と脈管:流れと機能 (1/26配信)
・2020年2月号(Vol.40 No.2)画像診断医にも知ってほしい 放射線治療:画像が担う役割(2/26配信)
・2020年3月号(Vol.40 No.3) 画像診断における脂肪の意味:存在からその意義まで(3/26配信)
・2020年4月号(Vol.40 No.4)放射線科スーパーセレクション2020 この発表,この着眼点に注目!(4/1配信)
・2020年4月増刊号(Vol.40 No.13)放射線科医が知っておくべき脳血管障害診療 update(4/8配信)
・2020年5月号(Vol.40 No.5)結核の画像診断(5/1配信)
・2020年6月号(Vol.40 No.6)領域別 経過観察画像の要点(6/26配信)
・2020年7月号(Vol.40 No.7)誰にも聞けないIVRの基本:基本手技~部位別血管カテーテルの選択と挿入法(7/3配信)
・2020年8月号(Vol.40 No.8)骨転移の画像診断(7/22配信)
・2020年9月号(Vol.40 No.9)今さら聞けない急性腹症の画像診断(8/24配信)
・2020年10月号(Vol.40 No.10) 透析患者の画像診断(9/27配信)
・2020年10月増刊号(Vol.40 No.14)研修医に教える画像診断のABC(10/30配信)
・2020年11月号(Vol.40 No.10)かすかな所見からひも解く 非外傷性救急疾患の画像診断/特別特集:新型コロナウイルス感染症(COVID–19)を識る(11/26配信)
・2020年12月号(Vol.40 No.12)全身性疾患の窓としての臓器(12/26配信)

※配信予定は変更になる場合がございます。

治療

ちょっとがんばる医師のため総合診療を楽しむ雑誌

≫ 1920年創刊「治療」とは

救急・集中治療

Critical Careにたずさわる方を対象にした解説と情報を満載!

小児科

手術

産婦人科の実際

産婦人科の実際(2020年度年間購読)(2019年11月21日受付開始、2020年1月15日より配信)

定価
¥46,310(税込)

臨床放射線

放射線に関わる幅広い層を支え続ける老舗雑誌。 毎日に効く臨床的な最新情報をお届け!

≫ 放射線科医に役立つ雑誌「臨床放射線」とは

臨床放射線(2019~2020年度年間購読) (2019年11月21日受付開始、2020年1月15日より配信)

定価
¥87,340(税込)

配信内容(全26冊)+

・2019年1月号 胸部の最新画像情報2019 ≫
・2019年2月号 前立腺癌の診断から治療まで ≫
・2019年3月号 全身拡散強調画像の歴史と発展 ≫
・2019年4月臨時増刊号 乳癌の診断と治療 ≫
・2019年4月号 肝胆膵領域の画像診断─良悪性疾患の鑑別を中心に─ ≫
・2019年5月号 治療関連肺障害の画像診断 ≫
・2019年6月号 腹部の最新画像情報2019 ≫
・2019年7月号 診断・放射線治療におけるAIの展開 ≫
・2019年8月号 注意したいFDG-PET/CTでの見逃しと読み過ぎ ≫
・2019年9月号 放射線治療に役立つ新たな画像診断技術 ≫
・2019年10月号 放射線療法と免疫療法との併用療法を考える ≫
・2019年11月号 これから研究・論文執筆をはじめる先生へ ≫
・2019年12月号 Theranostics による個別化医療の未来(12/23配信)
・2020年1月号 胸部の最新画像情報2020(1/15配信)
・2020年2月号 がん診療におけるIVRの未来(2/15配信)
・2020年3月号 専門診療科に繋げる:遺伝性疾患の鑑別診断(3/15配信)
・2020年4月号 まれな感染症ーウイルス,細菌,寄生虫,輸入感染症(4/16配信)
・2020年5月号 腹部の最新画像情報2020(5/15配信)
・2020年6月号 骨転移:エビデンスをいかに解釈し臨床現場に生かすか(6/15配信)
・2020年7月号 マルチモダリティでの心臓虚血診断(7/15配信)
・2020年8月号 α線,β線治療:基礎から臨床への創薬プロセス(8/15配信)
・2020年8月臨時増刊号 Q&Aでまとめる!予後予測・治療効果予測の画像検査(8/21配信)
・2020年9月号 高精度緩和照射(9/15配信)
・2020年10月号 脳アミロイドPET 診療を開始するにあたって(10/15配信)
・2020年11月号 画像診断に必要なartifactsの知識(11/15配信)
・2020年12月号 CTとMRI のサインから読み解く病態・病理(12/15配信)

※配信予定は変更になる場合がございます。

臨床放射線(2018~2020年度年間購読) (2019年11月21日受付開始、2020年1月15日より配信)

定価
¥131,010(税込)

配信内容(全39冊)+

・2018年1月号 胸部の最新画像情報2018 ≫
・2018年2月号 認知症の画像診断 up to date ≫
・2018年3月号 虚血性心疾患の画像診断、マルチモダリティ―私ならこう使う― ≫
・2018年4月号 編集委員会 特別座談会 これからの放射線科医“求められる姿”と“目指すべき姿” ≫
・2018年5月号 腹部の最新画像情報 2018 ≫
・2018年6月号 中枢神経領域における紛らわしい画像所見 ≫
・2018年7月号 小児画像診断における放射線被ばく低減への取り組み ≫
・2018年8月号 子宮頸部腺癌に対する放射線治療 ≫
・2018年9月号 核医学の放射線治療への新規応用 ≫
・2018年10月号 薬剤関連顎骨壊死の画像診断 up to date ≫
・2018年11月号 粒子線 systematic review と先進医療 ≫
・2018年11月臨時増刊号 救急IVR手技詳説 with WEB 動画 ≫
・2018年12月号 乳癌に対する集学的治療 ≫
・2019年1月号 胸部の最新画像情報2019 ≫
・2019年2月号 前立腺癌の診断から治療まで ≫
・2019年3月号 全身拡散強調画像の歴史と発展 ≫
・2019年4月臨時増刊号 乳癌の診断と治療 ≫
・2019年4月号 肝胆膵領域の画像診断─良悪性疾患の鑑別を中心に─ ≫
・2019年5月号 治療関連肺障害の画像診断 ≫
・2019年6月号 腹部の最新画像情報2019 ≫
・2019年7月号 診断・放射線治療におけるAIの展開 ≫
・2019年8月号 注意したいFDG-PET/CTでの見逃しと読み過ぎ ≫
・2019年9月号 放射線治療に役立つ新たな画像診断技術 ≫
・2019年10月号 放射線療法と免疫療法との併用療法を考える ≫
・2019年11月号 これから研究・論文執筆をはじめる先生へ ≫
・2019年12月号 Theranosticsによる個別化医療の未来 ≫
・2020年1月号 胸部の最新画像情報2020(1/15配信)≫
・2020年2月号 がん診療におけるIVRの未来(2/15配信)≫
・2020年3月号 専門診療科に繋げる:遺伝性疾患の鑑別診断(3/15配信)≫
・2020年4月号 まれな感染症ーウイルス,細菌,寄生虫,輸入感染症(4/16配信)
・2020年5月号 腹部の最新画像情報2020(5/15配信)
・2020年6月号 骨転移:エビデンスをいかに解釈し臨床現場に生かすか(6/15配信)
・2020年7月号 マルチモダリティでの心臓虚血診断(7/15配信)
・2020年8月号 α線,β線治療:基礎から臨床への創薬プロセス(8/15配信)
・2020年8月臨時増刊号 Q&Aでまとめる!予後予測・治療効果予測の画像検査(8/21配信)
・2020年9月号 高精度緩和照射(9/15配信)
・2020年10月号 脳アミロイドPET 診療を開始するにあたって(10/15配信)
・2020年11月号 画像診断に必要なartifactsの知識(11/15配信)
・2020年12月号 CTとMRI のサインから読み解く病態・病理(12/15配信)

※配信予定は変更になる場合がございます。

眼科

整形・災害外科

皮膚科の臨床

薬局

毎号,疾患や薬剤等にスポットを当て,定番の最新情報のみにとどまらず,臨床現場で即戦力となる実践的な情報,さらには情報の裏づけとなる専門的知見に至るまで,斬新な切り口によって誌面を構成しています.

Rp.+レシピプラス

毎号,保険薬局薬剤師の臨床現場で注目されている薬剤や疾患を取り上げ,「やさしく・くわしく・強くなる!」をコンセプトに解説.基礎的な疾患・検査の知識を確認しながら,患者背景を理解し,「なぜ?」を解消することで臨床力を磨けます.オールカラーでみやすい人気の季刊誌.

Gノート