盛永 審一郎:4件

ポイント率が高い順

20件

安楽死を考えるために 思いやりモデルとリベラルモデルの各国比較
安楽死を考えるために 思いやりモデルとリベラルモデルの各国比較

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

安楽死法や支援自死を法律で許容する国はなぜ増えているのか?導入されている国々の安楽死法を基礎づけている「人間の権利」や,さらにはその権利の根底にある道徳原則について,各国事例の詳細な分析から安楽死の法・原理の鳥瞰図を具体的に描き出し,我が国にとって,安楽死法はどうあるべきかをじっくりと議論する上での...

終末期医療を考えるために 検証 オランダの安楽死から
終末期医療を考えるために 検証 オランダの安楽死から

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

生命終結のありかたをめぐる、日本における終末期医療のあるべき姿について考えるために書かれた一冊。 オランダで耳鳴りによる耐えがたい苦痛から、安楽死を望み永眠した女性のケースを取り上げ、患者の死ぬ権利、医師の側における死の介助を拒否する権利など、さまざまな見地から検討されてきたオランダの安楽死法制定に...

教養としての生命倫理
教養としての生命倫理

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

テーマ主義で重要ポイントがよく理解できる!大事なトピックを読みやすくまとめたコラムも充実! 見開き2ページ・ワンテーマでの読みやすさが特徴。生命倫理の重要テーマを分かりやすく解説したテキスト。将来医療専門職を目指す学生だけでなく、現代社会を構成する全ての人にとって、生命倫理の可能性を考える書。

シリーズ生命倫理学 第6巻 生殖医療
シリーズ生命倫理学 第6巻 生殖医療

¥6,380

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

生殖医療は他分野とは比べものにならないくらい急速に展開してきた、そして今も発展しつつある領域である。そのため、医学・医療の進捗に対し、生命倫理をはじめとする社会的評価が後追いしている状況にある。本書は、生殖医学ならびに倫理学の個々の領域のリーダーである著者たちが、その最前線の現場、研究内容をアップ・...