医学一般:357件

ポイント率が高い順

20件

別冊「医学のあゆみ」マイナーエマージェンシー対応のススメ――咬まれた!刺された!取れなくなった!! 救急で出会ったあんな症例こんな治療
別冊「医学のあゆみ」マイナーエマージェンシー対応のススメ――咬まれた!刺された!取れなくなった!! 救急で出会ったあんな症例こんな治療

¥5,390

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

こんな症例に出会ったら,あなたは対応できますか? 現場で苦戦するかもしれない,少し変わった症例を紹介! ●本書は,救急医学の主要な疾患・病態を体系的にまとめたものではなく,執筆陣の実際の経験を中心に症例を紹介している. ●異物除去,骨折,動物咬傷からヘビの鑑別まで,外来診療で遭遇したら戸惑うかもしれ...

医学のあゆみ288巻13号 遺伝統計学の新潮流―新規創薬・個別化医療への挑戦
医学のあゆみ288巻13号 遺伝統計学の新潮流―新規創薬・個別化医療への挑戦

¥6,600

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・一細胞解析に象徴される新しいオミクス技術が,大規模ヒトゲノム配列との統合を経て生命現象の解釈を可能にしつつある.ゲノム個別化医療・創薬の重要性は広く一般認識されるに至った. ・遺伝統計学も古典的な遺伝-形質関連解析から脱皮し,分子細胞生物学,情報学,数理科学,疫学,臨床医学と自在に組み手を行う,さ...

医学のあゆみ289巻3号 がん微小環境の統合的解明と治療への応用
医学のあゆみ289巻3号 がん微小環境の統合的解明と治療への応用

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
4月17日 12:00 先行予約
お気に入り

・現在,がんそのものを標的とするだけでなく,がんを取り囲む微小環境を標的とした治療法の開発が盛んに行われるようになってきている. ・近年,腫瘍組織に含まれる免疫細胞・間質細胞との相互作用や,細菌叢を含めた臓器連関などによる腫瘍増殖誘導機構が次々に解明されており,改めて腫瘍増殖におけるがん微小環境の重...

医学のあゆみ289巻2号 ニューロエコノミクス(神経経済学)とは何か?―ヒトの価値観が生まれる脳の仕組みの理解とその先の未来
医学のあゆみ289巻2号 ニューロエコノミクス(神経経済学)とは何か?―ヒトの価値観が生まれる脳の仕組みの理解とその先の未来

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・神経経済学は“ヒトの脳が価値を評価する仕組み”を問う学問である.日本ではまだまだなじみの低いニューロエコノミクス(神経経済学)であるが,2000年初頭のアメリカで産声を上げた. ・われわれヒトの脳は意識的に,または無意識的に物事の良しあしを判断して行動を決めることを繰り返すので,ほぼすべての日常行...

医学のあゆみ289巻1号 不整脈学の新潮流―基礎研究・医工連携からAIの社会実装まで
医学のあゆみ289巻1号 不整脈学の新潮流―基礎研究・医工連携からAIの社会実装まで

¥2,970

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・現在の不整脈学は,AIの応用,非侵襲的生体信号計測,遠隔モニタリングなどの医工連携を中心にした新技術により近年大きな変革を遂げている. ・これらの不整脈学の新潮流は,不整脈専門医のみならず,多くの先生方の日常診療を変える可能性を秘めており,今後,健康診断への応用なども期待される. ・本特集では,医...

医学のあゆみ288巻12号 GLP-1受容体作動薬・GIP/GLP-1受容体作動薬―非臨床・臨床のエビデンスと実臨床における注意点
医学のあゆみ288巻12号 GLP-1受容体作動薬・GIP/GLP-1受容体作動薬―非臨床・臨床のエビデンスと実臨床における注意点

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・近年,2型糖尿病の治療法はめざましい進化を遂げており,個人の病状や併発症,生活習慣や好みに応じた治療薬の選択が可能になりつつある. ・特に,インクレチンの作用に基づく治療薬は,血糖値の改善や体重減少だけでなく,心血管疾患,糖尿病関連腎臓病,代謝性機能障害に伴う脂肪肝疾患などへの追加的な利益が期待さ...

医学のあゆみ288巻11号 アナフィラキシー up to date 2024
医学のあゆみ288巻11号 アナフィラキシー up to date 2024

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・日本アレルギー学会(JSA)では,2022年8月末に世界アレルギー機構(WAO)の「アナフィラキシーガイダンス2020」をベースに,アナフィラキシーガイドラインを8年ぶりに改訂した. ・診断基準が3つから2つに簡素化され,アレルゲンの曝露や曝露が疑われる場合には,単独の呼吸器症状(気管支攣縮・喉頭...

医学のあゆみ288巻10号 行動変容による疾病の予防
医学のあゆみ288巻10号 行動変容による疾病の予防

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・行動変容を含む習慣変容には,(1)何をどうするのが必要か,またその理由は何かという知識,(2)自分の習慣を変えようとする意欲,(3)必要な行動変化を起こし,それを続けるための技術,という3つの要素が不可欠である. ・本特集では,生活習慣病における高リスク者や低リテラシー層,若年層の健康維持・向上,...

医学のあゆみ288巻9号 成人診療医にも知ってもらいたい小児神経疾患診療のポイント
医学のあゆみ288巻9号 成人診療医にも知ってもらいたい小児神経疾患診療のポイント

¥2,970

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・重症小児疾患は成人期まで生活できるようになり,成人病態の治療に対して成人科の受診が必要になってきた.その際,成人科での診療にスムーズに移行しないことが多く,小児-成人移行期医療という社会問題になってきた. ・しかしこれは,遺伝子治療も含めた医療の進歩により重症小児疾患の救命が可能になり,予後も改善...

医学のあゆみ288巻6号 消化器外科領域におけるロボット手術の最前線
医学のあゆみ288巻6号 消化器外科領域におけるロボット手術の最前線

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・日本では手術支援ロボットが,2012年に前立腺全摘が保険収載されると泌尿器科を中心に普及し,2018年以降,食道,胃,直腸の消化器外科領域でも広がり,現在では肝臓や膵臓,結腸でも保険適用となっている. ・ロボット手術の急速な普及を受け,2023年度から日本内視鏡外科学会技術認定制度において,食道,...

別冊「医学のあゆみ」 医療DX――進展するデジタル医療に関する最新動向と関連知識
別冊「医学のあゆみ」 医療DX――進展するデジタル医療に関する最新動向と関連知識

¥5,390

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

医療現場で進むデジタルトランスフォーメーション(DX)の具体例と,サイバーセキュリティや法律・制度上の課題など今後の道筋を一挙解説! ●産業界において進みつつあるデジタルトランスフォーメーション(DX)は,医療現場においてもすでに揺籃期を過ぎようとしている.さまざまな視点から,現状の技術動向を俯瞰し...

医学のあゆみ288巻4号 百寿者研究から探る健康長寿への道
医学のあゆみ288巻4号 百寿者研究から探る健康長寿への道

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・健康長寿のモデルである百寿者から元気で長生きの秘訣を探ろうという百寿者研究は,2000年代に入ると長寿化を背景として中国,オーストラリア,南米の国々へ世界的な広がりをみせている. ・研究内容も近年では次世代シーケンス技術,オミクス解析,シングルセル発現解析技術を応用して,分子・細胞レベルの健康長寿...

医学のあゆみ288巻3号 CAR-T細胞療法の最前線―現状と残された課題
医学のあゆみ288巻3号 CAR-T細胞療法の最前線―現状と残された課題

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・世界初のCD19 CAR-T細胞が米国で承認され, T細胞が主要組織適合抗原非依存性に,抗体の特異性によってがん細胞上の抗原に結合し,直接傷害することが可能になり,抗体製剤の反復投与も不要となった. ・CAR-T細胞療法は,抗原を喪失した腫瘍細胞の出現により再燃をきたす.腫瘍微小環境を有するソリッ...

医学のあゆみ288巻2号 リキッドバイオプシーを用いたがん診療の未来図――早期発見から個別化治療まで
医学のあゆみ288巻2号 リキッドバイオプシーを用いたがん診療の未来図――早期発見から個別化治療まで

¥1,650

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・リキッドバイオプシーはがん領域において今や単なる研究の1ツールではなく,診断や治療に欠かすことのできない重要な検査となりつつある. ・進行がんのがんゲノムプロファイリングのみならず,切除可能ながんの再発リスクを予測する微小残存病変(MRD)検出や,がん検診におけるがん早期発見といった活用の可能性も...

医学のあゆみ287巻13号 アルツハイマー病―研究と治療の最前線
医学のあゆみ287巻13号 アルツハイマー病―研究と治療の最前線

¥6,490

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・わが国でアルツハイマー病(Alzheimer’s disease:AD )に代表される認知症を患われる方の数は数百万名にのぼり,社会損失は年間十数兆円に達し,われわれ国民の社会生活,経済活動にも重大な影響を及ぼしはじめている. ・2023年に日米で薬事承認されたレカネマブはADの進行を抑える効果が...

医学のあゆみ287巻11・12号 生体膜研究の基礎と応用
医学のあゆみ287巻11・12号 生体膜研究の基礎と応用

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・“生体膜”は細胞内外,あるいは細胞内の区画の仕切りを担う構造体で,リン脂質,コレステロール,スフィンゴ糖脂質を中心とした脂質二重膜と,膜貫通型タンパク質,あるいは表在型膜タンパク質から構成されている. ・近年の質量分析計の進化や新規プローブの開発により脂質分子の組成や局在の解析が可能になりつつある...

医学のあゆみ287巻10号 補体revisited―抗補体療法はどこまで進んだか?
医学のあゆみ287巻10号 補体revisited―抗補体療法はどこまで進んだか?

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・補体には感染防御に働く液性因子としての役割のほか,凝固系の活性化,免疫細胞の増殖や活性化,上皮細胞,神経細胞や骨などの臓器形成,組織の再生など“多面的”な機能を有することが明らかになってきた. ・補体の過剰な活性化は,自己免疫疾患,腎炎,心筋梗塞や脳梗塞などでの虚血再灌流障害,神経変性疾患,移植片...

医学のあゆみ287巻9号 質量分析イメージング法を用いた創薬・医学研究――時空間マルチオミクスの力
医学のあゆみ287巻9号 質量分析イメージング法を用いた創薬・医学研究――時空間マルチオミクスの力

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・質量分析イメージング法を主題とした医学・創薬研究について,質量分析イメージング法の基礎から応用,海外動向に至るまでを俯瞰し,同技術の可能性と課題について,専門家が最新の成果と将来展望を紹介している. ・工学,理学,薬学,農学,医学分野から,質量分析イメージング法の基礎理論,対象分子のイメージングの...

医学のあゆみ287巻8号 Onco-Cardiology――最新ガイドラインと今後の課題
医学のあゆみ287巻8号 Onco-Cardiology――最新ガイドラインと今後の課題

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・がん治療の進歩に伴い,心疾患患者のがん罹患事例やがん患者の治療関連心血管毒性(CTR-CVT)発症事例が増えてきており,腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)の重要性が注目されている. ・腫瘍循環器学は,がん治療を最適化するために循環器医とがん治療医が協働で行う学問で,CTR-CVTの適切...

医学のあゆみ287巻7号 肺癌に対する薬物治療の最前線
医学のあゆみ287巻7号 肺癌に対する薬物治療の最前線

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

・コロナ禍のなかにあっても肺癌治療の進歩は着実に続いている.免疫チェックポイント阻害薬治療が悪性黒色腫に続いて2015年12月に非小細胞肺癌に適応となり,その後,多くの臓器癌に適応が広がっていった. ・2004年に,ドライバー遺伝子変異EGFRが肺癌において発見されて以来,分子標的薬治療が他臓器癌に...