臨牀消化器内科:79件

ポイント率が高い順

20件

臨牀消化器内科 Vol.39 No.2 特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.2 特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」 これまでも,本誌においてIBDの特集を編纂し,そのときそのときのIBD診療の最新の一断面についてお伝えしようとしてきました.ただ,毎年のように新たな薬剤が登場し,ちょっと前にupdateした知識は今はもう少し古くなっているというような...

臨牀消化器内科 Vol.39 No.1 特集「消化器内視鏡診療における鎮静」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.1 特集「消化器内視鏡診療における鎮静」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本邦においても内視鏡検診の時代にもなり,苦痛なく内視鏡検査・治療を行うことで,コンプライアスの向上による早期診断,さらには予後改善,また治療内視鏡の成績向上につなげていくか,ということを考える時代になっている.

臨牀消化器内科 Vol.38 No.12 特集「非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診療方針」
臨牀消化器内科 Vol.38 No.12 特集「非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診療方針」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

変化・進歩しつつある非乳頭部十二指腸腫瘍診療の現況を解説し,今後の「十二指腸癌診療ガイドライン」改訂の方向を示すために本特集を企画した.明日からの診療に役立てていただけることを願っている.

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際」  本特集では、日常診療で遭遇することの多い「消化管出血」をテーマとして取り上げ、疫学から診断手順、疾患別の治療ストラテジーについて、最新情報と診療の実際を詳しく解説していただいた。

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.10 ここまで進んだ肝硬変診療
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.10 ここまで進んだ肝硬変診療

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「ここまで進んだ肝硬変診療」  肝硬変には肝予備能や予後・QOL の改善が期待できない限界点,すなわち「Point of No Return」も存在します.「これからの肝硬変診療」は「Point of No Return」を明らかにし,乗り越えていくことではないでしょうか.

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.9 GERD 診療Update 2023
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.9 GERD 診療Update 2023

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「GERD 診療Update 2023」  本特集は,2021年に「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2021」(改訂第3版)が発刊されたことを踏まえ,わが国のGERD 診療の現況と実践について,各分野のエキスパートの先生方に概説いただく目的で企画された.(巻頭言より抜粋) ≫ 「臨牀消化...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.8 急性膵炎診療ガイドライン改訂とPancreatitis Bundlesを読み解く
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.8 急性膵炎診療ガイドライン改訂とPancreatitis Bundlesを読み解く

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「急性膵炎診療ガイドライン改訂とPancreatitis Bundlesを読み解く」  「急性膵炎診療ガイドライン」は2003年に本邦初のevidence-base medicine(EBM)の手法に則って作成された診療ガイドラインで,その後,2007年,2009年に改訂され,世界で初めてPan...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.7 増刊号「肝疾患―診療のチェックポイント2023」
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.7 増刊号「肝疾患―診療のチェックポイント2023」

¥6,600

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「肝疾患―診療のチェックポイント2023」  本増刊号では,さまざまな肝疾患の診断ならびに治療の進化について,消化器・肝臓系の主要学会で発表演者として第一線で活躍される日本肝臓学会の先生方にご執筆いただきました.(序文より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はP...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.6 臨床に必要な消化管アレルギー疾患
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.6 臨床に必要な消化管アレルギー疾患

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「臨床に必要な消化管アレルギー疾患」  本邦において全般的にアレルギー疾患は増加傾向にあり,消化管領域でも好酸球性食道炎の罹患率は増加しつつある.最近,学会などにおいても好酸球性消化管疾患やアレルギー性消化管疾患は主題のテーマとして取り上げられる機会が増加している.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.5 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.5 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術」 消化管狭窄に対するEBDは、一般の急性期病院であれば、頻度は高くないが、時に必要となる内視鏡手技である。手技の難易度は高くはなく、ある程度の内視鏡経験があれば実施可能である、ひとたび穿孔等の偶発症が生じると重篤化する症例もあり、安全にEBDを実施する...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.3 黄疸を極める
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.3 黄疸を極める

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「黄疸を極める」 本特集は,黄疸について幅広くかつ最新の情報を学べる貴重な機会となったと思う.また学問としても非常に面白く,とくに腸肝循環についてはまだまだ未知の部分が多い領域であり,今後のさらなる発展を期待したい.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.2 膵癌の早期診断-診療ガイドラインの改訂を踏まえて
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.2 膵癌の早期診断-診療ガイドラインの改訂を踏まえて

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「膵癌の早期診断-診療ガイドラインの改訂を踏まえて」 膵癌の予後は依然として不良である.現在,膵癌の相対5 年生存率は10%前後と報告されている.地域医療圏では“膵癌と診断され5 年生存した患者”を経験している臨床医は少数であり,“膵癌は早期診断できないもの”とその壁の高さを嘆く声を耳にしてきた...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.1 消化管内視鏡治療のリスク克服に向けて
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.1 消化管内視鏡治療のリスク克服に向けて

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管内視鏡治療のリスク克服に向けて」 内視鏡治療は,大きく待機的(予定された)内視鏡と緊急内視鏡に,また通常(普及した)内視鏡と先進内視鏡に分けることができ,一般的にいずれも後者のほうが治療に伴う偶発症リスクが高い.今回の特集では,治療内視鏡を待機的,緊急,先進という3 つのカテゴリーに分け...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.13 肝の超音波を知り尽くす-肝腫瘍の診断と治療支援
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.13 肝の超音波を知り尽くす-肝腫瘍の診断と治療支援

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「肝の超音波を知り尽くす-肝腫瘍の診断と治療支援」 びまん性肝疾患同様,肝腫瘍の画像の成り立ちを考えると忠実に血流や組織を反映した画像を得ることができる.肝腫瘍の画像と病理診断はわが国が世界のトップリーダーといっても過言ではない.(編集後記から抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバー...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.12 肝の超音波を知り尽くす-びまん性肝疾患の診断
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.12 肝の超音波を知り尽くす-びまん性肝疾患の診断

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「肝の超音波を知り尽くす-びまん性肝疾患の診断」 本特集は,初学者の先生には超音波検査についての最新知識の習得に,肝臓専門医の先生には各検査の現況把握や用語の整理などに役立てていただけるものと考えている.(巻頭言から抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.11 外来で行う消化器がん薬物療法のコツ-専門医からのアドバイス
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.11 外来で行う消化器がん薬物療法のコツ-専門医からのアドバイス

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「外来で行う消化器がん薬物療法のコツ-専門医からのアドバイス」 近年,多くのがん薬物療法が“入院から外来へ”移行しつつある.  本特集には,医療の質と患者満足度の高いがん薬物療法を外来で行うエッセンスがちりばめられている. ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.9 増刊号 食道疾患の診療
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.9 増刊号 食道疾患の診療

¥6,600

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「食道疾患の診療」 本増刊号を企画して,この14 年間における食道疾患診療の目覚ましい進歩を実感した.本増刊号が読者の先生方の診療,研究に,少しでもお役に立てば幸甚である.(序文より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.10 胆道ドレナージのすべて-適応・方法
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.10 胆道ドレナージのすべて-適応・方法

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「胆道ドレナージのすべて-適応・方法」 胆道ドレナージ(広義)は胆道外瘻術(狭義の胆道ドレナージ)と胆道内瘻術を含む.本号では広義の胆道ドレナージについて特集した.胆道ドレナージはドレナージされる部位によって,胆管ドレナージと胆嚢ドレナージに分けられる.近年の胆道ドレナージ法の進歩はめざましい....

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.8 ウイルス肝炎制御時代の肝発癌
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.8 ウイルス肝炎制御時代の肝発癌

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「ウイルス肝炎制御時代の肝発癌」 C型肝炎関連肝癌は減少した.しかし現在,非B 非C型肝癌の増加が著しく,50%を超えている.この状況にしっかりと対応していく必要がある. ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス...

臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.7 Common diseaseとなった 潰瘍性大腸炎の現状と診療のコツ
臨牀消化器内科 2022 Vol.37 No.7 Common diseaseとなった 潰瘍性大腸炎の現状と診療のコツ

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「Common disease となった 潰瘍性大腸炎の現状と診療のコツ」 世の中には,炎症性腸疾患診療をきちんと指導してくれる先輩医師はおらず,独学でなんとか患者のためになる医療を提供しようとしている方が多いことと思う.そのような先生方のため,少しでも診療のお役に立てれば,と本特集を企画した....