実験医学:124件

人気順

20件

実験医学増刊 Vol.35 No.20 総力戦で挑む老化・寿命研究
実験医学増刊 Vol.35 No.20 総力戦で挑む老化・寿命研究

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

超高齢社会を迎え,老化・寿命研究はどう進むのか? 老化機構を解き明かし制御する基礎研究の全体像と,社会実装の現状にいち早く迫る総説集.キーパーソンの本音に迫るインタビューも5本収録. > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

実験医学増刊 Vol.36 No.15 動き始めた がんゲノム医療
実験医学増刊 Vol.36 No.15 動き始めた がんゲノム医療

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

がん関連遺伝子を対象とするパネル検査が始まったいま,社会からの期待が高い「がんゲノム医療」の現状を整理して基礎研究上の課題を示し,さらなる進展に向けて研究者に何が求められているかを解説します. > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号 ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済...

実験医学増刊 Vol.36 No.7 超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス
実験医学増刊 Vol.36 No.7 超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

筋疾患から代謝・全身性制御へと広がる筋研究を、健康寿命の延伸につなげる。 超高齢社会の日本では,筋肉の量や機能を維持し健康寿命を伸ばすことが社会的に求められています。本書では,筋萎縮・肥大のメカニズムから代謝・臓器連関・筋疾患研究まで,骨格筋研究の最新知見をご紹介します。 > 実験医学 最新号・バッ...

実験医学増刊 Vol.36 No.5 レドックス疾患学
実験医学増刊 Vol.36 No.5 レドックス疾患学

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

レドックス(酸化還元)分野ではよく知られている活性酸素に加え,近年,窒素・硫黄活性種など多彩な分子が関連する報告が相次いでいます.本書では,関連分子の代謝・シグナル制御から様々な疾患との関連まで,最新の知見を紹介します. > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

実験医学増刊 Vol.36 No.10 脂質クオリティ
実験医学増刊 Vol.36 No.10 脂質クオリティ

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

生体膜の構成成分・エネルギー源・シグナル分子など多彩な役割をもつ脂質の「質」(構成する脂肪酸や極性頭部の種類)に着目し,その多様性が関与する生命現象や疾患の制御から最新の分析技術まで幅広く解説しました. > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

実験医学増刊 Vol.36 No.12 脳神経回路と高次脳機能
実験医学増刊 Vol.36 No.12 脳神経回路と高次脳機能

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

イメージングや光遺伝学など新たな解析技術により爆発的進歩を遂げた脳神経科学を総力特集!神経回路再編のメカニズムからヒトの心の源に迫る高次機能,精神・神経疾患まで,分野の最新像を29篇の総説で学べる > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

実験医学2018年11月号 急増する炎症性腸疾患に挑む
実験医学2018年11月号 急増する炎症性腸疾患に挑む

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

炎症性腸疾患(IBD)は,腸内細菌の“生態系”の破綻により発症すると考えられ,その維持機構の解明がすすめられています.栄養シグナル,生体バリア,再生医療と多角的視点から難病といわれるIBDの新規療法開発に挑む研究を紹介します. > 実験医学 最新号・バックナンバー・増刊号

実験医学2018年10月号 脂肪の量と質を制御する
実験医学2018年10月号 脂肪の量と質を制御する

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

良い脂肪と悪い脂肪がある?老化や炎症がもたらす脂肪組織の機能低下,世代を超えた脂肪酸代謝酵素のエピゲノム制御,異所性脂肪の両面的な機能など,「脂肪の量と質」の多様な制御を理解し,メタボ克服に挑む最前線 > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年9月号 疾患を制御するマクロファージの多様性
実験医学2018年9月号 疾患を制御するマクロファージの多様性

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

近年,組織特異的なマクロファージの発見が相次ぎ,それぞれの機能や疾患との関連が明かされはじめています.治療標的として期待されるマクロファージの「多様性」に迫る最新研究をご紹介します. > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年8月号 サイズ生物学
実験医学2018年8月号 サイズ生物学

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

分裂後の細胞内小器官、半分に切られたプラナリア、成長・発生する臓器…生命は自分の「ちょうどよい数・大きさ」をどうやって知っているのか?実験と理論の両面から追う. > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年7月号 次世代抗体医薬の衝撃
実験医学2018年7月号 次世代抗体医薬の衝撃

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

タンパク質工学の発展により,従来の抗体に「機能」を付加した次世代型の抗体医薬が,複数点上市間近に迫っています.新薬の開発状況と,次の創薬開発で鍵となる最新の抗体工学を紹介します! > 実験医学バックナンバー ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン...

実験医学2018年6月号 がんは免疫系をいかに抑制するのか
実験医学2018年6月号 がんは免疫系をいかに抑制するのか

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

がんと免疫のデッドヒートはどこまで解明されたのか?抵抗性・併用療法のメカニズムから、免疫チェックポイント分子の進化的な意味まで、がん免疫療法の真の標的を追う! > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年5月号 クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ
実験医学2018年5月号 クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

今これまで見ることができなかった様々なタンパク質の高分解能構造が,クライオ電子顕微鏡を用いることで次々と明かされています.何が見えるようになったのか,さらにそこから何が分かるのかまで研究事例ごとに紹介します. > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年4月号 一次繊毛の世界 細胞から突き出した1本の毛を巡る論争
実験医学2018年4月号 一次繊毛の世界 細胞から突き出した1本の毛を巡る論争

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

細胞に1本生えたオルガネラ「一次繊毛」。小さいけれど、体軸の左右を決定し、網膜では光センサーとして働く生体で「最も重要な毛」です。繊毛はメカノセンサーか、シグナルセンターか?今最も熱い議論を紹介します > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年3月号 再発見!MYCの多機能性 グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子
実験医学2018年3月号 再発見!MYCの多機能性 グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

がん遺伝子やiPS細胞誘導因子として知られるMYC.がんにおける働きのみならず,幹細胞維持や分化における働きなど多機能性をいかに制御しているのかが明らかに.転写制御機構から創薬標的の可能性までMYCの新しい姿をご紹介. > 実験医学バックナンバー

実験医学2018年2月号 「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology ストレス・痛み・神経疾患と炎症・免疫反応のクロストーク
実験医学2018年2月号 「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology ストレス・痛み・神経疾患と炎症・免疫反応のクロストーク

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り
実験医学2018年1月号 どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!
実験医学2018年1月号 どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

新たな原理に基づくシークエンサーは解析対象・場所を選びません。これまで難しかったリピート配列や構造変異の解析、また小型の機器本体は医療現場での迅速感染症診断を可能に。各分野における最新研究成果をご紹介します! > 実験医学バックナンバー

実験医学2017年12月号 少数性生物学ってなんだ?
実験医学2017年12月号 少数性生物学ってなんだ?

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

「生命らしさ」の鍵は、マイノリティ因子の振る舞いにあり。ウイルスは何個で感染できるか?細胞間のシグナルはどう伝達されるのか?今もっとも「おもろい」生物学を紹介! > 実験医学バックナンバー

実験医学2017年11月号 造血研究―新時代への挑戦
実験医学2017年11月号 造血研究―新時代への挑戦

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

成体幹細胞研究の歴史は造血幹細胞から始まっています.そんな歴史の上に積み重なる造血研究はこれからどこへ向かうのか?造血幹細胞を中心とした血液システムの謎に気鋭の研究者たちが多角的に挑みます. > 実験医学バックナンバー

実験医学2017年10月号 オルガノイド4.0時代
実験医学2017年10月号 オルガノイド4.0時代

¥2,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

発生プロセス,再生医療,創薬スクリーニングと,多分野との融合で無限大の可能性を発揮する人工のミニ臓器「オルガノイド」が,日本発の技術とクリエイティビティを武器に,その研究の第4段階を迎える! > 実験医学バックナンバー