新NS NOW:19件

人気順

新NS NOW 2 若手脳神経外科医が経験したい手術アプローチ
新NS NOW 2 若手脳神経外科医が経験したい手術アプローチ

¥12,100

手術アプローチを理解すれば,病変,発生部位ごとにベストな治療法が選択できる! No.2では,手術アプローチを取り上げた。本書は,数あるアプローチのなかでも,特に若手脳外科医が知っておくべき基本的なものを厳選して取り上げた。第一線で手術をしている熟練医が,それぞれアプローチに必要な知識や,自身の体験か...

新NS NOW 17 脳動脈瘤 専門医になるための基本ポイント
新NS NOW 17 脳動脈瘤 専門医になるための基本ポイント

¥13,200

脳神経外科専門医を目指す若手医師必携,脳動脈瘤クリッピング術・外科的治療手技とその基本ポイント No.17では,「脳動脈瘤」を取り上げた。 本書では,専門医を目指す若手医師に向け,脳動脈瘤に対するクリッピング術・外科的治療手技を解説。経験豊かな執筆陣が,豊富なイラスト・写真とともにPitfall,E...

新NS NOW 13 脳室を征服する
新NS NOW 13 脳室を征服する

¥13,200

脳室を征服せよ。その後によく治めよ。 No.13では,側脳室,第三脳室,第四脳室に発症する病変に対し,どのような「体位」「アプローチ」「手技」で臨めばよいかを,診断や病理の写真を多数掲載し,手術手技はカラーイラストを中心に詳しく解説しています。正常な脳実質にできるだけダメージを与えることなく脳室に到...

新NS NOW 10 脳動静脈奇形治療のこれまでとこれから
新NS NOW 10 脳動静脈奇形治療のこれまでとこれから

¥12,100

脳神経外科のエベレスト登山。これまでを学び,これからを拓く。 No.10では「脳動静脈奇形治療のこれまでとこれから」をテーマに取り上げた。脳動静脈奇形に対する治療の変遷と現在のゴールドスタンダードを理解し,どのような症例にも適切な対応ができるようになるための知識を磨ける一冊である。 > 新NS NO...

新NS NOW 3 基本開頭術と頭蓋底開頭術
新NS NOW 3 基本開頭術と頭蓋底開頭術

¥12,100

速くてきれいで少出血。開頭・閉頭を究めよう! No.3では,開頭術を取り上げた。皮切や体位・各種器具の使用法など術前の知識に加え,基本となる開頭術,頭蓋底部の開頭術と若手脳外科医が必須とする開頭術の情報を一括で揃えている。開閉頭に精通した新進気鋭の医師たちが,初歩から応用まで,「なぜここでこうするの...

新NS NOW 18 Neurosurgical Controversies
新NS NOW 18 Neurosurgical Controversies

¥13,200

学会等では壇上で異なる治療法を比較して議論を戦わせるセッションがあるが,今回の Neurosurgical Controversiesでは,それを紙面で展開する。複数の治療法が適用できる11の疾患を取り上げ,各々に対する異なる治療を2〜3項目ずつ解説。紙上で各治療法を比較することができ,また各々の長...

新NS NOW 19 Advanced神経内視鏡手術 神経内視鏡の可能性をさらに拡げる
新NS NOW 19 Advanced神経内視鏡手術 神経内視鏡の可能性をさらに拡げる

¥13,200

『神経内視鏡手術 スタート&スタンダード』(2018年刊行)の応用編。神経内視鏡手術は2002年に保険収載され,また2006年から始まった技術認定制度によって術者が増え,現在では水頭症,脳内血腫,下垂体腫瘍の第一選択となっている。神経内視鏡手術がどのように発展し,応用されているかを解説する。 ナビゲ...

新NS NOW 15 脳幹・脳深部の手術
新NS NOW 15 脳幹・脳深部の手術

¥13,200

深奥をたどるための知識と手技を No.15では「脳幹・脳深部の疾患にいかにたどり着き治療するか」をテーマに取り上げた。脳幹・脳深部の手術が難しいと言われるのは,患部が脳表から遠くにあり慎重かつ繊細なアプローチと治療手技が必要とされることにある。 本書では各種手術に必要となるアプローチについて,解剖に...

新NS NOW 16 Neurosurgical Re-Operations
新NS NOW 16 Neurosurgical Re-Operations

¥13,200

今度こそ,より良く。「適切なタイミング」「的確な手技」によりそれを導くことを企図した一冊。 No.16では「脳神経外科における再手術・再治療」を取り上げた。 再手術は通常,初回手術に比べて難度が高い。徹底した術前準備に加え,手術手技にも瘢痕の切開や周辺組織へのダメージの確認,前回手術部の慎重な剥離・...

新NS NOW 1 バイパス術のすべて
新NS NOW 1 バイパス術のすべて

¥12,100

最も基本的な手技である「バイパス術」が究められる1冊 新NS NOW創刊号として,「バイパス術」を取り上げた。手術の低侵襲化が進むなか,バイパス術は脳神経外科手術における手術手技として,最も基本的かつ重要な手技であり,若手医師は必ず習得しておくべき技術である。 > 新NS NOWシリーズ