• M2PLUS
  • 泌尿器外科 2021年6月号(Vol.34 No.6)【特集】高齢者尿路上皮がん治療のコントロバシー―どこまで,どのように治療するか?―

泌尿器外科 2021年6月号(Vol.34 No.6)【特集】高齢者尿路上皮がん治療のコントロバシー―どこまで,どのように治療するか?―

  • ISBN : 9784865174229
  • ページ数 : 106頁
  • 書籍発行日 : 2021年6月
  • 電子版発売日 : 2022年8月5日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 高齢者尿路上皮がん治療のコントロバシー―どこまで,どのように治療するか?―
高齢者における膀胱全摘除術の適応・術式選択と代替療法/高齢者,CKD 患者における外科的治療と周術期化学療法の適応の考え方/周術期管理(血栓塞栓予防・抗血栓薬使用アセスメント)と 術後せん妄の予測・予防・管理 ほか

≫ 「泌尿器外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文


超高齢社会の本邦では高齢者の泌尿器がんをどこまで,どのように治療するかを日頃悩んでいる先生方が多いのではないか。その中で前立腺癌は手術以外に放射線療法や内分泌療法などの選択肢があり,生存率も良好なので患者の希望を反映した治療選択が高齢者においてもかなり可能である。また腎癌は高齢患者で手術をするか迷うケースもあるが,腹腔鏡下腎摘除術やロボット支援下腎部分切除術は比較的低侵襲に短時間で施行でき,術後管理もさほど困難ではないので,一旦手術すると決めれば解決できることが多い。

問題はTUR以外の手術を要する膀胱癌,腎盂尿管癌である。これらを高齢患者においてどこまで,どのように治療するかは大問題である。十分なエビデンスがない状況で治療法をどう選択し,どう施行・管理するか。また一概に高齢者といってもその全身状態は様々であり,それらを治療前にどう評価し,治療選択に結び付けたらよいのか。複雑な多次元方程式を最終的には臨床経験に基づいた「直観」で解かなければならない。

そこで本特集では,手術適応,周術期管理方法,薬剤選択,がんリハビリテーションについて最新の情報を提供したい。

まずは,「高齢者における膀胱全摘除術の適応・術式選択と代替療法」として,田中一先生(東京医科歯科大学)に尿路変向法の選択,4者併用膀胱温存療法を含めて解説していただく。「高齢者,CKD患者における外科的治療と周術期化学療法の適応の考え方」では,高齢者における術式・リンパ節郭清範囲の選択と腎機能を考慮した薬物療法の選択を近藤恒徳先生(東京女子医科大学東医療センター)に概説していただく。「周術期管理(血栓塞栓予防・抗血栓薬使用アセスメント)と術後せん妄の予測・予防・管理」を,大日方大亮君(日本大学)に簡潔にまとめてもらった。「泌尿器外科領域における術後回復促進策の実施」を第一人者である谷口英喜先生(済生会横浜市東部病院患者支援センター)に紹介いただく。「高齢者尿路上皮がんの薬物療法の適応・薬物選択と実際」として,従来の化学療法に加えて免疫チェックポイント阻害薬使用の実際を宮川仁平先生(東京大学)に解説していただく。今回の保険収載改定で導入された「がんリハ」については,その功労者である辻哲也先生(慶應義塾大学リハビリテーション医学教室)に「高齢尿路上皮がん患者のがんリハビリテーション」をご担当いただいた。最後は,「高齢膀胱全摘除術後患者のストーマ・排尿管理」として,米山高弘先生(弘前大学)に各種尿路変向における管理の注意点を解説していただく。

御多忙中またコロナ禍の中,執筆をご快諾いただいた先生方にお礼を申し上げる。本特集が皆様のお役に立てば幸甚である。


日本大学医学部泌尿器科学系泌尿器科学分野
髙橋 悟

■ 目次

特集:高齢者尿路上皮がん治療のコントロバシー―どこまで,どのように治療するか?―

序文

日本大学医学部泌尿器科学系泌尿器科学分野 髙橋 悟

高齢者における膀胱全摘除術の適応・術式選択と代替療法

東京医科歯科大学大学院腎泌尿器外科学 田中 一,他

高齢者,CKD 患者における外科的治療と周術期化学療法の適応の考え方

東京女子医科大学東医療センター泌尿器科 近藤 恒徳

周術期管理(血栓塞栓予防・抗血栓薬使用アセスメント)と術後せん妄の予測・予防・管理

日本大学医学部泌尿器科学系泌尿器科学分野 大日方大亮,他

泌尿器外科領域における術後回復促進策の実施

済生会横浜市東部病院患者支援センター 谷口 英喜

高齢者尿路上皮がんの薬物療法の適応・薬物選択と実際

東京大学医学部泌尿器科学教室 宮川 仁平,他

高齢尿路上皮がん患者のがんリハビリテーション

慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 辻 哲也

高齢膀胱全摘除術後患者のストーマ・排尿管理

弘前大学大学院医学研究科泌尿器科学講座 米山 高弘,他

連載

第125回 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング

腰部脊柱管狭窄症に対するラジオ波焼灼術により生じた腎盂尿管移行部狭窄にロボット支援

腹腔鏡下腎盂形成術を施行した1例

富山大学学術研究部医学系腎泌尿器科学講座 西山 直隆,他

第34回 泌尿器科診療に役立つ周辺手技と処置

薬疹の診断─知っていると役立つ基礎知識と新薬による最近の知見─

済生会横浜市南部病院皮膚科 松倉 節子

総説

新規アンドロゲン受容体阻害薬ダロルタミドの特徴および臨床試験成績:(第3回)薬物相互作用

バイエル薬品株式会社研究開発本部クリニカルサイエンス 橋爪 憲聖,他

臨床研究

腫瘍性尿管閉塞(MUO)に対する尿管ステント留置無効となる予測因子の検討

昭和大学藤が丘病院泌尿器科学講座 松井 祐輝,他

当院における120W GreenLight HPSを用いた経尿道的前立腺レーザー蒸散術(HPS-PVP)の術後3年の治療成績

大阪暁明館病院泌尿器科 篠原 雅岳,他

デガレリクス塩酸塩短期製剤から長期製剤切り替えによる有効性と安全性の検証

岩手県立大船渡病院泌尿器科 伊藤 明人,他

症例報告

球部尿道穿孔をきたした膀胱尿道異物の1例

市立伊勢総合病院泌尿器科 今村 哲也,他

尿管皮膚瘻患者で発生した腎盂内異物の1例

医療法人伯鳳会大阪中央病院泌尿器科 関井謙一郎,他

外照射と塩化ラジウム(Ra-223)内用療法を併用した骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌の1例

新久喜総合病院放射線科 牧野 壮壱,他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.6MB以上(インストール時:15.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:5.6MB以上(インストール時:15.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません