• m3.com 電子書籍
  • Medical Practice 2024年5月号(41巻5号) 機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群― 原因は腸か脳か〜最新科学が変える機能性消化管診療 ―

Medical Practice 2024年5月号(41巻5号) 機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群― 原因は腸か脳か〜最新科学が変える機能性消化管診療 ―

  • ページ数 : 144頁
  • 書籍発行日 : 2024年5月
  • 電子版発売日 : 2024年5月9日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群― 原因は腸か脳か〜最先端研究が変える機能性消化管診療 ―

特集テーマは「機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群~原因は腸か脳か─最先端研究が変える機能性消化管診療」.記事として,[座談会]機能性消化管疾患に対する検査と治療のさじ加減,[総説]機能性ディスペプシア(FD)診療ガイドライン2021改訂のポイント,[セミナー]機能性ディスペプシアの疫学,[治療]機能性消化管疾患に対する漢方薬療法.連載では,[One Point Advice],[知っておきたいこと ア・ラ・カルト] 他を掲載.


≫ 「Medical Practice」最新号・バックナンバーはこちら
「Medical Practice」年間購読、受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
「購入済ライセンス一覧」よりオンライン環境でPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。

序文

特集
機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群


本特集では,機能性消化管疾患である機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群について最新の知見を幅広くまとめ,実地医家の診療に役立てていただくことを目指しております.

近年の医学・科学技術の進歩は目覚ましく,消化器病領域の病態理解・診断技術・治療開発はわが国においても非常に早い勢いで進んでおります.消化器病,特に消化管疾患はわが国において有病率が高く,炎症性疾患や腫瘍性疾患といった器質的疾患が長年増加傾向にあります.さらに,器質的疾患ではないものの,患者のQOLが損なわれる機能性の消化管疾患も近年増加が著しく,治療に難渋するケースも多いことかと拝察します.これらの機能性疾患については,定量的な指標となる検査技術が少ないこともあり,また,心因性・社会性の要素も複雑に絡んでいることもあり,画一的な治療が難しいのが現状です.

そのような中でも,2014年に日本消化器病学会から機能性疾患についての診療ガイドラインが発表され,国内外のエビデンスに基づいた診療指針が立てられ,多くの臨床家の方々のお役に立ったことと思われます.その後,新薬の開発やエビデンスの確立などを反映させるため,2020~2021年には機能性消化管疾患ガイドラインの改訂作業が行われ,機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群の両疾患に対する改訂ガイドラインが策定されました.本特集では,改訂ガイドラインに基づいた診断・治療エビデンスを広くご紹介しています.また,小児や高齢者の機能性消化管疾患の症例も増加傾向であるため,日常診療で遭遇するこうした患者の診療にお役に立てるよう,各分野の専門家からのご意見も掲載しております.

機能性消化管疾患の病態にはゲノム,脳腸ペプチド,消化管運動異常,内臓知覚過敏,消化管免疫,粘膜透過性,腸内細菌,心理社会的因子などの多因子が関与しており,これらを総合的にとらえる概念としての脳腸相関の重要性に注目が集まっております.腸と脳,さらには肝臓などの他の臓器を結ぶ,双方向の神経ネットワークがさまざまな疾患や生理学的現象の制御システムとして非常に重要な役割を果たすことが,最新の基礎研究により明らかになっています.こちらについても,本領域における未来について読者の皆様の想像を広げていただきたく,専門の先生方にご解説をいただきました.

本特集によって,実地医家の先生方の機能性消化管疾患のさらなる理解と日常診療にお役立ていただければ幸いです.


早河 翼
東京大学大学院医学系研究科消化器内科学

目次

【特 集】

扉……早河 翼

座談会 機能性消化管疾患に対する検査と治療のさじ加減

出席者:金子 宏・中島 淳・早河 翼・小室一成

総説 機能性消化管疾患のup-to-date

機能性ディスペプシア(FD)診療ガイドライン2021改訂のポイント……春日井邦夫

過敏性腸症候群(IBS)診療ガイドライン2020改訂のポイント……奥村利勝

セミナー 機能性消化管疾患はなぜ起こり,どうやって診断するのか

機能性消化管疾患における脳腸相関の最新の知見……大島忠之ほか

機能性ディスペプシアの疫学……新井誠人

機能性ディスペプシアの病態と原因─脳-腸相関障害の観点から─……山口菜緒美ほか

機能性ディスペプシアの診断・検査……竹田 努ほか

過敏性腸症候群の疫学・分類……屋嘉比聖一

過敏性腸症候群の病態と原因……神谷 武

過敏性腸症候群の診断・検査……鳥居 明

機能性消化管疾患に関与する遺伝素因と腸内細菌……三上洋平ほか

小児の機能性消化管疾患診療……鵜飼聡士ほか

高齢者の機能性消化管疾患診療……内藤裕二

トピックス

腸が脳を支配する?腸脳相関研究の最前線……三上洋平ほか

ネズミもストレスでIBSを発症する……吉岡寿倫ほか

治療 機能性消化管疾患を日常診療でどう治療していくか

機能性ディスペプシアの治療の実際─最近のトレンド─……中村 拳ほか

過敏性腸症候群の治療の実際─分類別アプローチ─……穂苅量太ほか

機能性消化管疾患患者に対する食事・生活習慣指導の実際……新井絢也ほか

機能性消化管疾患に対する漢方薬療法……星野卓之

機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群の心理的アプローチ……浅見文邦ほか

この症例から何を学ぶか

強い腹部症状を伴う機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群の合併に対して,精神科介入が有効であった一例……畑 昌宏ほか

Self-assessment test

【連 載】

One Point Advice

痛みの功罪,無痛の功罪……芳賀信彦

急性期高齢者に実施が望ましい検査・処置……森本茂人

COVID-19 5類移行以降の発熱/風邪診療外来のリアル……永田理希

犬パスツレラが保有する毒素遺伝子……高橋 孝ほか

流行する梅毒の診断と紹介のポイント……池田麻穂子

わが心の肥満スティグマ─Obesity Stigma考─……辻野元祥

高齢者の転倒をそのままにしないで……中島 円

他医による不適切な診療をみたとき,医師はどう対応すべきだろうか……川畑信也

今月の話題

認知症施策と認知症基本法……石井伸弥

知っておきたいこと ア・ラ・カルト

1型糖尿病の個別化医療に向けて……今川彰久

エキスパートが教える問診の勘どころ

対話から拾い上げるコモンディジーズ

(第11回)「手の痛みがずっと続いています」……遠藤芽依ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.8MB以上(インストール時:44.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:79.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.8MB以上(インストール時:44.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:79.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011304105
  • ページ数:144頁
  • 書籍発行日:2024年5月
  • 電子版発売日:2024年5月9日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。