• M2PLUS
  • ベストセラー
  • 小児科 2020年4月臨時増刊号 61巻5号 特集 小児ガイドラインのダイジェスト解説&プログレス【電子版】

小児科 2020年4月臨時増刊号 61巻5号 特集 小児ガイドラインのダイジェスト解説&プログレス【電子版】

金原出版

  • ISBN : 9784003606105
  • ページ数 : 372頁
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年5月22日
  • 判 : 指定なし
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,800 (税込)
ポイント : 160 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

1 気管支喘息
 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017
2 食物アレルギー
 食物アレルギー診療ガイドライン2016(2018年改訂版)
 食物アレルギーの診療の手引き2017
3 アナフィラキシー
 アナフィラキシーガイドライン


小児科シリーズ バックナンバー

小児科(2020年度年間購読)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

※使用許諾の関係で,p.472, 517の図,p.474, 515の表は収載していません。
※立ち読みで一部不整なページを確認しており、現在対応中です。

■ 序文

医学は日進月歩,ものすごい勢いで進歩しています.小児科学も例外ではありません.しかも情報が氾濫する現代において,診療する側もされる側も何を信じればよいのかわからなくなります.そのような社会的背景のもと,診療ガイドラインが次々と作成されています.それぞれの学会のエキスパートがクリニカル・クエスチョンを設定し,文献を網羅的に解析し,推奨度を判定して作成されたものです.もちろん一つ一つの疾患についてすべてのガイドラインを手元に置いて診療すべきなのかもしれませんが,流石にそれは現実的ではありません.また,ガイドライン自体は往々にして無機質的な表現ばかりになりがちで,現場で活用するには今ひとつピンと来ないという感想をお持ちの諸兄も多いのではないかと推察いたします.

本書はさまざまな診療ガイドラインが出揃ってきた今日の段階で,主要な疾患に絞って1 冊にまとめ,さらにガイドライン原文では伝わりきらない生きた情報として,専門家の解説を加えたものです.ぜひ手元においていただき,擦り切れるまで活用していただきたいという願いが込められています.とはいえ,おそらく数年単位で改訂版を用意しなければならなくなる運命だと思います.

何が何でもガイドラインに縛られる必要はありませんが,現時点での標準的な考え方を知ったうえで,患者さんと情報を共有しながら診療を進めることが何よりも大切だと思います.血の通った診療のためにこそ,本書をご活用いただきたいと願っています.


「小児科」編集者一同

■ 目次

<アレルギー>

1 気管支喘息

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017

2 食物アレルギー

食物アレルギー診療ガイドライン2016(2018年改訂版)

食物アレルギーの診療の手引き2017

3 アナフィラキシー

アナフィラキシーガイドライン

4 新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症(新生児・乳児消化管アレルギー)

新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症 Minds準拠診療ガイドライン(実用版)

5 アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018

6 アレルギー性鼻炎

鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版

<呼吸器>

7 咳嗽

小児の咳嗽診療ガイドライン

<感染症>

8 呼吸器感染症

小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017

9 ヘリコバクター・ピロリ感染症

ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療と管理ガイドライン2018(改訂2版)

10 パリビズマブの投与

日本におけるパリビズマブの使用に関するコンセンサスガイドライン

<神経>

11 けいれん重積状態

小児けいれん重積治療ガイドライン2017

12 熱性けいれん

熱性けいれん診療ガイドライン2015

13 急性脳症

小児急性脳症診療ガイドライン2016

14 てんかん

てんかん診療ガイドライン2018

15 注意欠如・多動症(ADHD)

注意欠如・多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン 第4版

<心身医学>

16 くり返す腹痛

くり返す子どもの痛みの理解と対応ガイドライン-腹痛編

17 くり返す頭痛

くり返す子どもの痛みの理解と対応ガイドライン-頭痛編

18 摂食障害

小児科医のための摂食障害診療ガイドライン

19 不登校

小児科医のための不登校診療ガイドライン

20 小児起立性調節障害

小児起立性調節障害診断・治療ガイドライン(改訂第2版)

<リウマチ>

21 若年性特発性関節炎

若年性特発性関節炎診療ハンドブック2017

22 若年性皮膚筋炎

若年性皮膚筋炎(JDM)診療の手引き 2018年版

23 シェーグレン症候群

小児期シェーグレン症候群(SS)診療の手引き 2018年版

24 全身性エリテマトーデス

小児全身性エリテマトーデス(SLE)診療の手引き 2018年版

<血液・腫瘍>

25 小児白血病・リンパ腫

小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン2016年版

26 小児がん

小児がん診療ガイドライン2016年版

<代謝・内分泌>

27 バセドウ病

小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016

甲状腺クリーゼ診療ガイドライン2017

28 ポンペ病

ポンペ病診療ガイドライン2017

29 副腎白質ジストロフィー

副腎白質ジストロフィー(ALD)診療ガイドライン2019

<循環器>

30 学校心臓検診

2016年版 学校心臓検診のガイドライン

31 不整脈疾患の学校生活管理

器質的心疾患を認めない 不整脈の学校生活管理指導ガイドライン(2013年改訂版)

32 心不全の薬物療法

小児心不全薬物治療ガイドライン

33 先天性心疾患・小児期心疾患

先天性心疾患並びに小児期心疾患の診断検査と薬物療法ガイドライン(2018 年改訂版)

34 川崎病急性期

川崎病急性期治療のガイドライン(平成24年改訂版)

<消化器>

35 小児急性胃腸炎

小児急性胃腸炎診療ガイドライン2017

36 虫垂炎

小児虫垂炎診療ガイドライン2017

37 慢性機能性便秘症

小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン

38 腸重積症

小児腸重積症ガイドライン

39 胃食道逆流症

小児胃食道逆流症診断治療指針

40 Wilson病

Wilson病診療ガイドライン2015詳細版

41 クローン病

小児クローン病治療ガイドライン

<腎・泌尿器>

42 血尿

血尿診断ガイドライン2013

43 IgA腎症

小児IgA腎症治療ガイドライン1.0版

44 特発性ネフローゼ症候群

小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013

45 思春期・青年期の慢性腎臓病

思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド

46 先天性水腎症

小児先天性水腎症(腎盂尿管移行部通過障害)診療手引き2016

47 膀胱尿管逆流

小児膀胱尿管逆流(VUR)診療の手引き2016

48 停留精巣

停留精巣診療ガイドライン

49 夜尿症

夜尿症診療ガイドライン2016

<耳鼻科>

50 急性中耳炎

小児急性中耳炎診療ガイドライン2018年版

51 滲出性中耳炎

小児滲出性中耳炎診療ガイドライン2015年版

52 急性鼻副鼻腔炎

急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン

53 尋常性挫瘡

尋常性挫瘡治療ガイドライン2017

<新生児>

54 新生児マススクリーニング対象疾患等

新生児マススクリーニング対象疾患等診療ガイドライン2019

55 新生児の痛み

NICUに入院している新生児の痛みのケアガイドライン2020年(改訂)版

56 新生児への鉄剤投与

新生児に対する鉄剤投与のガイドライン2017

57 新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症

新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症に対するビタミンK製剤投与の改訂ガイドライン(修正版)

<虐待>

58 子ども虐待

子ども虐待診療の手引き 第2版

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.1MB以上(インストール時:42.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.1MB以上(インストール時:42.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません