英語力ゼロからの国際学会成功ガイドブック

  • ページ数 : 88頁
  • 書籍発行日 : 2024年2月
  • 電子版発売日 : 2024年2月8日
¥2,420(税込)
ポイント : 44 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

この本と,挑戦する気持ちがあれば国際学会プレゼンはできる!

英語が苦手でも留学経験が無くても大丈夫! 医師になってから英語を始めた著者たちだからこそ教えられる,経験をもとに本当に役に立つテクニックと,日本人が英語で苦労する部分やつまずきやすいポイントの解決策を1冊でマスター.アクセプトされる抄録の書き方,流暢に話せなくても成功するための方法,かっこよくてわかりやすいスライドづくりのノウハウなど,実際に準備するステップごとに解説.

序文

はじめに

この本を開いたあなたは,国際学会発表への第一歩を踏み出そうとしている方,または,すでに国際学会での発表に挑戦してきた方で,さらに高みを目指す方かもしれません.

最近では,日本の学会でも英語でのプレゼンを求められるようになり,英語で研究成果や症例報告を発表する機会が増えてきました.また,海外での国際学会もオンライン開催やハイブリット開催が増え,日本からでも気軽に参加できるようになっています.日本で医師や研究者として働いている方にとっても,国際学会の舞台で自分の成果を発表するのは,もはや必須のスキルとなっています.

私が初めて国際学会で発表したのは研修医2年目の頃でした.当時は拙い英語で発表を乗り切りましたが,英語で堂々と発表する世界各国からの参加者を見て,「いつかは自分も格好良く発表できるようになりたい」と思うようになりました.その後,国際学会に何度も挑戦し,気づいたことがあります.それは,英語がペラペラではなくても,効果的に準備をすれば,ネイティブをも上回る素晴らしいプレゼンをすることが可能だということです.重要なのはポイントを抑えて入念に準備することなのです.

この書籍の共同著者である園田健人先生と山田悠史先生は,私と同じく日本で生まれ育ち,その後臨床医として渡米された先生方です.英語でのプレゼンを幾度となく経験し,日本人の医療者や研究者のためのプレゼン指導も数多く行ってきました.そのため,日本人が英語で苦労する部分やつまずきやすいポイント,そしてその解決方法を熟知しています.今回は,そのノウハウを一冊の本にまとめました.

PART 1では,国際学会発表に必要な準備について解説しています.学会発表への心構えの形成から,苦手な英語を克服するための方法まで,しっかりとサポートします.

PART 2では,効果的なプレゼンを行うためのスライド作りのコツを提供します.PowerPointのスライド作りが苦手な方でも,わかりやすいプレゼンが作成できるよう,具体的なテクニックを紹介します.

PART 3では,非ネイティブスピーカーが効果的にプレゼンをするためのコツを解説します.また,日本人が苦手な英語での質疑応答の対処法についても詳しく説明します.

本書が,国際学会の舞台で自信を持つきっかけとなることを心から願っています.あなたの研究が世界に広がり,新たな可能性を切り開く一助となることを楽しみにしています.


マウントサイナイ ベスイスラエル病院 内科
原 田   洸

目次

PART 1発表の準備

CHAPTER 1

国際学会発表に必要な準備  〈園田健人〉

1 国際学会発表の心構え

2 学会発表の目的

3 発表する学会の選び方

4 聴衆

5 アクセプトされる抄録の書き方

6 アクセプトから発表当日までの流れ

7 学会情報の確認

8 発表までのタイムスケジュール

9 発表内容の準備

CHAPTER 2

苦手な英語を克服する 〈原田 洸〉

1 テクノロジーで英語の壁を乗り越える

2 英文書き換えで表現の幅を増やす

3 英語論文を効率よく検索する

4 伝わる英語の発音を身につける

5 専門用語のリスニングを鍛える

6 質疑応答での想定質問を準備する

Column 1 YouTubeで発音を学ぶ 〈原田 洸〉

Column 2 自動文字書き起こしサービスを利用する 〈原田 洸〉

PART 2スライドづくり

CHAPTER 3

伝わりやすいスライドの作り方  〈原田 洸〉

1 全体の構成と流れを考える

2 適切な配色とデザインを選ぶ

3 フォントと文字の大きさの設定

4 見やすいグラフをつくる

5 単位や参考文献の表記を統一する

6 Busyなスライドを改善する

7 作成したスライドを見直す

Column 1 ショートカットキーの活用 〈原田 洸〉

Column 2 写真や図のきれいな並べ方 〈原田 洸〉

PART 3プレゼン練習

CHAPTER 4

伝わりやすいプレゼンテーションの方法 〈山田悠史〉

1 効果的な国際学会プレゼンテーションのコツ

2 学会のプレゼンテーションで頻用するフレーズ

3 接続詞を効果的に使おう

4 副詞を効果的に使おう

5 相槌,fillerをマスターしよう

6 オンライン学会で使えるフレーズ

質疑応答のコツ 〈園田健人〉

CHAPTER 5

1 事前準備

2 予期せぬ質問への対処法

Column 1 学会後の振り返り方 〈園田健人〉

Column 2 患者中心の言葉遣い 〈園田健人〉

あとがき 〈園田健人〉

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:4.8MB以上(インストール時:11.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:19.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:4.8MB以上(インストール時:11.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:19.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498148543
  • ページ数:88頁
  • 書籍発行日:2024年2月
  • 電子版発売日:2024年2月8日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。