透析ケア別冊 血液透析のキホンがわかるQ&A厳選30

  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2024年3月
  • 電子版発売日 : 2024年2月20日
¥2,640(税込)
ポイント : 48 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【患者&ナースの血液透析の小さな疑問が解決】 血液透析について「知っているけれど、患者に説明しようとするとうまくできない」「なんとなく理解しているけれど、人に教えられるほどではない」という透析ナースに贈る透析看護の入門書。患者にそのまま伝えることができる簡単な回答と、くわしく学べる解説で、血液透析と透析患者への理解が深まる。

序文

編集にあたって

ふだん従事している透析室での血液透析について、「知っているけれど、患者に説

明しようと思うとうまく言葉にできない」「患者がわかりやすいように説明したい」 「なんとなく知っているけれど、人に教えられるほどではないかもしれない……」と いうことはありませんか? 本書では、血液透析の基本的な知識を厳選して30 個取 り上げ、「患者にきちんと説明できるようになる」ことをめざして、解説していただ きました。患者にそのまま伝えることができる簡単な回答とくわしく学べる解説 で、血液透析と透析患者への理解が深まる一冊です。ぜひ、皆様の日々の看護にお 役立てください。

2024年1月

社会医療法人名古屋記念財団
ホスピーグループ腎透析事業部
統括看護部長/慢性腎臓病療養指導看護師
宮下美子

目次

【第1章 透析導入】

Q1 どうなったら透析療法を始めなければならないの?

 開始基準はあるの?(松岡由美子)

Q2 糖尿病患者が腎不全になるのはなぜ?(川口晶代)

【第2章 透析療法】

Q3 透析では何を除去しているの?

 体内に何を入れているの?(松岡由美子)

Q4 透析液の種類にはどんなものがあるの?

 患者によって変えるの?(田中順也)

Q5 週3回、1回4時間の根拠は何?

 透析時間を増やすとどうなるの?(田中順也)

Q6 ドライウエイトはどうやって決めるの?

 どれくらいの頻度で変更するの?(相澤 裕)

Q7 血流量はどうやって決めるの?

 増やしたほうがいいの?(相澤 裕)

Q8 透析時間や除水量はどう決めるの?

 体重が違っても同じ透析時間なの?(篠原謙太)

Q9 除水設定を間違えたときはどうするの?

 途中で設定を変更できるの?(篠原謙太)

Q10 抗凝固薬はなぜ必要なの? 血液回路を利用して投薬する薬剤には何があるの?(酒井かおり)

Q11 透析前後の採血では何を調べているの?(酒井かおり)

Q12 ダイアライザはなぜ患者によって違うの?(山本裕美)

Q13 透析中の観察時、モニターでは何を確認しているの?(山本裕美)

【第3章 バスキュラーアクセス/穿刺】

Q14 バスキュラーアクセスとシャントって同じもの?(人見泰正)

Q15 なぜシャントをつくるの?

 動脈に穿刺してはだめなの?(人見泰正)

Q16 シャントを育てるってどういう意味?(南 伸治)

Q17 シャントを長もちさせるにはどうするの?

 どうしたら狭窄や閉塞が見つかるの?(南 伸治)

Q18 穿刺針はどうして太いの?

 穿刺の向きや部位はどう決めるの?(森上辰哉)

Q19 穿刺がうまい人とそうではない人は何が違うの?(森上辰哉)

【第4章 水分・食事管理】

Q20 透析を導入したら食事管理の内容が変わるのはなぜ?(宇賀神ゆかり)

Q21 透析患者だから食べてはいけないものってあるの?(宇賀神ゆかり)

Q22 透析患者に水分調整が必要なのはなぜ?

 服薬の水は水分量に含めなくてもいいの?(大里寿江)

Q23 透析患者はなぜカリウム制限・リン制限が必要なの?(大里寿江)

【第5章 セルフケア】

Q24 血液透析治療をした日はお風呂に入ってもいいの?(産賀知子)

Q25 かゆみが続くのはどうして?

 自分ではどのようなケアをしたらいいの?(産賀知子)

【第6章 そのほか】

Q26 透析は1ヵ月にどれくらい費用がかかるの?

 患者本人の負担はどのくらいなの?(門嶋洋子)

Q27 透析治療を受けていても、妊娠・出産はできるの?(星井英里)

Q28 日本ではどうして腎移植があまり行われないの?(星井英里)

Q29 インフルエンザにかかったときも透析室に行っていいの?(近藤弥生)

Q30 透析をやめたらどうなるの?(近藤弥生)

・索引

・編者紹介

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.3MB以上(インストール時:12.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:21.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:5.3MB以上(インストール時:12.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:21.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840484657
  • ページ数:128頁
  • 書籍発行日:2024年3月
  • 電子版発売日:2024年2月20日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。