呼吸器内科診療の掟

  • ページ数 : 576頁
  • 書籍発行日 : 2024年6月
  • 電子版発売日 : 2024年6月26日
¥6,380(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 116pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

「読む指導医」 全国のエキスパートの知と技を結集
呼吸器内科診療における全国のエキスパートが実際の指導で口頭で教えてきた知識と技を伝授するベストマニュアル! 最新のエビデンスをおさえながら,エビデンスがない領域やガイドラインではカバーができない臨床現場でのコツ,ピットフォールまで解説.研修医・若手専門医が真っ先におさえておくべき必須知識とコツを学べる必携書.疾患が多く,診療領域が幅広い呼吸器内科は,遭遇する病態や提供する医療も,患者の病状や病期によって変わってくる.目の前の患者のためにどうすればいいか,答えを見つける力が身につく1冊.

序文


本書は,若手医師向けに呼吸器内科診療において実地臨床で役立つ鉄則をまとめた書籍です.臨床の最前線で活躍されているエキスパートの先生方に,実臨床ベースで本当に役立つことを重視して“5つのRules”を挙げてまとめて頂きました.ガイドラインではカバーができない臨床現場でのコツ,ピットフォールまで踏み込んで書かれています.よって,本書は,呼吸器内科臨床における“クリニカルパール”の結集ともいえます.呼吸器内科は,診療の幅が非常に広く,肺炎・結核などの感染症,肺癌などの悪性腫瘍から,間質性肺疾患,COPD・気管支喘息などの閉塞性疾患,過敏性肺炎などのアレルギー性疾患,じん肺など職業性肺疾患から,睡眠時無呼吸症候群まで内科の様々な領域を含みます.さらに,呼吸器疾患は,重症肺炎,間質性肺炎急性増悪など急性期病態から,COPDや気管支喘息の安定期の管理,肺癌終末期の緩和医療など,遭遇する病態や提供する医療も,患者の病状や病期によって変わってきます.よって,本書では,呼吸器内科の幅広い診療内容をカバーすべく,病歴,身体所見,症候学,検査,画像,呼吸管理から,薬剤の使い方,呼吸器コモンディジーズ,重要疾患まで57のテーマを選択しました.

呼吸器診療では,肺を通して体全体を見て,全人的医療を行うことが大切です.エキスパートの先生方に執筆頂いた珠玉の“Rules”は,臨床現場で質の高い呼吸器診療,全人的医療を行う上で,強力な武器になると考えております.最新のエビデンスをおさえながらも,実地で判断が必要となるエビデンスのない領域についても踏み込んで解説して頂き,かゆいところに手が届く内容となっています.実際のケースに合わせてイメージしやすくするために,“Rules”を適応する症例提示をできるかぎり紹介して頂きました.また,“1 STEP UP”として,今後に繋がるトピックや専門的な補足事項についても触れて頂きました.各エキスパートの先生方が,臨床現場で若手医師に指導されている内容が豊富に盛り込まれ,熱意ある指導医に直接臨床指導を受けているような感覚が得られると思います.本書が,呼吸器診療に取り組む若手医師の診療に少しでも役に立ち,患者さんの幸福に貢献できることを願っております.

最後に,診療や研究でお忙しい中にもかかわらず,素晴らしい原稿を執筆して頂いた各領域のエキスパートの先生方に心より感謝いたします.そして,細やかで的確な校正,編集を行って頂いた中外医学社の上岡様に深謝いたします.


2024年2月

亀田総合病院呼吸器内科 中島 啓

目次

1 病歴聴取

病歴聴取は個々の患者の診断・治療の最適解を得るための基盤になる.

五感を働かせ時間軸を意識して,メリハリの効いた病歴聴取に努めよう.<寺田 邦彦>

2 身体診察 胸部(聴診含む)

―好きこそもの上手なれ―physicalを診療に活かそう!<皿谷 健>

3 身体所見 胸部以外

胸部以外にも呼吸器疾患の情報は豊富にある.<福山 一>

4 呼吸困難・低酸素血症

数字と向き合い,患者とも向き合う.<倉原 優>

5 咳嗽

咳の原因を検索し,適切な治療に結びつけよう.<田中 希宇人>

6 血痰,喀血

喀血の診断,治療は呼吸器内科医の総合力が求められる.

大量喀血では気道確保と気管支動脈塞栓術の適応を.<名嘉村 敬>

7 胸水の対応

胸水穿刺から診断までの流れを体得しよう.<下田 真史>

8 胸部X線

見逃しのないよう「型通り」の手順を身につけよう.<長尾 大志>

9 胸部CT読影

胸部CTで肺野病変を評価する場合は分布,性状,小葉構造との関係に着目しよう.<中島 啓>

10 肺結節影のフォローアップ

画像所見と臨床背景から肺癌の可能性を推定してフォロー計画を立てる.<次富 亮輔>

11 呼吸機能検査〜適応や解釈〜

呼吸機能検査では,まずフローボリューム曲線を見よう.<森川 昇>

12 気管支鏡検査 適応や解釈

あらゆる疾患の可能性を考え,抜けの少ない手技や検体提出を心がけよう.<笹田 真滋>

13 肺エコー

肺エコーは疾患を選べば胸部CTに劣らない検査であるため,その特性を十分に理解しよう.<関口 大樹 山田 徹>

14 人工呼吸管理

実臨床で使えるエッセンス<小野山 薫 則末 泰博>

15 非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)

適応を見極め,HFNCと巧みに使い分け,質の高いNPPV管理を目指そう.<永田 一真>

16 ネーザルハイフロー(HFNC)・酸素療法

高流量システムとHFNCの特性を理解し,適切なHFNC導入を行おう.<永井 達也>

17 呼吸器診療での漢方の使い方

目からウロコの漢方:対症療法から“本治”まで.<南澤 潔>

18 呼吸器緩和ケア薬・プロとしての看取りへの関わり方

本当のプロとは,解決できない苦しみを前にしても逃げずに関わり続けることである.<長野 宏昭>

19 COVID—19

重症化リスクのある患者に早期に診断し,早期に治療を行うことがコツ.<櫻井 隆之>

20 インフルエンザ

どんなに忙しくても情報の収集と解釈は最後まで丁寧に.<藤田 浩二>

21 市中肺炎

重症患者では,IDSA/ATS criteriaを用いてICU入室の判断を行い,副腎皮質ステロイドの併用を検討する.<黒田 浩一>

22 院内肺炎

一律に緑膿菌やMRSAをカバーせず,重症度と耐性菌リスクを評価し抗菌薬の選択を行うこと.<伊藤 明広>

23 重症肺炎・ARDS

重症度を評価して,マクロライド系抗菌薬やステロイドの併用を考慮しよう.<阿南 圭祐>

24 誤嚥性肺炎

原因疾患や嚥下機能を評価し,個別化した丁寧な診療を行えるようになろう.<吉松 由貴>

25 膿胸(急性膿胸を中心に)

膿胸を疑ったら速やかなドレナージと抗菌薬投与.<石田 正之>

26 結核(潜在性結核含む)

疑わなければ診断できない.治療抵抗性の気道症状は必ず検査!<武藤 義和>

27 非結核性抗酸菌症

喀痰抗酸菌検査を上手に活用しよう.<長尾 元太 南宮 湖>

28 気管支拡張症

マクロライド療法の前に原因疾患の鑑別と呼吸器理学療法を!<森本 耕三 伊藤 優志>

29 慢性肺アスペルギルス症

臨床経過と検体検査から慢性肺アスペルギルス症の発症を判断しよう.<武田 啓太>

30 侵襲性肺アスペルギルス症

バイオマーカー検査や画像所見のみで判断せず,患者背景や身体所見などで総合的に診断し,早期治療導入を!<冲中 敬二>

31 ニューモシスチス肺炎

検査前確率を見積もり,β—D—glucanを診断の補助に用いよう.<中島 啓>

32 喘息診療 患者ごとのテーラーメイドな診療をしよう

患者とのコミュニケーションを大切にし,喘息診療を楽しもう.<坂本 慶太 出雲 雄大>

33 難治性喘息

難治性喘息の治療においては,診断の妥当性,アドヒアランス,増悪因子の回避,併存疾患の管理が重要で,適切な時期に適切な生物学的製剤を考慮する.<中込 一之>

34 喘息 増悪の対応

重症発作以上かどうか.それが問題だ.<山田 英恵>

35 COPD診断・安定期治療(HOT)

COPDの薬物療法では,LAMA,LABA,ICSを適切に使いこなそう.<中島 啓>

36 COPD増悪

普段からの状態の変化を見逃さない.<大藤 貴>

37 吸入薬の使い方

適切な薬剤を適切に気管支へ届けよう.<白木 晶>

38 喘息とCOPDのオーバーラップ

コントロール不十分な喘息,COPD患者をみたらACOの可能性を考えよう.<伊狩 潤>

39 気胸

気胸を診断したら虚脱の程度を判断して,治療方針を考えよう.<中島 啓>

40 LAM,Birt—Hogg—Dubé症候群

囊胞性肺疾患の代表疾患であるLAMと,その鑑別疾患について一度しっかり勉強しておこう.<飛野 和則>

41 肺高血圧

日常的な診察・検査から肺高血圧症を疑おう.<竹田 健一郎 重田 文子>

42 間質性肺炎の原因診断

内科力全開で挑む:問診と身体診察が鍵を握る.<宮本 篤>

43 特発性間質性肺炎の管理

疾患挙動と治療選択を意識して,ヘテロな集団である間質性肺炎をとらえよう.<杉野 圭史>

44 間質性肺炎急性増悪

早期に発見し,鑑別をしっかり行う.<伊藤 博之>

45 膠原病肺(血管炎/肺胞出血 含む)

間質性肺炎を疑ったら,第一に膠原病肺も含めた「背景のある」間質性肺炎ではないかと考えよう.<根井 雄一郎>

46 薬剤性肺障害

まず,薬剤性肺障害を疑うことから始めよう.<堀益 靖>

47 サルコイドーシス

特徴的な胸部画像や不定愁訴から,本疾患を鑑別にあげられるようにしておこう.<田中 健介>

48 過敏性肺炎

過敏性肺炎診療指針2022を活用し,抗原の同定および抗原回避の指導を行いましょう.<岡本 師>

49 アレルギー性気管支肺真菌症

感染と免疫の両側面から病態を理解しよう.<石黒 卓>

50 好酸球性肺疾患

好酸球性肺疾患の治療は,原因の除去,原疾患の治療,ステロイドである.<鶴野 広介> ※鶴は正しくは雨かんむりに(隹+鳥)

51 じん肺

地域差はあるものの,じん肺はしばしば出会う疾患である.

労災補償や石綿健康被害救済制度などの公的制度も絡むため,俯瞰的に学んでおこう.<飛野 和則>

52 肺胞蛋白症

胸部CT,気管支鏡検査,抗GM—CSF抗体による正確な診断が重要!

間質性肺炎と間違えてステロイドを安易に使わないように.<新井 徹>

53 胸膜腫瘍(悪性胸膜中皮腫,孤立性線維性腫瘍)

胸膜腫瘍として悪性胸膜中皮腫と孤立性線維性腫瘍の診断と治療をおさえておこう.<大槻 歩>

54 縦隔腫瘍(胸腺腫瘍)

縦隔腫瘍を正しく診断し,治療に繁げよう.<園田 匡史 大熊 裕介>

55 肺癌の薬物療法

ドライバー遺伝子,PD—L1,患者リスクに応じて治療選択を.<高倉 敏彰 藤本 大智>

56 肺癌の集学的治療(化学放射線療法を中心に)

集学的治療チームで個々の症例に最適な治療方針を検討しよう!<山田 薫梨 中原 善朗>

57 睡眠時無呼吸症候群

頻度の高い睡眠時無呼吸症候群が診られる呼吸器内科医になろう.<寺田 二郎>

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:115.9MB以上(インストール時:244.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:463.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:115.9MB以上(インストール時:244.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:463.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498130647
  • ページ数:576頁
  • 書籍発行日:2024年6月
  • 電子版発売日:2024年6月26日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。