• M2PLUS
  • NPPVとネーザルハイフロー

NPPVとネーザルハイフロー

  • ISBN : 9784830617348
  • ページ数 : 164頁
  • 書籍発行日 : 2017年4月
  • 電子版発売日 : 2020年3月20日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ベストセラー「シンプルレスピレータ」の第二弾.呼吸療法の新たなスタンダード,NPPVとネーザルハイフローによる呼吸管理を初歩から学べる.導入,初期設定,数日から数週間の経過,設定の変更,離脱・気管挿管への移行の判断などを具体的に解説.全21症例を仮想体験することで,呼吸管理法の基本から応用までが身につけられる.実地臨床で感じる疑問を「Q&A」,おさえておくべき知識を「KEYWORD」として解説し,読みやすい工夫も満載.

■ 序文

はしがき


「シンプルレスピレータ〜Step by Stepでマスターする呼吸管理の必修メソッド〜」を2009年に刊行してから7年が経過した.レスピレータ管理をほとんど経験したことのない医師やコ・メディカルの方々が,まず大過なく初期設定ができるように,またそのための考え方が身に付くように記述したものであった.幸い読者の皆さんからご好評をいただき,お役にたてたことを喜んでいる.

しかし,呼吸管理の現場ではここ2,3年で大きな変革が起きている.すなわち,気管挿管をする前段階として,あるいはスタンダードな呼吸療法として,従来の酸素療法に加え,NHF(ネーザルハイフロー)とNPPV(非侵襲的陽圧換気療法)が普及し,この2つで重症の呼吸不全患者のおおよそ7〜8割の初期的な呼吸管理がカバーされているのが実情である.

NHFはわが国に導入されてまだ数年を経た程度であって,標準的なガイドラインはまだなく,その有効性のエビデンスも十分ではないが,患者への負担が少なく,ほぼ100%の酸素吸入が可能となったインパクトは大きく,急速に普及している.一方NPPVはかなり定着し,呼吸器学会からガイドラインも出ているが,導入や初期設定の解説が主で,数日〜数週間の経過,設定の変更などについて具体的な解説を記述したものは少ない.

以上の経緯から,このたび「NPPVとネーザルハイフロー〜明日から使うための必修メソッド〜」を,「シンプルレスピレータ」の姉妹編として刊行することになった.「シンプルレスピレータ」同様の執筆スタイルとし,臨床現場で遭遇することの多い症例について,時間の経過とともに必要な判断(NPPVを外せるか?気管挿管をすべきか?など)を解説し,実地臨床の場ですぐに役立つ内容となるように配慮した.また,最近増えている在宅でのNPPVについても触れた.記述にあたっては,1例1例具体的な症例を仮想体験しながら,臨床的な流れを意識して,自然に呼吸管理法が身に付くように工夫した.各症例ごとにキーワードをとりあげ,また実地臨床で疑問に感じるであろう事柄をQ&Aとして説明した.

本書が「シンプルレスピレータ」同様に皆さんのお役にたてば幸甚である.最後に二人三脚で本書上梓にご尽力いただいた文光堂編集企画部の末冨 聡氏に深謝申し上げる.


2017年2月好日

著者

■ 目次

序章 呼吸管理の考え方は変わらねば:今でしょ?

第1章 初期設定はこうする

症例1

ネーザルハイフロー(NHF)を初めて使う

重症市中肺炎の60歳男性からNHFの初期設定を学ぼう

● KEYWORD・・ネーザルハイフロー(NHF)とは?

● Q&A・・NHFの原理とは?

症例2

急性増悪例からNHFの設定と対応法を知る

特発性肺線維症急性増悪の72歳男性からNHFの設定と対応を学ぼう

● KEYWORD・・NHFの死腔洗い出し効果とは?

● Q&A・・特発性肺線維症の急性増悪の呼吸療法は?

    〜通常酸素療法or NHF or NPPV?〜

症例3

COPDにNHFを使う

COPD 増悪から呼吸困難となった77歳男性の例から学ぼう

● KEYWORD・・NHFのPEEP効果?

● Q&A・・NHFの適応と禁忌とは?

症例4

急性心不全にNHFを使う

急性心不全へのNHFの使い方を学ぼう

● KEYWORD・・NHFの限界を学ぶ

● Q&A・・急性心不全の呼吸管理

症例5

NPPVの初期設定を理解する

COPD増悪の75歳男性からNPPVの初期設定を学ぼう

● KEYWORD・・NPPVの基本を学ぼう

● Q&A・・NPPVの利点と欠点とは?

症例6

NPPVのリークとその対策を知る

COPD増悪の67歳男性からNPPVのリークとその対策を学ぼう

● KEYWORD・・マスクフィッティングのコツ

● Q&A・・NPPVのリークとは?その対策

症例7

● NPPV管理中のアラーム対策を知る

COPD増悪の80歳男性からNPPV管理中のアラーム対策を学ぼう

● KEYWORD・・V60を解剖する!

● Q&A・・アラームへの対処法

症例8

NPPVについてより詳しく!より実際を知る

COPD増悪の70歳男性からNPPVの実際を学ぼう

● Q&A・・NPPVでは鎮静はしない?

● KEYWORD・・NPPVの適応を学ぼう

症例9

心不全におけるNPPVの使用法を知る

72歳心不全急性期患者からNPPVを学ぼう

● KEYWORD・・急性肺水腫(心不全)患者におけるNPPV

● Q&A・・VSA(適応補助換気,adaptive servo ventilation)とは?

症例10

喘息重篤発作にNPPVを使う

喘息重篤発作の42歳男性から喘息におけるNPPVの適応と実際を学ぼう

● KEYWORD・・喘息の呼吸管理のエビデンス

● Q&A・・NPPV:喘息重症発作での適応?

症例11

ARDSにNPPVを使う

敗血症の85歳女性の例からARDSのNPPVを学ぼう

● KEYWORD・・ARDSの呼吸管理の選択

● Q&A・・ARDSでのNPPVの利点と欠点

症例12

筋萎縮性脊索硬化症(ALS)にNPPVを使おう

66歳男性のALS患者からNPPVの使い方を学ぼう

● KEYWORD・・神経筋疾患の呼吸管理

● Q&A・・神経筋疾患における呼吸リハビリテーション

第2章 装着中の管理・対処法

症例13

高齢者肺炎からNHFの管理を知る

嚥下性肺炎の88歳男性からNHFの管理を学ぼう

● KEYWORD・・NHF中の食事とは?誤嚥の可能性は?

● Q&A・・NHF中のケアとは?

症例14

NPPVの合併症とその対策を理解する

COPD増悪の72歳男性からNPPVの合併症とその対策を学ぼう

● Q&A・・NPPVにおけるインフォームドコンセント

● KEYWORD・・NPPVの合併症と対策

症例15

呼吸管理困難例でのAVAPSの使い方を知る

経過中の呼吸管理が困難な59歳男性からAVAPSの使い方を学ぼう

● KEYWORD・・AVAPSの使い方

● Q&A・・Ramp機能とは?

症例16

免疫不全に伴う呼吸不全にNPPVを使う

66歳男性の例から免疫不全に伴う呼吸困難へのNPPVの使い方を学ぼう

● KEYWORD・・免疫力低下でのNPPV

● Q&A・・NPPV中の感染防止のケア

症例17

免疫低下状態でのNHFの使い方を理解する

70歳男性の例から免疫低下状態の呼吸困難へのNHFの使い方を学ぼう

● KEYWORD・・酸素投与時の粘膜繊毛クリアランス

● Q&A・・免疫力低下患者のベストの呼吸管理法?

第3章 呼吸補助療法から次のステップへ:離脱か挿管か

症例18

IPPVからNHFへの移行について理解する

77歳男性のARDS例からIPPVからNHFへの移行について学ぼう

● KEYWORD・・挿管下人工呼吸後のNHF

● Q&A・・抜管後の再挿管の対処と防止策とは?

症例19

NPPVからの離脱の実際を知る

COPD増悪の67歳男性でNPPVからの離脱を学ぼう

● KEYWORD・・NPPVからの離脱の前提条件

● Q&A・・NPPVからの離脱の実際とは?

症例20

NPPVからIPPVへの移行について理解する

ARDSの70歳男性でNPPVからIPPVへの移行を学ぼう

● KEYWORD・・NPPVからいつ挿管下IPPVへの移行を決断するべきか

● Q&A・・IPPVへ移行する前にするべきこと?

症例21

COPD患者の退院後のNPPVを考える

75歳男性のCOPD増悪例から退院後の在宅NPPVのケアまでを学ぼう

● KEYWORD・・NPPVでのメンタルケア

● Q&A・・在宅NPPVのケア


■略語表

■索 引


COLUMN

高流量システムを理解する!

COPDの増悪とは何か?

COPD増悪時の初期設定のコツ:だいじなので重複を恐れず......

V60について

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.1MB以上(インストール時:46.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:22.1MB以上(インストール時:46.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません