• M2PLUS
  • Mobile Bearingの実際―40年目を迎えるLCSを通して―

Mobile Bearingの実際―40年目を迎えるLCSを通して―

小堀 眞 八木 知徳 新垣 晃 (編)

全日本病院出版会

  • ISBN : 9784865192223
  • ページ数 : 124頁
  • 書籍発行日 : 2017年5月
  • 電子版発売日 : 2019年6月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

進化を続けるインプラントの「今」を知る必読書!

Mobile Bearingを備えた初の人工膝関節インプラントとして世界に登場してから実に40年。インプラントの特徴、手術手技、動態解析から長期臨床成績まで、現在でも使われ続けているLCSを通しMobile Bearingについて徹底的に解説!

■ 序文

編集企画にあたって

LCS人工膝関節は,1977年に初めて臨床に使用されてから,今年で40年目を迎える.

Mobile Bearingは,可動性ベアリングを採用することにより,安定性と可動性という相反する2つの条件を同時に満たす人工関節となり,40年にわたる世界中の長期臨床成績により,そのデザインコンセプトの優秀性が証明された.我が国でも,1988年から使用され,畳での生活様式においても良好な臨床成績が報告されている.

筆者とLCSとの出会いは1995年.それまで固定型ベアリングを使用しており,もっと曲がる人工膝はないのかと思っていた時であった.最初の印象は,不安定な人工関節で,こんなものが本当に使えるのか?というものであった.ところが,欧米ではすでに15年以上も使われており,欧州ではベストセラーであると聞き,心が動いた.オランダのHamelynk医師の,臨床研修や手術テクニックを指導するラーニングセンターを見学し,非常に安定した長期成績が得られているとわかり,初めて導入する決心がついた.実際に使ってみると,固定型ベアリングで経験していた術後屈曲90°付近の壁がなく,120°くらいまでなめらかに屈曲できること.したがって術後リハビリがスムーズであり,理学療法士と患者からの評判がすごく良いことが印象的であった.

LCSのセールスポイントの1つが耐久性である.開発者Buechelが持参したビデオには,現役の消防士である患者が術後バーベルを挙げ,ボートをこぎ,消防士の服装でホースをかついで走っていた."術後は身体障害者となり,杖を離さず,静かな生活を送りなさい.農作業などはもってのほか"と指導してきた筆者はショックを受けたものである.しかし,現実に農業に従事する自分の術後患者のほとんどが,みかんやお茶など急斜面での農業を再開していると知り,以後必ず術後フォローを行うことを条件に農作業を認めることにした.最長21年以上,93%のフォローの結果,99%の生存率が得られたことは,LCSが農業に対して,十分な耐久性を持っていることを示している.

超高齢社会を迎え,団塊の世代が70歳を超え,人工関節適齢期となってきている.彼らは人工関節手術を受けても,趣味のスポーツや,トレッキング,登山などを続けたい世代であり,術後にもゴルフ,テニス,スキーなどを実際に続けている.農業従事者の経験からスポーツにも十分耐え得る人工関節であると考えている.

LCS人工膝関節は,"腕の差が出る人工膝"と言われてきた.その真意は,下手な手術をすれば,成績が悪いということである.この度,LCSに精通した15名の執筆者により,LCSのインプラントデザイン,手術手技,動態解析,臨床成績の4章にわたり詳述していただいた.本書が上梓されることとなり,人工膝を志す諸先生方の一助になれば望外の幸いである.


2017年4月

編集者を代表して
小堀 眞

■ 目次

Ⅰ章 LCSのインプラントデザイン

LCSのデザイン特徴・デザイン変遷

特徴的なパテラグルーブ

インプラントデザインとpopliteus tendon損傷リスクの関係

Ⅱ章 LCSの手術手技

Original gap technique

Offset saw captureを使用したLCS-TKAの手術手技-Offset saw captureの工夫;私の手術手技のコツ-

Conservative cut technique

Spacer blockとtensioning deviceなどによる術中gap評価

Osteotomy gapとcomponent gap

Gap techniqueにおける大腿骨および脛骨の回旋位-Mobile Bearingの有用性-

Ⅲ章 LCSの動態解析

LCS APGの生体内動態解析

LCS RPの生体内動態解析

Mobile Bearing(LCS)のIn vivo動態解析

Ⅳ章 LCSの臨床成績

LCS多施設共同研究-SAMURAI Knee Study-

LCSセメントレスの臨床成績

膝蓋骨非置換LCS RPの長期臨床成績-可動域の推移および膝蓋骨の画像評価-

LCSの10年以上の長期臨床成績-労働・スポーツにも耐えられるか?-

LCSの10年以上の長期臨床成績-自験例による考察-


索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.1MB以上(インストール時:43.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:29.6MB以上(インストール時:61.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません