• M2PLUS
  • Textbook of Hemophilia 3rd edition 日本語要訳版・上巻

Textbook of Hemophilia 3rd edition 日本語要訳版・上巻

  • ISBN : 9784939028533
  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2017年12月
  • 電子版発売日 : 2019年8月30日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

この1冊で血友病,von Willebrand病およびその他の先天性/後天性凝固因子異常症のすべてがわかる!

この書籍は血友病や血友病関連疾患の基礎,診断,治療,包括的治療等あらゆる領域を網羅するいわばバイブル的存在です。 上巻では,血友病Aおよび血友病Bの基礎と臨床,整形外科的領域がカバーされています。また,後天性血友病に関する項目もあります。
作成には我が国の血友病のエキスパートの先生方のご協力を得て実現することができました。

■関連書籍
Textbook of Hemophilia 3rd edition 日本語要訳版・下巻

■ 序文

日本語要訳版・上巻 発刊にあたって

このたび,ワイリー社が刊行しているTextbook of Hemophilia 3rd editionの日本語要訳版・上巻をお届けできることを大変うれしく思っています。この書籍は血友病や血友病関連疾患の基礎,診断,治療,包括的治療等あらゆる領域を網羅するいわばバイブル的存在です。この1冊で血友病,von Willebrand病およびその他の先天性/後天性凝固因子異常症のすべてがわかるといっても過言ではありません。内容もさることながら,執筆者も国際的に知られたkeyopinion leaderやエキスパートばかりであることも大きな特長です。改訂ごとにボリュームもアップしています。今回の日本語要訳版・上巻では,血友病Aおよび血友病Bの基礎と臨床,整形外科的領域がカバーされています。また,後天性血友病に関する項目もあります。上巻の作成にあたっては我が国の血友病のエキスパートの先生方のご協力を得て実現することができました。治療薬剤や治療法などについて,我が国の実情とは異なる項目については担当の先生にコメントを付けていただいています。海外と我が国との比較ができることも,今後の血友病診療の方向性を考える上でも重要と思います。

近年,血友病の領域では定期補充療法が基本的治療になってきていますが,さらに,半減期延長製剤,新規治療製剤や遺伝子治療の開発等めざましく進歩しています。血友病は基礎医学の進歩が速やかに臨床応用されている最良の例といわれています。新たな治療に関する安全性等まだまだ課題はありますが,血友病治療の未来は極めて明るいといえると思います。このような血友病治療の進歩を展望する上でも本書は重要な書籍になると思います。本書が皆さまの日常の診療にお役に立てることを心から願っております。


奈良県立医科大学
小児科 教授
嶋 緑倫

■ 目次

血友病の歴史

PART I:序論

1 止血機構の概要

2 第VIII因子および第IX因子の細胞内プロセシング

PART II:血友病A

3 血友病Aの分子的機序

4 定期補充療法

PART III:第VIII因子インヒビター

5 第VIII因子インヒビター:免疫学

6 第VIII因子インヒビター発生の遺伝的危険因子および環境危険因子

7 血友病におけるインヒビターの疫学

8 第VIII因子インヒビター:軽症および中等症血友病

9 第VIII/IX因子インヒビター:免疫寛容導入療法

10 インヒビター保有患者における定期補充療法

11 第VIII因子インヒビター:急性出血の治療

PART IV:後天性血友病

12 後天性第VIII因子インヒビター

PART V:血友病B

13 血友病B:分子的基礎

14 血友病Bにおける第IX因子インヒビター

15 血友病Bにおけるインヒビターの治療

PART VI:第VIII因子および第IX因子の薬物動態

16 薬物動態

17 投与の個別化

PART VII:血友病:出生時から老年期まで

18 血友病新生児

19 出血をきたした小児の精密検査

20 血友病患児のケア

21 青年期の血友病

22 高齢血友病患者の医療とケア

PART VIII:血友病治療に使用される製剤

23 血友病治療薬:遺伝子組換え製剤

24 血友病治療に使用される製剤:血漿由来凝固因子製剤

25 血友病治療に使用される製剤:用量

26 血友病治療に使用される製剤の規制について

27 開発中の新薬:コンセプトから臨床へ

PART IX:手術管理

28 血友病患者の全身手術

29 血友病における凝固因子製剤の持続輸注

30 インヒビター保有患者の手術

PART X:筋骨格系

31 血友病患者における人工関節置換術

32 血友病における内科的な滑膜除去術(滑膜浄化術):放射線滑膜切除術および化学的滑膜切除術

33 血友病患者の偽腫瘍

34 画像診断法による血友病性関節症の評価

35 血友病管理時の理学療法

36 血友病の身体機能評価

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.3MB以上(インストール時:13.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:52.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません