• M2PLUS
  • 新商品
  • 医療概論 ─医療従事者のコモンセンス14章─

医療概論 ─医療従事者のコモンセンス14章─

高崎 眞弓

総合医学社

  • ISBN : 9784883786787
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2019年11月
  • 電子版発売日 : 2020年5月20日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
※立ち読みで一部不整なページを確認しており、現在対応中です。

医療関係の全ての職種の従事者に必須の医療知識をまとめた教科書。医療技術者養成機関で共通テキストとして、使える一方、現役の医療者にとっては為になる楽しい読み物です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。

推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

本書は,これから医療にかかわる専門職資格を取ろうと,学校に入学して勉強を始めた皆さんのためにつくりました.

筆者は大学や専門学校で,コメディカル(医師以外の医療従事者)の指定科目になっている「医学概論」または「医療概論」を教えています.現在,これらを勉強するための教科書は,10 冊ほどあります.すべてを一通り読みましたが,どれも大変難しい.

国家試験の難易度は,受験する専門職で異なります.すべて同一ではありません.難しいところも易しいところもあります.しかし,難しい専門職を受験しようとする方にも,既存の教科書は難しい.私が勉強不足だから難しいと感じるのでしょうか.10 冊ほど読みましたから,そんなことはないでしょう.

そんなわけで,本書は必要最小限度のことをきわめて易しく記述しました.1年生二人に話して聞かせるスタイルで書きました.各章の終わりには質疑応答を入れ,その章のまとめと補充事項を,遊び心を加えて書きましたから,ぜひここも読んでください.

「医学概論」には,病気の解説が入った教科書もありますが,いろいろな病気の解説は「臨床医学総論」で学ぶことなので,本書では省きました.p>

本書は,日本の医療制度の現状を主体に,健康維持と病気の成り立ち,実際の医療行為,生命倫理などについて解説します.医療を行うためには生命倫理は避けて通れません.難しいと思われるでしょうが,生き方のルール,道筋を示すものですから気楽に読んでください.皆さんには医学よりも,今の医療がどのように行われているかを学んでいただきたいので,本書のタイトルも「医療概論」としました.


2019年10月

高崎 眞弓

■ 目次

第1章 健康の維持は食生活と運動習慣にある

1.健康の概念

2.健康日本21

3.喫煙と健康阻害

4.肥満と健康阻害

5.食生活と運動習慣の重要性

6.睡眠と休養

第2章 なぜ病気になるか

1.病気の原因

2.老 化

3.健康寿命と平均寿命

4.死 因

5.人口の高齢化と少子化

第3章 なぜがんになるか

1.がんの発生機序

2.罹患数と死亡数

3.喫煙とがん

4.がん予防策

5.緩和ケア

第4章 病気の診断はどのように行われるか

1.病気の診断と治療の流れ

2.医療面接

3.身体診察

4.臨床検査

5.画像検査

第5章 さまざまな治療法がある

1.高木兼寛の脚気予防法の発見

2.自然治癒力

3.多様な治療法

4.具体的な治療法

5.代替医療

第6章 近代医学は消毒法と麻酔法の発見から開花

1.近代医学はまだ始まって150年

2.ゼンメルワイスの塩化カルシウム液による手指消毒

3.華岡青洲の乳がん手術と麻酔

4.モートンのエーテル麻酔

5.500年前の解剖図が今も通用

第7章 医療はチームで行う

1.医療の担い手

2.医療チーム

3.コミュニケーションの重要性

4.プロフェッション(専門職)

第8章 治療法は患者が決める

1.患者の権利章典

2.患者の自己決定権

3.インフォームドコンセント

4.選択の痛み

第9章 医療を安全に行うにはどうするか

1.医療事故と安全改革

2.医療事故の原因

3.インシデントレポート

4.事故への対応

第10章 日本の医療制度は世界一か

1.健康保険

2.国民医療費

3.医療サービス

4.医療施設

第11章 病気予防のための対策はあるか

1.1次予防

2.2次予防

3.3次予防

4.介護保険

第12章 医の倫理とはなんだ

1.「ヒポクラテスの誓い」

2.「リスボン宣言」

3.臨床における倫理の諸問題

4.守秘義務

第13章 脳死があって臓器移植がある

1.植物状態

2.死の解釈

3.脳 死

4.移植医療

第14章 死への対応をどうするか

1.死の告知

2.終末期医療

3.安楽死

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.3MB以上(インストール時:27.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.3MB以上(インストール時:27.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません