• M2PLUS
  • 新商品
  • 手術 2016年5月号 70巻6号 特集 急性腹症の外科手術─最新知見【電子版】

手術 2016年5月号 70巻6号 特集 急性腹症の外科手術─最新知見【電子版】

金原出版

  • ISBN : 9784003007006
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2016年5月
  • 電子版発売日 : 2020年5月22日
  • 判 : 指定なし
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
※立ち読みで一部不整なページを確認しており、現在対応中です。

特集 急性腹症の外科手術-最新知見
「特発性食道破裂」に対する外科手術-救命を可能にするパッチとドレナージのコツ
「消化性潰瘍穿孔」手術における腹腔鏡手技の応用
胃oncologic emergency-「胃癌穿孔」における治療戦略

手術 シリーズバックナンバー

手術(2020年度年間購読)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。

推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集 急性腹症の外科手術-最新知見

「特発性食道破裂」に対する外科手術-救命を可能にするパッチとドレナージのコツ

「消化性潰瘍穿孔」手術における腹腔鏡手技の応用

胃oncologic emergency-「胃癌穿孔」における治療戦略

発症時期を考慮した「絞扼性イレウス」の治療戦略と手術

「大腸癌穿孔」に対する腫瘍学的緊急手術

「医原性大腸穿孔」に対する腹腔鏡手術

TG13に基づく「急性胆嚢炎」の治療戦略と手術手技

「上腸間膜動脈塞栓症」の手術-最大限の腸管温存を目指す手術

「非閉塞性腸管虚血(NOMI)」に対する damage control surgery

「鼠径部ヘルニア嵌頓」に対する緊急手術

外科的治療を要する「小児急性腹症」の手術

「高齢者急性腹症」に対する手術と管理

手術手技

胃癌reduced port surgeryにおける臍切開-「zigzag切開と横切開」

屈曲鉗子を2本用いる単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術

手術症例報告

胸部食道癌術後再建結腸の著明な拡張から壊死を生じ緊急手術を行った1例

肝静脈根部の再発性転移性肝癌に対し全肝阻血(THVE)下に横隔膜・肝上部下大静脈合併肝右上区域切除術を施行した1例

腸球菌の胆道感染を併発した特発性総胆管穿孔の1例

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.0MB以上(インストール時:43.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.0MB以上(インストール時:43.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません