• M2PLUS
  • 新商品
  • Year Book of RCC 2019

Year Book of RCC 2019

冨田 善彦 (編) / 金山 博臣 (編) / 植村 天受 (編) / 篠原 信雄 (編)

メディカルレビュー社

  • ISBN : 9784779222924
  • ページ数 : 129頁
  • 書籍発行日 : 2019年12月
  • 電子版発売日 : 2020年7月1日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

有転移症例において根治的腎摘除術は有用か否かについては,サイトカイン時代には無作為化比較試験(RCT)の結果から一定の結論が得られていました。つまり,特にperformance status(PS)が良好などの条件を満たしている場合には予後延長に寄与する,というものです。2008年以降,ソラフェニブやスニチニブ,バゾパニブ,エベロリムスをはじめとした分子標的薬が使用されるようになり,有移転症例の予後が延長しましたが,cytoreductive nephrectomy(CNx)の意義についての高いレベルのエビデンスは存在しませんでした。このclinical questionに答えを与えるべく,かなり前からSURTIME試験,CARMENA試験の2つのRCTが開始されていましたが,2017年のESMOでSURTIME試験の結果が,またASCOでCARMENA試験の結果が報告され,おおむね全身治療を先行したほうが良い結果が得られるとの結論になりました。しかし,双方の試験ともに予定された症例数よりもかなり少ない症例での解析であり,また登録された症例が日常臨床の症例とは異なること,試験結果の解析法や解釈の問題もあり,すべての有移転症例で根治的腎摘除CNxが否定されるわけではないのが現状でしょう。また,CNxは初回診断時のみならず治療経過のなかで,特に全身治療が転移巣に奏功した際にも考慮されることがあります。本号では,この点のついてCNxを支持する,あるいは反対の立場から誌上でのdebateを展開していただきました。
また巻頭の【Round Table Discussion】ではFar-advanced diseaseおよびhigh risk RCCに対する初期治療について実際の症例についてのディスカッションを,さらに第Ⅲ部【TKI up date】ではチロシンキナーゼに関して取り上げてみました。 本号もまた,少しでも皆様の日常診療の一助になれば幸いです。

■ 目次

Ⅰ Round Table Discussion

Far-advanced diseaseおよびHigh risk RCCに対する初期治療

Ⅱ Topics of RCC Yes or No ― cytoreductive nephrectomy―

1.overview:転移性RCC

cytoreductive nephrectomyの歴史的変遷

2.Case Base Debate①:Uofrontのcytoreductive nephrectomy

1)Yes:行うべき

2)No:慎重であるべき

3.Case Base Debate②:治療経過中のcytoreductive nephrectomy

1)Yes:行うべき

2)No:慎重であるべき

Ⅲ TKI up to date 新規TKIへの展望と期待

1.overview:RCC治療におけるこれまでのTKI治療の総括と現状

2.Cabozantinib

1)開発の経緯とRCC以外の癌腫での状況

2)RCCでの状況

3.レンバチニブ

Ⅳ 付録

RCC関連演題の一覧(ASCO 2019,AUA 2019,ESMO 2019)

索引

編集者プロフィール

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.5MB以上(インストール時:16.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.5MB以上(インストール時:16.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません