皮膚病理のすべて Ⅲ 腫瘍性皮膚疾患

  • ISBN : 9784830634734
  • ページ数 : 280頁
  • 書籍発行日 : 2020年10月
  • 電子版発売日 : 2020年12月2日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥12,100 (税込)
ポイント : 220 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「パターン分類」を駆使して皮膚病理組織を読み解く〈皮膚病理のすべて〉シリーズ第3巻.本書では腫瘍性皮膚疾患にフォーカスをあて,第1巻で解説した「パターン分類」の理論を,実症例をもとに紙上で実演する.たった1枚の組織切片を材料に,エキスパートの頭の中で展開される思考プロセス─病理像の着眼点,パターン分類の適用,鑑別診断,臨床との相関,そして最終診断─その一部始終を豊富な大判写真でヴィジュアルに解説.

あわせて読む → 「皮膚病理のすべて」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

本書は「皮膚病理のすべて」シリーズの3巻目です.第Ⅰ巻は基礎知識とパターン分類として総論的に,第Ⅱ巻と本巻はそれぞれ炎症性皮膚疾患と腫瘍性皮膚疾患について,各論的に症例を読み解く形でまとめてあります.後2巻では,「一例から多くを学ぶ」方式を採っているのが特徴です.提示された一例を通して,診断へのアプローチの仕方のみならず,多数の鑑別疾患と鑑別点を実例を使って比較吟味し,さらに臨床像とどう向き合っていくかなど多岐にわたって書かれています.これらはすべて実際の診断時に使用される思考過程です.この方式を提示下さった編集の宮地良樹先生,安齋眞一先生の卓見に感謝致すとともに,たくさんの症例をご準備頂いた執筆者の先生方に御礼申し上げる次第です.

病理医の私が皮膚病理に興味を持ち,パターン分類を考えるようになるにはいろいろな方々からの教えがありました.卒後直ぐのアメリカでの内科,外科,救急での臨床経験で嫌というほど,症状や徴候の捉え方,鑑別疾患と鑑別の仕方を教わりました.その後の病理研修でも恩師の先生方から特徴的な組織像の捉え方,鑑別疾患,鑑別点について学びました.ただ,それらは体系化されたものではありませんでした.ちょうど模索し体系化を始めた時期に帰国しました.1983年末,日本皮膚科学会西部支部学術大会で来られたA. B. Ackerman先生と3日間朝から晩まで一緒に顕微鏡をみる機会が得られ,大きな影響を受けました.Ackerman先生からパターン分類を我が国で広めるように言われ,拙著『外科病理学入門』(医学書院,1986)にも先生の炎症性皮膚疾患のパターン分類を載せさせて頂きました.その後準備中であった肺の炎症性および腫瘍性疾患のパターン分類をまとめた後,本書の前身である拙著『皮膚病理診断アトラス』(文光堂,1993)を上梓しました.この間,そしてその後にかけてAckerman先生の我が国のお弟子さん方(バーニーズバッド)と知り合いになり,また長い間日本皮膚科学会や日本皮膚病理組織学会で皮膚科の先生方からもご教授を受けました.皆様方への感謝の念に堪えません.本シリーズの執筆にはバーニーズバッドの初代の方々,そのお弟子,孫弟子の先生方にもお世話になっています.本書は「皮膚病理のすべて」と題していますが,決してすべてではありません.疾患の理解はどんどん深まっていますし,新しい疾患概念や治療法,新しい診断技術が現れています.Ackerman先生と症例を検討していた時,あまりご存知でなかった疾患が提示され議論となったことがありました.会の終了後,先生が来られ“Still lots to learn”と言われたのを鮮明に覚え,それを座右の銘としています.まだまだ学ぶこと,明らかにしていくことは積み残されています.読者の方々には本シリーズを基礎として,さらに皮膚病理学,皮膚病理診断学を学び,発展させていって頂きたいと願っています.

最後になりましたが,本シリーズをご提案頂いた京都大学名誉教授宮地良樹先生,株式会社文光堂社長浅井麻紀氏,そして難しい取り纏めを行い美しい装丁に仕上げて下さった編集企画部の皆様に深謝申し上げます.


2020年9月

編者を代表して
真鍋俊明
京都大学名誉教授

■ 目次

第Ⅰ章 パターンから迫る病理組織診断

はじめに

第Ⅱ章 症例解析──病理診断へのアプローチ

1.表皮内腫瘍

[症例1]Intraepidermal Flat Tumors, Pagetoid(Scattering)

[症例2]Exophytic Verrucous Tumors, Papillated(Papillomatous with Endophytic Growth)

[症例3]Exophytic Non-Verrucous Tumors, Smooth Polypoid(Fibroepithelial)

[症例4]Exophytic-Endophytic Tumors, Smooth-Surfaced

[症例5]Endophytic Tumors, Nodular and Lobular

[症例6]Endophytic Tumors, Cup-Shaped

第Ⅲ章 症例解析──病理診断へのアプローチ

2.真皮内・皮下脂肪織内・爪の腫瘍

[症例7]Organoid, Non-Cystic;Tubular and glandular tumors

[症例8]Organoid, Non-Cystic;Solid(nodular, lobular and trabecular)tumors

[症例9]Organoid, Non-Cystic;Biphasic and polyphasic tumors(epithelial and stromal)

[症例10]Organoid, Cystic;Cystic tumors

[症例11]Histoid, Solid(Cellular);Small round cell tumors

[症例12]Histoid, Solid(Cellular);Spindle cell tumors

[症例13]Histioid, Solid(Cellular);Polyhedral(polygonal)cell tumors(histiocytoid cell tumors)

[症例14]Histoid, Solid(Cellular);Pleomorphic cell tumors(Pleomorphic tumors with multinucleated giant cells)

[症例15]Histoid, Fibrous;Fibrous Tumors

[症例16]Histoid, Fatty;Fat Cell Tumors

[症例17]Histoid, Myxoid;Myxoid Tumors

[症例18]Histoid, Fibro-Osseous;Fibro-Osseous Tumors

[症例19]Histoid, with Giant Cells;Giant Cell Tumors

[症例20]Histoid, Vascular;Hemangiomatous tumors and tumor-like lesions

[症例21]Ungual/Subungual tumors, Pagetoid(Scattering)

付録 参考資料

付録1 腫瘍性皮膚疾患におけるパターン分類

付録2 参考・推薦図書

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:101.0MB以上(インストール時:207.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:101.0MB以上(インストール時:207.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません