新訂版 写真でわかる看護のためのフィジカルアセスメント アドバンス

  • ISBN : 9784899964179
  • ページ数 : 246頁
  • 書籍発行日 : 2020年1月
  • 電子版発売日 : 2021年3月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,740 (税込)
ポイント : 68 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

看護師が行うフィジカルアセスメントについて、生活者の視点から章立てし、解説。
手技の流れやポイントをリアルな映像でていねいに解説した動画は、アセスメント技術の実践的な学習に役立ちます。

あわせて読む → 「新訂版 写真でわかるアドバンス」シリーズ

■ 序文

まえがき

本書は、2011年に村上美好氏の編纂により出版された『写真でわかる看護のためのフィジカルアセスメント』の増補改訂版です。村上氏は、基礎教育だけでなく臨床教育も「徹底して『身体診察・評価』を実践する訓練をシステム化することを提案したい」と旧版のまえがきに書かれ、看護師のフィジカルアセスメント能力を高めることの必要性を熱く説かれました。看護職の役割拡大が進んでいる今日、ますますこの能力の重要性が再認識されています。


フィジカルアセスメントを学ぶ時に、学生や新人看護師等が最初に戸惑う課題の一つに、医師の診察と看護師のフィジカルアセスメントの違いは何か、ということがあります。この質問に答えられるように、本書は「生活行動に即した看護アセスメント」の視点と内容に基づき構成しています。また、学生や新人看護師等、初学者が理解しやすいように写真を多用し、事例を用いた看護展開を加えるなど、看護実践に即した内容となっています。今回の新訂版発行に至るまでには、フィジカルアセスメントの実践能力をより高められるよう、判断根拠となる知識をさらに盛り込み、写真やイラストなども必要に応じて更新してきました。またWeb動画を用いて、フィジカルアセスメントの流れが「動き」として理解できるようにブラッシュアップしました。看護の視点を重視した本書のねらいは、「生活者の視点から学ぶ身体診察法」という副題に現れています。


看護はどのような状況下にあっても、その人らしい生活ができるように、人間の健康や一人ひとりの生活、人生を守り、支える役割を持っています。看護職が行うフィジカルアセスメントは、この看護の使命や目的に即して行われます。看護師は五感を用いて、患者の状況を理解します。患者の身体に触れることで、観察だけではなく安心感や癒やしを同時にもたらすことができます。この看護におけるフィジカルアセスメントの技能の特性をよく理解し、病院や地域、福祉施設等、看護が求められるそれぞれの場で、フィジカルアセスメントの能力を培い、生かすことが大切です。フィジカルアセスメントの力を高めていけるよう、本書を活用していただけることを心から願っております。


最後に、鈴木憲史先生(日本赤十字社医療センター骨髄腫アミロイドーシスセンター センター長)には、医学的観点からていねいな医学指導と資料提供をしていただきましたことに心から感謝いたします。さらに、インターメディカ社長・赤土正幸様をはじめ、本書の制作に加わっていただきましたスタッフの皆様方に厚く御礼を申し上げます。


2019年12月 吉日
日本赤十字看護大学 学長
守田美奈子

■ 目次

CHAPTER.1 フィジカルアセスメントに共通する技術

面接

●面接の準備

●入室から面接開始まで

●面接の実施

【Web動画】

面接の実施/面接を行う際の留意点

身体診察

●視診

●触診

●打診

●聴診

【Web動画】

触診/打診/聴診

CHAPTER.2 フィジカルアセスメントの実際

一般状態と生命徴候

●一般状態の観察

●体温の観察

●脈拍の観察

●呼吸の観察

●血圧の観察

●意識レベルの観察

【Web動画】

呼吸の観察/そのほかの異常呼吸/異常呼吸の種類としくみ/血圧の測定(アネロイド血圧計)


生命を維持する

循環器系のフィジカルアセスメント

●胸部・頸部の視診

●動脈の触診

●心尖拍動とスリルの触診

●心音・心雑音・頸動脈の聴診

呼吸器系のフィジカルアセスメント

●呼吸器系の視診

●呼吸器系の触診

●呼吸器系の打診

●呼吸器系の聴診

【Web動画】

心音・心雑音の聴診/聴診部位:心臓の4つの弁と頸動脈を聴診/

呼吸運動のしくみ/聴診部位別の正常呼吸音/

呼吸音の異常(いびき音、笛音、捻髪音、水泡音)

見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる・話す

●見る

●聴く

●嗅ぐ

●味わう

●触れる

●話す

【Web動画】

眼の視診・触診/眼球運動・眼振の観察/

「話す」機能の異常(構音障害、運動性失語、感覚性失語)


身体を動かす

●歩くこと

●関節の動き

●筋力

●反射の動き

【Web動画】

歩行テスト/疾患に特有の歩行異常(パーキンソン病、痙性片麻痺)/

股関節の測定/筋力のスクリーニング/打腱器の用い方/膝蓋腱反射/

バビンスキー反射


身体を守る

●皮膚・爪・頭皮・毛髪

●リンパ系

●甲状腺・副甲状腺


食べる・栄養をとりこむ

●咀嚼し、嚥下する

●消化・吸収する

【Web動画】

嚥下のしくみ/咀嚼・嚥下機能の触診


排泄する

●下腹部のフィジカルアセスメント

●直腸・肛門のフィジカルアセスメント

●泌尿器のフィジカルアセスメント

【Web動画】

下腹部の聴診/下腹部の打診/下腹部の触診


セクシャリティ

●女性乳房のフィジカルアセスメント

●男性性器のフィジカルアセスメント

●女性性器のフィジカルアセスメント

【Web動画】

乳房の触診


加齢による変化

●高齢者の面接

●加齢に伴う全身状態の変化

●排泄の変化:尿失禁・頻尿

●精神活動の変化:認知症・せん妄

●生活行動の機能評価


生命の危機

●ショック

●脳卒中

●糖尿病性昏睡・肝性昏睡

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:780.5MB以上(インストール時:1.5GB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:780.5MB以上(インストール時:1.5GB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません