• M2PLUS
  • 臨床スポーツ医学 2022年4月号(39巻4号)投球フォームの改善で肩肘の故障は予防できるのか?

臨床スポーツ医学 2022年4月号(39巻4号)投球フォームの改善で肩肘の故障は予防できるのか?

  • ISBN : 9784011003904
  • ページ数 : 112頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年4月15日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

「投球フォームの改善で肩肘の故障は予防できるのか?」特集として,投球動作において損傷されうる肩・肘関節構造の解剖学的知識/野球肘臨床データから得られた投球フォームと組織損傷との関連性/投球時の肩hyper-angulationと組織損傷との関連性/海外文献を中心とした投球フォーム(動作)と投球障害との関連性のreview などを取り上げる.連載は,【AI・IoTとスポーツ医学】【スポーツ現場に活かす運動機能評価とコンディション管理】.

≫ 「臨床スポーツ医学」最新号・バックナンバーはこちら
臨床スポーツ医学(2022年・年間購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集
投球フォームの改善で肩肘の故障は予防できるのか?


球速があり,コントロールも抜群の投球が理想です.さらに,投球数が多くなってもパフォーマンスが落ちない持久力があれば理想的でしょう.多くの野球選手がこのような理想的な投球パフォーマンスを目指すのですが,実際は肩肘の故障,組織損傷に悩まされ,理想の投球が不可能になっているのが現実です.

これまで投球フォームと身体機能(不全)の関連性について論じられることは多かったものの,投球フォームと組織損傷の関連が直接的に述べられることは少なかったといえます.投球フォームには個性があり千差万別,決して1 つのフォームに集約することはないはずです.

しかしながら,あるとすればどのような投球フォームがパフォーマンスとして優れているのでしょうか?優れた投球フォームであれば,同時に組織損傷リスクも軽減することができるのでしょうか?もし,そうであれば治療する側も投球フォームを深く知る必要があるはずです.また,逆にどのような投球フォームがパフォーマンスとして劣っているのでしょうか?もし,劣っているのであれば同時に組織損傷も生じ易いのでしょうか?

これまで医師を中心とした医療従事者が,選手,指導者やコーチに対して投球フォームの介入をすることは御法度とされる一面もあったように思います.しかし,投球フォームと障害,組織損傷の関連性が明らかになれば,現場の選手自身,指導者やコーチへの啓発となり,われわれ医療従事者と共通理解をすることが可能となるでしょう.こうなれば,日本野球界の発展に大きく貢献できると考えます.そこで,今回は投球フォームと障害,組織損傷発生についての関連性をテーマとしました.

さまざまな角度から投球フォームと肩肘障害,組織損傷との関連性を探るべく,担当者に執筆を依頼しました.これまでにない,投球フォームと肩肘障害,組織損傷の関連性をダイレクトに関連付けた斬新な内容になっていると思います.投球フォームからダイレクトに障害発生の予測をすることが可能になれば,読者のみなさんにとって非常に有意義なものになると考えます.


特集編集:西中直也(昭和大学教授)

■ 目次

【特集】

投球動作における肩・肘関節の基礎知識

投球動作において損傷されうる肩・肘関節構造の解剖学的知識……二村昭元

投球動作における肩関節の生理的運動学……蒲田和芳

投球フォームと組織損傷

投球動作分析からみた投球フォームと組織損傷との関連性……宮下浩二

Zero外旋,Zero伸展筋力からみた投球フォームと組織損傷との関連性……阿蘇卓也

Throwing plane conceptからみた投球フォームと組織損傷との関連性……瀬戸口芳正

野球肘臨床データから得られた投球フォームと組織損傷との関連性……坂田 淳

投球時の肩hyper-angulationと組織損傷との関連性……三幡輝久

肩肘の投球障害の予防と治療には,投球フォームの修正が必要不可欠である……瀧内敏朗

海外文献を中心とした投球フォーム(動作)と投球障害との関連性のreview……鈴木 昌

介入・対策・治療

投球障害予防を目指した動作介入の理論と実践-コーチング学と逆フェーズ法……豊田太郎 他

身体機能不全からみた投球フォームと組織損傷との関連性から考える治療-ファンクショナルスローイングテストとその改善トレーニング……松井知之

身体機能不全からみた投球フォームと組織損傷との関連性から考える治療-肩関節インピンジメント症候群と肘内側障害へのアプローチ……小川靖之 他

医師が考える野球肩・野球肘に対する投球動作への介入……岩堀裕介

手術適応となる投球肩肘障害-手術に至る可能性があるフォームの問題点と術後再発予防で目指すフォーム……西中直也

【連載】

AI・IoTとスポーツ医学 第4回

AIを用いた体操競技動作の解析と評価……藤原英則 他

スポーツ現場に活かす運動機能評価とコンディション管理 第4回

運動機能評価とコンディショニング

筋力の評価:その3 筋力の質的評価とバランス評価-瞬時発揮筋力およびH/Q比を中心に……山本利春

【臨スポOPINION】

「保険診療枠外での運動療法」の芽は育っているか……大槻伸吾 他

【臨スポニュース】

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:91.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:91.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません