最新主要文献とガイドラインでみる 循環器内科学レビュー2022-'23

  • ISBN : 9784883787463
  • ページ数 : 432頁
  • 書籍発行日 : 2021年11月
  • 電子版発売日 : 2021年11月3日
  • 判 : AB判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥16,500 (税込)
ポイント : 300 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

循環器内科学のエキスパートによって選別された、直近2年間を中心に国内外で発表された最新の文献レビューです。広く循環器内科関連の最近のトピックスを把握でき、循環器内科医だけでなく、専門医を目指す方にも役立つ1冊です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文


超高齢化時代に突入した本邦では,死因の第一位はいまだに悪性腫瘍であるが,循環器疾患と脳血管疾患を含めるとほぼ悪性腫瘍に匹敵する.また,循環器疾患と脳血管疾患にかかる医療費は,本邦の医療費全体の1/5 を占める.一方で,高齢化に伴い,循環器内科医が診療する疾患や治療内容が昔とは大きく異なってきた.以前は,心不全といえば拡張型心筋症や陳旧性心筋梗塞などで心収縮能が低下した心不全(HFrEF)が中心であったが,現在では,特に高齢女性で,高血圧性心疾患をベースとした拡張能不全による心機能の保たれた心不全(HEpEF)が,HFrEF と同じくらい存在し,予後も同等に不良であり,心不全患者の急増は社会問題となっている(心不全パンデミック).また,高齢者の心房細動患者や大動脈狭窄症・僧帽弁閉鎖不全症患者が増えており,これらに対して,循環器内科医がカテーテルアブレーションやカテーテル治療(TAVI・MitraClip)で積極的に治療に関与する時代となっている.さらに,遺伝性不整脈,拡張型・肥大型心筋症,不整脈原性右室心筋症,二次性心筋症(心アミロイドーシス,Fabry 病など)では,遺伝子診断が診断や治療方針の決定に重要な役割を担うようになってきた.循環器領域には,冠動脈疾患,不整脈,心不全,弁膜症,原発性心筋症・心筋炎・心膜疾患・心臓腫瘍,二次性心筋症,大動脈疾患,末梢血管疾患,先天性心疾患など多数の疾患・病態が含まれ,その診断,治療法は日々進歩しており,それぞれの疾患・病態の最新の情報を一人の医師がすべてキャッチアップし,診療にあたることは困難な状況である.

本書「循環器内科学レビュー」では,上記の多彩な循環器疾患・病態に加えて,生活習慣病,心肺蘇生術・集中治療・管理の分野を加え,各分野をさらに細分化して合計59項目の最新のテーマを厳選し,各テーマの執筆は,第一線でご活躍中の比較的若手の先生方にお願いした.執筆者の先生方には,直近1~2年の国内外の重要な論文を引用していただき,要旨をおまとめいただくとともに,論文に対する執筆者ご自身の評価やコメントを加えてご執筆いただいた.読者の皆様には,本書を読むことにより,幅広い循環器疾患・病態のupdateな情報を包括的かつ効率的にキャッチアップし,日常診療の診断および治療に生かしていただけることを願ってやまない.


2021年10月

清水 渉
日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野 教授

■ 目次

Ⅰ章 冠動脈疾患

1.冠動脈硬化と急性冠症候群の成因/森 敬善

2.安定冠動脈疾患のカテーテル室での機能的評価/割澤高行

3.冠動脈疾患の血管内イメージング/小林宣明

4.冠動脈疾患の画像診断/桐山智成

5.血行再建治療vs 至適薬物療法/北原秀喜

6.PCI vs CABG/宮地秀樹

7.薬物溶出性ステントupdate/飯島雷輔

8.冠動脈疾患と抗血栓療法/大塚文之

9.冠動脈患者に対する積極的脂質低下療法/清末有宏

Ⅱ章 不整脈

10.不整脈と抗血栓療法/小谷英太郎

11.心房細動アブレーション/藤澤大志, 髙月誠司

12.心室性不整脈アブレーション/上田暢彦, 野田 崇

13.心臓突然死とデバイス治療/栗田隆志

14.遺伝性不整脈/林 研至

15.不整脈とAI 診療/中村知史, 笹野哲郎

16.不整脈検出デバイス/藤生克仁

17.房室結節周囲の最新知見/永嶋孝一

18.不整脈症例の非薬物的抗血栓療法/近藤祐介

Ⅲ章 心不全

19.急性心不全の急性期治療戦略/白壁章宏

20.慢性心不全―LVEF の低下した心不全(HFrEF)患者の薬物療法/砂山 勉, 末永祐哉

21.慢性心不全―LVEF の保たれた心不全(HFpEF)患者の治療戦略/川久保裕美子, 白石泰之

22.わが国における心臓移植の現況/岩花東吾, 松宮護郎

23.心不全における緩和ケア/柴田龍宏

24.心不全と糖尿病 双方を意識した治療戦略/久保田芳明

Ⅳ章 弁膜症

25.大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療(TAVI)/渡邊雄介

26.僧帽弁閉鎖不全症に対するカテーテル治療(MitraClip®)/東 彩子, 板橋裕史

27.大動脈弁閉鎖不全症・僧帽弁閉鎖不全症に対する外科的治療/泉 佑樹

28.僧帽弁狭窄症の治療の適応と介入のタイミング/加藤奈穂子

29.三尖弁閉鎖不全,肺動脈弁閉鎖不全に対するカテーテル治療/佐地真育, 七里 守

Ⅴ章 原発性心筋症・心筋炎・心膜疾患・心臓腫瘍

30.拡張型心筋症における最新の話題/木田圭亮, 中島育太郎

31.肥大型心筋症における最新の話題/松田淳也

32.不整脈原性右室心筋症における最新の話題/大野聖子

33.たこつぼ症候群のトピックス/加藤 賢

34.心筋炎・心膜疾患・心臓腫瘍のトピックス/岡 英一郎

Ⅵ章 二次性心筋症(アミロイドーシス,サルコイドーシス,ファブリーなど)

35.心臓サルコイドーシスの診断と治療/多田篤司, 永井利幸

36.心アミロイドーシスの診断と治療/尾田済太郎

37.ファブリー病の診断と治療/小須賀基通

38.抗がん剤による薬剤性心筋症の診断と治療/中森史朗

39.周産期心筋症の最近の話題/神谷千津子,大谷健太郎

Ⅶ章 大動脈疾患

40.大動脈疾患の診断・内科治療/島袋誠地, 加地修一郎

41.大動脈疾患の外科治療/内田敬二

42.大動脈疾患の血管内治療―特に,大動脈解離に対するTEVER について/松田 均

Ⅷ章 末梢血管疾患

43.末梢動脈疾患における至適薬物治療/山口徹雄

44.末梢動脈疾患の血行再建術(血管内治療)/曽我芳光

45.末梢動脈疾患の血行再建術(バイパス手術)/小久保 拓

46.急性下肢虚血の血栓溶解療法とカテーテル治療/東谷迪昭

47.腎動脈狭窄症に対するカテーテル治療/重城健太郎

Ⅸ章 先天性心疾患

48.成人先天性心疾患に対するカテーテル治療の適応と現状(心房中隔欠損/卵円孔開存/動脈管開存)/原 英彦

49.成人期川崎病の管理と治療/深澤隆治

50.成人期を迎えた先天性心疾患術後患者の管理と治療(ファロー四徴,修正大血管転位,フォンタン循環など)/大内秀雄

51.成人先天性心疾患に合併した心不全の予後と治療/村上智明

Ⅹ章 生活習慣病

52.高血圧の診断と治療up-to-date/青山里恵

53.心血管疾患予防のためのLDL コレステロール低下療法/北原 慧, 片岡 有

54.糖尿病と心血管イベント/太良修平

55.心血管イベントの残余リスクとそのコントロール/野末 剛

Ⅺ章 心肺蘇生術・集中治療・管理

56.心エコー図法による血行動態モニタリング/西條良仁, 山田博胤

57.心肺蘇生と心停止後症候群/三宅のどか, 横堀將司

58.心原性ショックに対する補助循環デバイス/中田 淳

59.循環器救急における集中治療管理/岸原悠貴, 安田英人

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.2MB以上(インストール時:54.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.2MB以上(インストール時:54.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません