塩川 芳昭:9件

ポイント率が高い順

20件

新 脳神経外科手術のための解剖学
新 脳神経外科手術のための解剖学

¥22,000

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

待望の改訂,脳神経外科手術の第一歩は本書から 脳神経外科手術書のスタンダードとして親しまれてきた『脳神経外科手術のための解剖学』待望の改訂新版。脳神経外科医が押さえておくべきアプローチに加え,神経内視鏡,バイパス手術,CEAを追加。 開頭から硬膜切開,顕微鏡下手術へと順を追い,病変の立体像を捉えるた...

Annual Review 神経 2023
Annual Review 神経 2023

¥10,340

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

※2024年3月28日 発売予定:『Annual Review 神経 2024』 臨床に! 研究に! 脳神経科学分野の最新の話題を幅広くカバーする一冊! 脳神経科学分野のエキスパートたちが内外の文献を踏まえてその年の最注目トピックを厳選し,解説する好評シリーズの2023年版がいよいよ登場.臨床・研究...

Annual Review 神経 2022
Annual Review 神経 2022

¥9,680

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

脳神経を専門とする研究者、臨床医必読の伝統の人気書籍「Annual Review 神経」の最新刊! 脳神経科学分野のエキスパートたちが内外の文献を踏まえてその年の最注目トピックを厳選し,解説する好評シリーズの2022年版がいよいよ登場.臨床・研究に役立つ貴重な情報源として,神経エコーといった基礎医学...

Annual Review 神経 2021
Annual Review 神経 2021

¥9,680

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ダイナミックに変わりつづける神経学分野の知見をいち早く伝える伝統書「Annual Review 神経」の最新刊! 脳神経科学分野のエキスパートたちが内外の文献を踏まえてその年の最注目トピックを厳選し,解説する好評シリーズの2021年版がいよいよ登場.2020年初頭から猛威を振るう新型コロナウイルス感...

Annual Review 神経2020
Annual Review 神経2020

¥9,680

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

年の最注目トピックを厳選し,第一人者が内外の文献を踏まえて最新の知見を解説している,伝統と好評の年度版.2020年版では医学や医療の場でも浸透しつつあるAIに関するトピックをはじめ,AMEDの難治性疾患事業の取り組みや各種疾患に対する新規治療について,また,ガイドラインの新たな内容など,基礎領域から...

Annual Review 神経2019
Annual Review 神経2019

¥9,680

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

各年の神経学分野の進歩をいち早く伝える伝統の人気書籍、「Annual Review 神経」の最新刊! 毎年の最注目トピックを厳選し,第一人者が内外の文献を踏まえて最新の知見を解説している,伝統と好評の年度版.2019年版では「glymphatic system」「神経難病への核酸医療、など」に関する...

EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 第4版
EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 第4版

¥14,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

脳神経外科・神経内科で扱う疾患を網羅し、各疾患の概念から治療までをエビデンスに基づきコンパクトにまとめた、脳外科医、神経内科医の日常診療に役立つ一冊。 2010年、改訂第3版刊行以降に改訂・追加されたガイドラインの情報を盛り込み、スポーツ頭部外傷・妊娠分娩と脳血管障害・サルコペニア・遺伝相談など新規...

Annual Review 神経2018
Annual Review 神経2018

¥9,460

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

各年の神経学分野の進歩をいち早く伝える伝統の人気書籍、「Annual Review 神経」最新刊! 日進月歩の発展を遂げる神経学の“いま”を正確に俯瞰し、「アルツハイマー病とアクアポリン」「遺伝性脊髄小脳変性症分子病態」「Whole exome sequencing」等の最新知見をあまさず知るための...

Annual Review 神経 2024
Annual Review 神経 2024

¥9,680

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

脳神経領域でいま一番注目すべきトピックを,それぞれの第一人者による解説で! 脳神経科学分野のエキスパートたちが内外の文献を踏まえてその年の最注目トピックを厳選し,解説する好評シリーズの2024年版がいよいよ登場. 未診断疾患イニシアチブ(IRUD)の現状と展望,プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関...