医学のあゆみ:265件

ポイント率が高い順

20件

週刊『医学のあゆみ』 定期購読(2023年1月-12月)
週刊『医学のあゆみ』 定期購読(2023年1月-12月)

¥107,008

(ポイント率 7%)

お気に入り

■週刊『医学のあゆみ』 定期購読(2023年1月-12月)販売中! 医学総合雑誌のパイオニア! ●医学に関する最新情報を基礎・臨床の両面から総合的に幅広い視点で紹介! ●医学専門誌としては国内唯一の週刊誌.本邦最大の情報量を誇り,常に時代を先取りした話題を提供! ●企画,執筆とも常にわが国の第一人者...

別冊「医学のあゆみ」中毒にご用心! 身近に潜む危険な植物・動物たち
別冊「医学のあゆみ」中毒にご用心! 身近に潜む危険な植物・動物たち

¥4,400

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

知らなければ診断できない! 救急の専門家が解説する中毒患者対応 ●アサリやギンナン,ジャガイモなど,食卓に並ぶ身近な動植物の中にも毒成分を持つものが数多く知られていますが,その毒性や特徴,対処法などは,元となる知識を知らなければ診断することは困難です. ●【植物編】では,ギンナン,ナツメグ,スズラン...

医学のあゆみ284巻5号 肺高血圧症のすべて―病態研究と治療法の最前線
医学のあゆみ284巻5号 肺高血圧症のすべて―病態研究と治療法の最前線

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:波多野 将(東京大学医学部附属病院循環器内科,同高度心不全治療センター) ・円熟期に入っているようにみえる肺高血圧症(PH)診療であるが,治療選択肢が増えたがゆえに,十分な鑑別診断が行われないまま誤った治療が行われているケースも少なくない. ・本特集では基本に立ち返ってその鑑別を確実に行うこと...

医学のあゆみ280巻6号 結核と非結核性抗酸菌症Up to Date―診断,治療,感染対策,発病予防
医学のあゆみ280巻6号 結核と非結核性抗酸菌症Up to Date―診断,治療,感染対策,発病予防

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:永井英明(国立病院機構東京病院感染症科) ・抗酸菌の代表は結核菌であり,結核患者は減少傾向にあるが,過去の疾患と思っていると臨床現場で足をすくわれることになる. ・近年,非結核性抗酸菌症患者が増加し,ヒト-ヒト感染はないといわれているので,結核専門病院以外の病院でも診断・治療の機会が増えた.一...

別冊「医学のあゆみ」臨床医が知っておくべき免疫学のいま
別冊「医学のあゆみ」臨床医が知っておくべき免疫学のいま

¥5,500

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

免疫の仕組みから,ワクチンや再生医療まで 臨床に役立つ免疫学の最新情報を解説! ●週刊「医学のあゆみ」の好評連載「臨床医が知っておくべき最新の基礎免疫学」を別冊として新たに編集. ●制御性T細胞など基礎研究の進展と,ワクチンや再生医療など治療への応用例をわかりやすくまとめ,紹介しています. ≫ 「医...

別冊「医学のあゆみ」ライソゾーム病のすべて
別冊「医学のあゆみ」ライソゾーム病のすべて

¥4,840

(ポイント率 2%)

お気に入り

約20,000の遺伝子病のうちもっとも病因解析,治療が進歩しているライソゾーム病の最新知見がこの一冊に! ●これまで治療が不可能といわれてきたライソゾーム病を含む遺伝疾患の治療法の開発が、この30年間で急速に進んでおり、最近では遺伝子治療の成功例が多数報告されるようになった. ●このようなライソゾー...

医学のあゆみ284巻4号 小児COVID-19関連多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)の診療
医学のあゆみ284巻4号 小児COVID-19関連多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)の診療

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:滝田順子(京都大学大学院医学研究科発達小児科学) ・0~15歳の小児期における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の一部の例において,多臓器に強い炎症反応を引き起こし,重篤となりうる小児多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)を続発することが報告されている. ・MIS-C/PIMS...

医学のあゆみ284巻6号 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)の必修知識―最新の研究成果を礎に,HBOC診療を次のステージへ
医学のあゆみ284巻6号 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)の必修知識―最新の研究成果を礎に,HBOC診療を次のステージへ

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:小林佑介(慶應義塾大学医学部産婦人科学教室) ・遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)は,がん抑制遺伝子であるBRCA1/2遺伝子の病的バリアントによる機能喪失が顕性遺伝することで,乳癌,卵巣癌に加えて前立腺癌,膵癌の発症リスクが上昇する遺伝性腫瘍である. ・1990年代にBRCA遺伝子が同定され...

医学のあゆみ267巻7号 DDS(ドラッグデリバリーシステム)UPDATE
医学のあゆみ267巻7号 DDS(ドラッグデリバリーシステム)UPDATE

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

DDS(ドラッグデリバリーシステム)UPDATE 企画:松村保広(国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野) ・副作用を起こさずがん治療を行うためには,いかにがん細胞やがん組織へ無駄なく薬剤を分布するかが重要となり,この目標の達成のためにドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が必要と...

医学のあゆみ268巻4号 カテーテルアブレーションの最近の進歩
医学のあゆみ268巻4号 カテーテルアブレーションの最近の進歩

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

カテーテルアブレーションの最近の進歩 企画:平尾見三(東京医科歯科大学医学部附属病院循環器内科) ・1990年初頭にわが国に臨床導入されたカテーテルアブレーション法は,この30年近い年月のなかで非薬物的な循環器治療法として確立されたばかりか,依然として日進月歩の技術革新が続いている. ・それに伴い,...

医学のあゆみ267巻11・12号 リピート病の病態機構UPDATE―RNA毒性とRAN翻訳
医学のあゆみ267巻11・12号 リピート病の病態機構UPDATE―RNA毒性とRAN翻訳

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

リピート病の病態機構UPDATE――RNA毒性とRAN翻訳 企画:河原行郎(大阪大学大学院医学系研究科神経遺伝子学) ・特定の塩基配列の繰返しの異常伸長により引き起こされる疾患群を,総称してリピート病とよぶ.1991年に球脊髄性筋萎縮症でCAGリピートの異常伸長が同定されて以来,リピート病は30種類...

医学のあゆみ267巻6号 生体リズムを基盤とした時間医薬科学の展開
医学のあゆみ267巻6号 生体リズムを基盤とした時間医薬科学の展開

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

生体リズムを基盤とした時間医薬科学の展開 企画:土居雅夫(京都大学大学院薬学研究科医薬創成情報科学講座システムバイオロジー分野) ・生体リズムの研究は,生体機能の周期的変動を扱う基礎と応用の学際的領域として発展してきた.体内時計を構成する物質が同定され,その機能破綻による疾病が明るみになるにつれ,医...

医学のあゆみ268巻2号 Gorlin症候群―発生から治療法まで
医学のあゆみ268巻2号 Gorlin症候群―発生から治療法まで

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

Gorlin症候群―発生から治療法まで 企画:藤井克則(千葉大学大学院医学研究院小児病態学) ・Gorlin症候群は,1960年に報告された高発癌性の神経皮膚症候群である.日本国内ではまだよく知られていない疾患かもしれないが,疾患背景には多くの生物学的に興味ある事実がある. ・本症候群の責任遺伝子が...

医学のあゆみ284巻3号 デジタルパソロジー/サイトロジーとAIの進歩
医学のあゆみ284巻3号 デジタルパソロジー/サイトロジーとAIの進歩

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:前田一郎(北里大学北里研究所病院病理診断科,同医学部病理学) ・病理学に変革をもたらす可能性を秘めた技術が,デジタルパソロジー(digital pa-thology:DP)/サイトロジー(digital cy-tology:DC)systemである. ・病理のDP/DC systemは,バーチ...

医学のあゆみ283巻14号 循環器病学の未来―基本計画から考える循環器病学のグランドデザイン
医学のあゆみ283巻14号 循環器病学の未来―基本計画から考える循環器病学のグランドデザイン

¥6,490

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:小室一成(東京大学大学院医学系研究科循環器内科学) ・世界的にも例を見ない急速な高齢化により,わが国において心不全をはじめとする循環器病の患者が急増している. ・そこで国は2018年に「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中,心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」を成立させ,2020年に...

医学のあゆみ284巻1号 疾病予防・健康寿命延伸に資する栄養・食生活とは?
医学のあゆみ284巻1号 疾病予防・健康寿命延伸に資する栄養・食生活とは?

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:津金昌一郎(医薬基盤・健康・栄養研究所国立健康・栄養研究所) ・栄養・食生活と健康との関係については,がん,循環器疾患,糖尿病など特定の疾病や肥満,血圧,脂質,血糖値,腎機能,肝機能などの中間マーカーなどの関連について,疫学研究からのエビデンスが蓄積されている. ・本特集では,主要な疾患の重症...

医学のあゆみ283巻13号 クライオ電顕が解き明かす神経変性疾患のメカニズム
医学のあゆみ283巻13号 クライオ電顕が解き明かす神経変性疾患のメカニズム

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:長谷川成人(東京都医学総合研究所認知症・高次脳機能分野) ・近年,クライオ電子顕微鏡解析の技術革新により,患者脳内に蓄積する異常タンパク質の構造が次々と解明される時代となった. ・本特集は,クライオ電顕解析の原理と現状,タウ,αシヌクレイン,アミロイドβ,TDP-43,TMEM106Bの構造,...

医学のあゆみ283巻11・12号 自己免疫性肝疾患―いま何が問題となっているのか?
医学のあゆみ283巻11・12号 自己免疫性肝疾患―いま何が問題となっているのか?

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:田中 篤(帝京大学医学部内科学講座) ・本特集では,臨床において重要であり,かつ日本から優れた仕事がでている自己免疫性肝疾患のテーマを選び,それぞれのエキスパートに執筆をお願いする. ・自己免疫性肝炎(AIH)は中年以降の女性に好発する肝炎である.原発性胆汁性胆管炎(PBC)は,中年以降の女性...

医学のあゆみ268巻12号 創薬インフォマティクス
医学のあゆみ268巻12号 創薬インフォマティクス

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

創薬インフォマティクス 企画:広川貴次(産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター分子シミュレーションチーム) ・近年のビッグデータ解析やAI技術,遺伝情報データの進歩に伴い,創薬インフォマティクスは今後の創薬研究を支える技術として注目されている.本特集では,本分野の第一人者の先生方に最...

医学のあゆみ268巻10号 顔面神経麻痺の形成外科的治療─最近の話題
医学のあゆみ268巻10号 顔面神経麻痺の形成外科的治療─最近の話題

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

顔面神経麻痺の形成外科的治療──最近の話題 企画:朝戸裕貴(獨協医科大学形成外科学教室) ・顔面神経に関する研究の進歩により,完全麻痺の状態で陳旧化する患者は減少したものの,麻痺の回復後に残存する異常共同運動や顔面拘縮に対する治療など,形成外科的治療は以前にも増して重要になってきている. ・マイクロ...