医学のあゆみ:90件

人気順

20件

医学のあゆみ277巻9号 難治性免疫疾患―病態解明と新規治療戦略
医学のあゆみ277巻9号 難治性免疫疾患―病態解明と新規治療戦略

¥6,490

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:藤尾圭志(東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学) ・近年,各種免疫疾患における分子標的薬や,癌における免疫療法の有効性が確立し,免疫応答が関与する疾患とその治療法への関心が高まっている. ・しかしながら個々の疾患の病態解明はまだまだ不十分であり,分子標的薬は疾患集団全体を...

医学のあゆみ269巻13号 脂質クオリティ研究の基礎と臨床
医学のあゆみ269巻13号 脂質クオリティ研究の基礎と臨床

¥6,490

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

脂質クオリティ研究の基礎と臨床 企画:有田 誠(慶應義塾大学薬学部・薬学研究科代謝生理化学講座,理化学研究所生命医科学研究センターメタボローム研究チーム,横浜市立大学大学院生命医科学研究科代謝エピゲノム科学研究室) ・脂質は生体膜成分,エネルギー源,シグナル分子,表皮バリア成分など多彩な機能をもち,...

医学のあゆみ270巻1号 血管新生─基礎と臨床
医学のあゆみ270巻1号 血管新生─基礎と臨床

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

血管新生─基礎と臨床 企画:望月直樹(国立循環器病研究センター研究所) ・発生学における臓器形成では,循環臓器としての心臓・血管・血球の形成が諸臓器の形成に先行することが必須である.また血管新生は発生時のみならず,虚血性血管疾患やがんにおいても認められる現象である. ・病態では発生時に機能する情報伝...

医学のあゆみ271巻5号 サイトカインのすべて
医学のあゆみ271巻5号 サイトカインのすべて

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

サイトカインのすべて 企画:村上正晃(北海道大学遺伝子病制御研究所分子神経免疫学分野) ・1980年代のサイトカインクローニングの隆盛期から40年近い年月が経過し,基礎研究から見出されてきたサイトカインシグナルを標的とする治療法が臨床的に効果を示すことが証明されている. ・ここ10年ほどで,慢性炎症...

医学のあゆみ277巻11号 NMDA受容体と精神疾患
医学のあゆみ277巻11号 NMDA受容体と精神疾患

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:橋本謙二(千葉大学社会精神保健教育研究センター病態解析研究部門) ・グルタミン酸受容体のひとつであるNMDA受容体は精神疾患の病態に深く関わっていることが知られている.NMDA受容体遮断作用を有するケタミンをヒトに投与すると,統合失調症と酷似した臨床症状を惹起する. ・このことから,統合失調症...

医学のあゆみ277巻3号 冬眠研究の最前線―人工冬眠への挑戦
医学のあゆみ277巻3号 冬眠研究の最前線―人工冬眠への挑戦

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:櫻井 武(筑波大学医学医療系,同国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)) ・冬眠する動物は多岐にわたることから,特定の動物種が獲得した特殊な能力ではなく哺乳類に広く存在する機能であり,また通常の体温調節機能の可逆的な変容によってもたらされるものである可能性が高い. ・実際に近年,冬眠し...

医学のあゆみ266巻9号 胃癌のすべて
医学のあゆみ266巻9号 胃癌のすべて

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
6月23日 12:00 発売
お気に入り

胃癌のすべて (企画:瀬戸泰之/東京大学大学院医学系研究科消化管外科学)  胃癌治療は,ここ数年で大きく変化している.手術治療においては,2018年保険改定で,胃切除,噴門側切除,胃全摘の3術式でロボット支援が認められ,胃癌領域外科治療でも活用されていくものと思う.化学療法では選択肢が増え,かつ免疫...

医学のあゆみ267巻1号 ロボット支援下手術の最前線
医学のあゆみ267巻1号 ロボット支援下手術の最前線

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ロボット支援下手術の最前線 (企画:久米春喜/東京大学大学院医学研究科泌尿器外科学分野)  ロボット支援手術は出血が少なく,視野が広く,操作性もよいため,その優位性が示さつつある.前立腺癌では癌の切除断端の陽性率が劇的に減り,尿禁制も早期に改善し,術後の腎機能低下が最小限に抑えられた.2018年4月...

医学のあゆみ269巻5号 マイクロRNA研究の進歩
医学のあゆみ269巻5号 マイクロRNA研究の進歩

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

マイクロRNA研究の進歩 企画: 落谷孝広(国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野,東京医科大学医学総合研究所分子細胞治療研究部門) 山本雄介(国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野) ・近年の研究により,マイクロRNA(miRNA)が腫瘍細胞の発生・進展・転移に深く関わることがわか...

医学のあゆみ267巻9号 自己炎症性疾患―病態解明から診療体制の確立まで
医学のあゆみ267巻9号 自己炎症性疾患―病態解明から診療体制の確立まで

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

自己炎症性疾患――病態解明から診療体制の確立まで 企画:西小森隆太(京都大学大学院医学研究科発達小児科学) ・自己炎症性疾患は炎症を主病態とする一連の疾患群である.当初,家族性地中海熱,高IgD症候群など少数の遺伝性疾患を対象にしたが,遺伝子解析技術の向上により,現在約30疾患にまで増加した. ・自...

医学のあゆみ267巻5号 臨床薬理学UPDATE
医学のあゆみ267巻5号 臨床薬理学UPDATE

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

臨床薬理学UPDATE 渡邉裕司(浜松医科大学医学部臨床薬理学講座・臨床薬理内科,国立国際医療研究センター臨床研究センター長) ・臨床薬理学は日本では比較的新しい学問領域であるが,薬理学の知識に基づき,薬物治療の有効性と安全性を最大限に高め,個々の患者に最新・最良の治療を提供することをめざしている....

医学のあゆみ269巻9号 レクチン医学最前線
医学のあゆみ269巻9号 レクチン医学最前線

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

レクチン医学最前線 企画:山本一夫(東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻) ・レクチンの定義に関する論文が『Nature』誌に掲載されたのは1980年代のことである.当時はまだ知名度も低く,レクチンが認識する糖鎖の生物学的意義に関しても知見は乏しかった. ・その後,免疫系にC型レクチン...

医学のあゆみ277巻12号 口腔と全身疾患研究の最前線
医学のあゆみ277巻12号 口腔と全身疾患研究の最前線

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:今井健一(日本大学歯学部細菌学講座/生体防御医学研究所生体防御部門) ・口腔内の細菌とウイルスは血流や誤嚥を介してほかの臓器に運ばれるため,歯周疾患や齲蝕などの口腔感染症を単に口腔内に限局した疾患ではなく,全身に影響を及ぼしうる疾患として捉える必要がある. ・口腔ケアをはじめとする口腔健康管理...

医学のあゆみ270巻10号 TRPチャネルのすべて
医学のあゆみ270巻10号 TRPチャネルのすべて

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

TRPチャネルのすべて 企画: 富永真琴(自然科学研究機構生理学研究所細胞生理研究部門,同生命創成探究センター温度生物学研究グループ) 西田基宏(自然科学研究機構生理学研究所心循環シグナル研究部門,同生命創成探究センター心循環ダイナミズム創発研究グループ) ・transient receptor p...

医学のあゆみ270巻5号 メタボローム解析UPDATE
医学のあゆみ270巻5号 メタボローム解析UPDATE

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

メタボローム解析UPDATE 企画:曽我朋義(慶應義塾大学先端生命科学研究所メタボローム研究グループ) ・メタボローム解析は,細胞や生体試料の代謝産物を網羅的に探索し,新規の代謝経路や不明であった代謝調節機構,未知遺伝子や蛋白質の機能,生体高分子と代謝産物の相互作用などを解き明かそうとする方法論であ...

医学のあゆみ271巻1号 トランスポーターのすべて
医学のあゆみ271巻1号 トランスポーターのすべて

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

トランスポーターのすべて 企画:楠原洋之(東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学) ・トランスポーターは脂質膜内外のイオン・低分子化合物を輸送する膜蛋白質である.分子内に基質結合部位を持ち,基質濃度の増加に伴う輸送速度の飽和,他物質による基質結合部位の競合から輸送速度の低下を生じうる. ・機能未同...

医学のあゆみ271巻10号 健康日本21(第二次)の中間評価とこれからの課題
医学のあゆみ271巻10号 健康日本21(第二次)の中間評価とこれからの課題

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

健康日本21(第二次)の中間評価とこれからの課題 企画:下光輝一(公益財団法人健康・体力づくり事業財団理事長,健康日本21推進全国連絡協議会会長,東京医科大学名誉教授) ・国の健康づくり施策,21世紀における第二次国民健康づくり運動〔以下,健康日本21(第二次)〕は,2012年7月10日に厚生労働大...

医学のあゆみ277巻10号 CAR-T細胞療法の現在と将来展望
医学のあゆみ277巻10号 CAR-T細胞療法の現在と将来展望

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:豊嶋崇徳(北海道大学大学院医学研究院血液内科学) ・CAR-T細胞療法は,史上はじめて明らかな有効性が認められたがん免疫細胞療法である.また,史上はじめて認可された“遺伝子治療”でもある. ・CAR-T細胞療法は作用機序が薬物療法と異なるため幅広く効果が期待され,効果が認められた場合には長期寛...

医学のあゆみ277巻8号 災害医療対応の最前線―近年の災害対応からの教訓
医学のあゆみ277巻8号 災害医療対応の最前線―近年の災害対応からの教訓

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:近藤久禎(国立病院機構本部DMAT事務局) ・災害医療活動の目的は防ぎえる災害による死亡を低減することにある.災害により発生した患者の救命が注目されてきたが,東日本大震災以降,災害により医療継続困難になった患者の救命も重要な目的と指摘された. ・できるだけ多くの傷病者にできるだけ早く安定化治療...

医学のあゆみ277巻7号 NAFLD/NASHの診断と治療―ガイドラインの改訂点と問題点
医学のあゆみ277巻7号 NAFLD/NASHの診断と治療―ガイドラインの改訂点と問題点

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:徳重克年(東京女子医科大学消化器内科) ・NAFLD/NASHの診療ガイドラインは,2014年に日本消化器病学会の編集で協力学会として日本肝臓学会の協力を得て作成された. ・しかしその後,疾患概念,病態,画像診断法,治療方法に関してさまざまな新たな知見が報告されており,このたび改定の運びとなっ...