医学のあゆみ:158件

ポイント率が高い順

20件

医学のあゆみ279巻6号 宇宙生命科学の進歩と医学応用への展望
医学のあゆみ279巻6号 宇宙生命科学の進歩と医学応用への展望

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:村谷匡史(筑波大学医学医療系ゲノム生物学研究室,同トランスボーダー医学研究センター,株式会社LSIメディエンス) ・人類がふたたび月を目指すアルテミス計画や,民間企業による本格的な宇宙輸送の時代のはじまり,プロ宇宙飛行士が搭乗しないはじめての民間人による宇宙旅行など,今,宇宙開発と利用は新たな...

医学のあゆみ279巻4号 医療スタッフが知っておきたい性的マイノリティと医療
医学のあゆみ279巻4号 医療スタッフが知っておきたい性的マイノリティと医療

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:中塚幹也〔岡山大学学術研究院保健学域,岡山大学ジェンダークリニック,GID(性同一性障害)学会理事長〕 ・性の要素は身体の性,性の自己認識(性自認),性的指向,性別表現,性役割,指定された性(社会に割り当てられた性)など多岐にわたる.これらのいずれかが多数派と異なる人々は性的マイノリティとよば...

医学のあゆみ275巻4号 ポリファーマシー―解消に向けた取り組み
医学のあゆみ275巻4号 ポリファーマシー―解消に向けた取り組み

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ポリファーマシー―解消に向けた取り組み 企画:秋下雅弘(東京大学大学院医学系研究科老年病学) ・ポリファーマシー(polypharmacy)の背景にあるのは多病(multimorbidity)と複数医療機関・診療科の利用,つまり疾患ごとの専門医受診である. ・したがって,単純な薬減らしの話ではなく,...

医学のあゆみ275巻3号 クローン性造血とは?―高齢化社会における新たな研究テーマ
医学のあゆみ275巻3号 クローン性造血とは?―高齢化社会における新たな研究テーマ

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

クローン性造血とは?―高齢化社会における新たな研究テーマ 企画:北村俊雄(東京大学医科学研究所先端医療研究センター細胞療法分野,同幹細胞治療研究センター幹細胞シグナル制御分野) ・1996年に,BusqueらがX染色体不活化の偏りから同定した高齢者における血液クローンの偏りをARCHと命名したときに...

医学のあゆみ279巻3号 今,数理が面白い―医学・生物学への応用
医学のあゆみ279巻3号 今,数理が面白い―医学・生物学への応用

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:渡邉昌俊(三重大学大学院医学系研究科基礎医学系講座腫瘍病理学)/山口智彦(明治大学先端数理科学インスティテュート) ・変数の数を増やせば予測精度は一般に向上するので,多変量解析では膨大なデータを扱うのが得意なコンピュータがおおいに力を発揮する. ・その反面,変数が多くなるにつれてインスピレーシ...

医学のあゆみ275巻9号 子どもと環境―胎児期・幼少期の環境が与える影響
医学のあゆみ275巻9号 子どもと環境―胎児期・幼少期の環境が与える影響

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

子どもと環境――胎児期・幼少期の環境が与える影響 森崎菜穂(国立成育医療研究センター社会医学研究部ライフコース疫学研究室) ・胎児期・幼少期の環境がさまざまな成人期慢性疾患の発症基盤と関連することが数多くの研究から徐々に明らかになり,より効果的な介入を行うために行動変容を促しやすい若年層への介入に期...

医学のあゆみ279巻2号 近視研究の最前線
医学のあゆみ279巻2号 近視研究の最前線

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:大野京子(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科眼科学分野) ・従来,学童近視は眼鏡矯正のみで様子をみられることが多かったが,低濃度アトロピン点眼薬をはじめ,さまざまな進行抑制治療の有効性が明らかとなり,今日では,小児期に進行を積極的に抑制すべきと考えられてきている. ・病的近視の眼合併症に対...

医学のあゆみ279巻1号 自殺の予防と危機・救急対応―新たな局面を迎えた日本の自殺対策にどう対応するか
医学のあゆみ279巻1号 自殺の予防と危機・救急対応―新たな局面を迎えた日本の自殺対策にどう対応するか

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:杉山直也(沼津中央病院院長,日本精神科救急学会理事長) ・1998年の自殺の急増以降,その対策についてさまざまな分野の論説を目にするようになった.日本の動向はかねてより経済状況との連動が特徴で,1983年ごろのピークも中高年男性の増加で説明される. ・COVID-19パンデミック以降の様相はこ...

医学のあゆみ275巻12・13号 ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)―臨床応用の展望
医学のあゆみ275巻12・13号 ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)―臨床応用の展望

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)――臨床応用の展望 企画:平田雅之(大阪大学大学院医学系研究科脳機能診断再建学共同研究講座,同脳神経外科学,大阪大学国際医工情報センター) 貴島晴彦(大阪大学大学院医学系研究科脳神経外科学,大阪大学国際医工情報センター) ・ブレイン・マシン・インターフェー...

医学のあゆみ278巻13号 急性白血病と骨髄異形成症候群に対する分子標的治療
医学のあゆみ278巻13号 急性白血病と骨髄異形成症候群に対する分子標的治療

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:木村 晋也(佐賀大学医学部内科学講座血液・呼吸器・腫瘍内科) ・ゲノム解析によって,急性白血病や骨髄異形成症候群(MDS)の病態が急速に解明され,新規の治療標的の発見も期待される.また分子標的治療の歴史を知ることは,さらに治療法を発展させていくために必要である. ・最近,キメラ抗原受容体(CA...

医学のあゆみ278巻12号 若年性認知症―臨床・基礎・社会的支援のstate of arts
医学のあゆみ278巻12号 若年性認知症―臨床・基礎・社会的支援のstate of arts

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:粟田主一(東京都健康長寿医療センター研究所) ・65歳未満の若い年代に発症する認知症のことを若年性認知症とよんでいる.高齢発症の認知症に比べるとその頻度は少ないものの,本人および家族は高齢発症の認知症とは異なる深刻な心理的・社会的課題に直面している. ・若年性認知症の本人や家族のニーズに合った...

医学のあゆみ278巻11号 ヒューマノイドロボットの医療分野での応用
医学のあゆみ278巻11号 ヒューマノイドロボットの医療分野での応用

¥1,540

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:熊﨑博一(国立精神神経医療研究センター精神保健研究所児童・予防精神医学研究部) ・ここ10年,ヒューマノイドロボットの露出は急激に進んでいる.医療分野においてもヒューマノイドロボットの需要はすでに出現している. ・医療従事者の不足する未来,感染症の脅威に見舞われている現実を踏まえると,ヒューマ...

医学のあゆみ272巻6号 ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療の最前線
医学のあゆみ272巻6号 ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療の最前線

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療の最前線 企画:井上治久(京都大学iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門幹細胞医学分野,理化学研究所バイオリソース研究センター/革新知能統合研究センター) ・運動神経細胞の変性に基づき,進行性の筋力低下・筋萎縮によって,全身の運動機能を消失する筋萎縮性側索硬化症(amy...

医学のあゆみ270巻13号 Glymphatic system
医学のあゆみ270巻13号 Glymphatic system

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

Glymphatic system 企画:安井正人(慶應義塾大学医学部薬理学教室) ・近年,脳のリンパの仕組みの解明に向けてglymphatic systemという新しい概念が提唱された.睡眠との関係やアクアポリンの関与,さらにはAlzheimer病の病態生理との関連も指摘されており,非常に注目され...

医学のあゆみ278巻10号 パーキンソン病を解剖する―過去,現在,そして未来へ
医学のあゆみ278巻10号 パーキンソン病を解剖する―過去,現在,そして未来へ

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

企画:服部信孝(順天堂大学医学部脳神経内科,理化学研究所脳科学研究センター神経変性疾患連携研究チームチームリーダー) ・これまで遺伝性パーキンソン病(PD)の原因遺伝子産物の機能解析から,ドパミン神経細胞死にミトコンドリア,リソソーム,輸送システム,神経炎症,そして酸化ストレスの関与などが推測されて...

医学のあゆみ273巻6号 Onco-Cardiologyの最前線
医学のあゆみ273巻6号 Onco-Cardiologyの最前線

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

Onco-Cardiologyの最前線 企画:佐瀬 一洋(順天堂大学大学院医学研究科臨床薬理学) ・がん医療の進歩に伴い,サバイバーの数が急増しつつある.そのなかで,心血管疾患は長期予後における主要な競合リスクであり,ハイリスクがん治療に伴う心血管疾患への対応が世界的な課題となっている. ・腫瘍循環...

医学のあゆみ272巻13号 不整脈のPrecision medicine
医学のあゆみ272巻13号 不整脈のPrecision medicine

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

不整脈のPrecision medicine 企画:清水 渉(日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野) ・先天性QT延長症候群(LQTS)に代表される遺伝性不整脈は,心筋の活動電位を形成するイオンチャネルやこれに関連する細胞膜蛋白などをコードする遺伝子上の変異によって,特徴的な心電図異常と致死...

医学のあゆみ272巻3号 たこつぼ症候群のすべて
医学のあゆみ272巻3号 たこつぼ症候群のすべて

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

たこつぼ症候群のすべて 企画:明石嘉浩(聖マリアンナ医科大学循環器内科) ・たこつぼ症候群は,1990年代に日本から世界へ向けて発信された疾患概念であり,今ではこの名前を用いて全世界の研究者が論文を執筆するに至る. ・2004年以降,諸外国より診断基準が発表されるようになり,大がかりなポジションステ...

医学のあゆみ275巻8号 ナッジ理論の医療への応用
医学のあゆみ275巻8号 ナッジ理論の医療への応用

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ナッジ理論の医療への応用 小室一成(東京大学大学院医学系研究科循環器内科学) ・ナッジ(nudge)とは,“ヒジで軽く突く”という意味であり,行動経済学や行動科学分野において,“選択構造”という“選択肢を提示する形”を利用して行動変容を促す戦力のことである. ・英国ではナッジ理論を応用した減塩への取...

医学のあゆみ275巻7号 5G(第5世代移動通信システム)と医療
医学のあゆみ275巻7号 5G(第5世代移動通信システム)と医療

¥1,430

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

5G(第5世代移動通信システム)と医療 加藤浩晃(デジタルハリウッド大学大学院客員教授/アイリス株式会社共同創業・取締役副社長) ・現在,社会は“第4次産業革命”といわれる時代の大きな転換点に差し掛かっている.また2020年(令和2年:R2)は“リモートワーク&リモートライフ(R2)”を経験する時代...