INTESTINE:6件

ポイント率が高い順

INTESTINE 2019 Vol.23 No.6 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患
INTESTINE 2019 Vol.23 No.6 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患 序説  Ⅰ.腸管ベーチェット病の疫学と診断基準  Ⅱ.話題提供-腸管ベーチェット病の診療ガイドラインについて  Ⅲ.腸管ベーチェット病の治療  Ⅳ.腸管ベーチェット病の鑑別疾患   (1)単純性潰瘍・trisomy 8 の腸病変-腸...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.5 FIT 陰性癌の特徴
INTESTINE 2019 Vol.23 No.5 FIT 陰性癌の特徴

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「FIT 陰性癌の特徴)」  わが国で開発された免疫便潜血検査(FIT)は感度・特異度とも優れており,対策型検診の一環として現在に至るまで広くに普及している.  一方,すでに大腸癌が存在しているにもかかわらず陥凹型早期癌のようにFIT で検出できない癌,すなわち偽陰性癌の存在も懸念されている.つ...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.4 原因不明消化管出血(OGIB)
INTESTINE 2019 Vol.23 No.4 原因不明消化管出血(OGIB)

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

2009年1月号より誌名を「早期大腸癌」より「INTESTINE」と変更。早期大腸癌の診断と治療を中心に下部消化管領域を広く網羅し、腫瘍のみではなく炎症その他を取り上げる。 本特集では,「原因不明消化管出血(OGIB)」が企画,特集された. 各論においては,各分野の専門家の先生方に,患者背景と病歴か...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.3 早期大腸癌内視鏡治療後の転移再発と予後
INTESTINE 2019 Vol.23 No.3 早期大腸癌内視鏡治療後の転移再発と予後

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

2009年1月号より誌名を「早期大腸癌」より「INTESTINE」と変更。早期大腸癌の診断と治療を中心に下部消化管領域を広く網羅し、腫瘍のみではなく炎症その他を取り上げる。 本特集では,早期大腸癌を対象として,内視鏡治療手技別,病変の組織学的特徴から見た内視鏡治療後の転移再発と予後の実態を明らかにす...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.2 腸管感染症
INTESTINE 2019 Vol.23 No.2 腸管感染症

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

2009年1月号より誌名を「早期大腸癌」より「INTESTINE」と変更。早期大腸癌の診断と治療を中心に下部消化管領域を広く網羅し、腫瘍のみではなく炎症その他を取り上げる。 【特集】腸管感染症 ・腸管感染症の発生動向─現状と今後のトレンド ・腸管感染症の画像診断 ・急性細菌性腸管感染症─診断と治療の...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.1 大腸内分泌細胞腫瘍-WHOの考え方と日本の考え方
INTESTINE 2019 Vol.23 No.1 大腸内分泌細胞腫瘍-WHOの考え方と日本の考え方

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

2009年1月号より誌名を「早期大腸癌」より「INTESTINE」と変更。早期大腸癌の診断と治療を中心に下部消化管領域を広く網羅し、腫瘍のみではなく炎症その他を取り上げる。 【特集】大腸内分泌細胞腫瘍─WHOの考え方と日本の考え方 ・大腸内分泌細胞腫瘍─他臓器内分泌細胞腫瘍との相違 ・大腸内分泌細胞...