考え方・使い方:21件

ポイント率が高い順

泌尿器科薬剤の考え方,使い方
泌尿器科薬剤の考え方,使い方

¥5,060

(ポイント率 2%)

立ち読み

この1冊で排尿障害・腫瘍・感染症のすべてを網羅! 疾患ごとに外来で使う薬剤一覧がひと目でわかるフローチャートと表で適応,用法・用量,投与時・投与中の注意点や評価項目,推奨グレードや薬剤選択の順序がわかりやすい! システム検索しなくてもパッと開いて処方ができる外来診療で手元に置いておきたい1冊. 数あ...

関節リウマチの診かた,考えかたver.4
関節リウマチの診かた,考えかたver.4

¥6,820

(ポイント率 2%)

立ち読み

関節リウマチのエキスパートたちがグローバルスタンダードな診療の達成を目指してまとめあげた好評書に待望の改訂4版が登場.今版では新規治療薬および最新ガイドラインの情報を中心に改訂を行いました.関節リウマチを診る機会のある全ての医師に役立つ,本領域の決定版です. ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品...

湿潤療法の考え方,使い方
湿潤療法の考え方,使い方

¥2,640

(ポイント率 2%)

立ち読み

近年広まった湿潤療法は,創傷・熱傷をより短期間で瘢痕を最小限にとどめて治癒させることも可能にした一方,却って悪化させてしまうような誤った方法が独り歩きしている.本書では「キズ・やけど外来」で湿潤療法を実践し,救急医でありながら創傷や熱傷の初期治療から治癒まで対応してきた筆者が本来の湿潤療法の考え方と...

呼吸器感染症の診かた,考えかたver.2
呼吸器感染症の診かた,考えかたver.2

¥4,620

(ポイント率 2%)

立ち読み

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような新興の呼吸器感染症に対峙するためには、適切に情報のアップデートを行うことはもちろん、呼吸器感染症診療を行ううえでの基本的、普遍的かつ網羅的な知識が必要となる。もちろん従来の呼吸器感染症を診る場合もその基本は変わらない。本書では、旧版の内容に最新知見...

内分泌疾患の診かた,考えかた
内分泌疾患の診かた,考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

日常診療で内分泌疾患を見抜き、根治療法へつなげるヒント。 日常診療で遭遇しやすい内分泌疾患について「甲状腺疾患の診かた,考えかた」の著者が懇切丁寧に解説した一冊.内分泌疾患は,不定愁訴のような症状や様々な合併症などの続発症を併せ持つことが多く,治療はその対処療法に留まってしまう場合もある.本書では,...

子宮内膜症の診かた,考えかた
子宮内膜症の診かた,考えかた

¥5,060

(ポイント率 2%)

立ち読み

common diseaseでenigmatic diseaseである「子宮内膜症」 子宮内膜症はごく一般的なcommon diseaseながらも,いまなお「謎の疾患」とされている.加えて,生殖年齢期の女性のQOLに小さくない影響をおよぼすため,手術や薬物療法などの治療法を選択する場合にも,注意すべ...

抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび...
抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび...

¥4,400

(ポイント率 2%)

立ち読み

抗菌薬を使う「決断」、 使わない「覚悟」。 すれっからしの抗菌薬使いにも本書はぜひ読んでいただきたい。と同時に、抗菌薬の話なんて一度も聞いたことがない、 もちろん使ったこともない学生さん、医学生、看護学生、薬学生、そして検査技師養成学校の学生さん。こうした読者の 皆さんでもスラスラ読める内容でいたい...

糖尿病性腎臓病の診かた,考えかた
糖尿病性腎臓病の診かた,考えかた

¥4,620

(ポイント率 2%)

立ち読み

エキスパートの洞察力が身につく最新のバイブル 従来の腎症との違いを理解し、多様化する臨床病態を見抜く。第一線でご活躍をされている先生にそれぞれ「自分の診かた,考え方」を記載していただいた、糖尿病性腎症・糖尿病性腎臓病の対策、克服のための1冊。 >中外医学社の「 診かた、考えかた」

ICD/CRTの考えかた,使いかた
ICD/CRTの考えかた,使いかた

¥7,260

(ポイント率 2%)

立ち読み

豊富な具体例でICD・CRTの仕組みがわかる→使える!ニガテ意識とさよなら! 研修医、ME、看護師などの初学者が現場で困った疑問にエキスパートが答える「Q&Aコーナー」も充実。ICD・CRTの基礎知識から日々の管理まで、体系的に身につく実用書。

いまさら訊けない!水電解質異常の診かた,考えかた
いまさら訊けない!水電解質異常の診かた,考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

40の症例で、水電解質異状がわかる! 日常臨床でよく遭遇する例、頻度は低いが押さえておきたい典型症例を提示し、具体的なアプローチ法をシミュレート。理屈ではなく、具体例を通じてわかりやすく解説しますl >『 いまさら訊けない!』シリーズ

訪問診療の診かた,考えかた
訪問診療の診かた,考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

たった30項目で診療がスムーズに! 【10の症状・10の疾患・10の知識&手技】初めての訪問診療。押さえるべきはこれだけ! 大病院も在宅診療所もどちらも経験したマクロな視点を持つ著者が描く、訪問診療という大海を泳ぐための海図的1冊。 >中外医学社の「 診かた、考えかた」

頭痛治療薬の考え方、使い方 改訂2版
頭痛治療薬の考え方、使い方 改訂2版

¥5,060

(ポイント率 2%)

立ち読み

頭痛診療の必携書 待望の改訂2版! 頭痛のエキスパートで、これからの日本の頭痛医療を担う先生方に執筆を依頼。2版では、2014年に日本語訳が刊行された国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)を元に最新の知見を加えてアップデート。達人の治療戦略をこの1冊に!

リウマチ足の診かた,考えかた
リウマチ足の診かた,考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

「足」のことは、「足」のエキスパートに訊け!リウマチ診療に関わるすべての医療者の必読書! 月間外来患者数11,000名、関節リウマチ手術件数全国1位を誇る東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの若きホープが語る「リウマチ足のすべて」をこの一冊に凝縮しました。 >中外医学社の「 診かた、考えか...

消化器疾患の診かた,考えかた
消化器疾患の診かた,考えかた

¥4,400

(ポイント率 2%)

立ち読み

内視鏡を手にする前に知っておくべきことがある。 消化器疾患を本当に知りたいあなたのために。消化器内科のエキスパートが症候への正しいアプローチ法と、消化器関連の概略について詳細に解説しました。初期研修医、消化器内科を学び始めた医師、消化器内科を専門としない内科医の方々に是非読んで頂きたい一冊です。 >...

肺炎の診かた,考えかた
肺炎の診かた,考えかた

¥4,180

(ポイント率 2%)

立ち読み

「新しい時代の肺炎診療の基本的な在り方」がここに 人工の超高齢化に伴い、今後もますます肺炎の罹患率・死亡率は増加すると予想されています。また、医療のめざましい発達により免疫能低下患者や移植手術患者などが増加している背景から、多彩な基礎疾患を合併する複雑な肺炎も増加し、あらゆる診療科、診療施設の先生に...

目からウロコ!外科医のための感染症のみかた、考えかた
目からウロコ!外科医のための感染症のみかた、考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

感染症がわかればオペもはかどる! オペに専念したい外科医を悩ませる専門外の問題のひとつが「感染症」。院内に感染症のプロがいなければ、いかに専門外といえども術後感染症や抗菌薬の適正使用について正しい知識を知っておく必要があります。本書は感染症診療の大原則や各科でよく診る感染症のピットフォールについてわ...

肝炎の診かた,考えかた
肝炎の診かた,考えかた

¥3,740

(ポイント率 2%)

立ち読み

肝炎診療に自信が持てる!必要な知識がこの一冊に! 肝炎の診療は、頭の中の知識の整理と、血液検査、身体診察、画像検査所見、肝生検から得られる病理所見を総合して行う必要があります。本書は、肝臓病のエキスパートである著者が、30年かけて掴んだ診療のコツの全てを伝授してくれる、必読の一冊です。 >中外医学社...

心電図のみかた,考えかた 応用編
心電図のみかた,考えかた 応用編

¥6,820

(ポイント率 2%)

立ち読み

すべての医学生、研修医、循環器レジデント、開業医必読! 基礎編に続いて、心電図をディープに理解するには最適の応用編。 一見とっつきにくい心電図判読を分かりやすく解説、研修医との対話形式で、素朴な疑問を取り上げ、「神業、達人、超、必殺割り切り戦法」などの現代日本語で、初心者に敷居を低く、ワクワクしなが...

心電図のみかた,考えかた 基礎編
心電図のみかた,考えかた 基礎編

¥5,940

(ポイント率 2%)

立ち読み

誰にでもできる簡単アプローチ! 2013年3月発売の新刊「心電図のみかた,考えかた 基礎編」が、早くも電子書籍となって登場!楽しく読み進めていくうちに、心電図の取り方や見かたが、自然と身に着けられるので、ゼロから心電図を学ぶ人、どうしても苦手意識が消えない人に特におすすめの1冊です。

パーキンソン病の診かた,治療の進めかた
パーキンソン病の診かた,治療の進めかた

¥5,060

(ポイント率 2%)

立ち読み

パーキンソン病とは何か、いかにしてその診療にあたるべきか。その疫学・病因論から、最新のエビデンスを踏まえた具体的な診断・治療のノウハウに到るまで、パーキンソン病の診療に必須の知識と考え方を「臨床編」「基礎編」「応用編」の3部構成で詳細に解説する.研修医から専門医まで、パーキンソン病の診療に携わるすべ...